本文へ進みます

コネクスト・マルチファンクションディスプレイ

カラータッチスクリーンディスプレイ「CONNEXT」をご紹介いたします。

業界初のカラータッチスクリーン

コネクストは、業界初のカラータッチスクリーンディスプレイです。

必要なすべてのシステム情報やカスタマイズされた機能を提供するとともに、ライダーが操縦をカスタマイズできるドライブコントロール技術も搭載されています。

特長

01コネクスト・ドライブコントロール

ドライブコントロールは、ウォータークラフトの最大速度と加速度を設定してカスタマイズする機能です。

こんな時に便利

  • トーイングチューブやウェークボードの安定
  • 長時間クルージングの場合の燃料節約
  • 初心者向けの低速設定に固定、など

ドライブコントロールにより、エンジン回転数と加速度曲線をプログラムできます。
ドライブモードでは、3段階の速度モードと2段階の加速度モードから6つの組み合わせが選択できます。
チューブやウェークボードの安定したトーイングや長時間クルージングする場合の燃料の節約などに便利です。

02リバースアシスト(可変速度)

リバースアシストは、トレーラから下架する際、後進時の回転数を上げスムーズに海上へエントリーさせる機能です。

リバースアシストrpm(概算)

RiDE: 3,500rpm
Reverse Assist +1~+2: ~4,300rpm

03スラスト・ディレクショナル・エンハンサー(T.D.E.:超低速モード)

T.D.E.は、リバースゲートをニュートラルポジションから少しだけ上げたり下げたりすることにより超低速で操作する機能です。アイドリングスピード走行などの超低速での取り回しがしやすくなります。

こんな時に便利

  • ドックへの接近、他のボートとの係留、水上での位置保持、など

ニュートラルポジションを設定してトリム/T.D.Eスイッチを操作

  • Up: わずかに前進
  • Down: わずかに後進

04ノーウェイクモード

ノーウェイクモードは、設定された回転数を維持して低速で走行する機能です。

SVHO/HOでのノーウェイクモードのスピード(1名乗船時の概算)

  • ノーウェイクモード(標準): 8km/h
  • ノーウェイク +1: 標準 +1km/h
  • ノーウェイク -1: 標準 -1km/h

05クルーズアシスト

クルーズアシストは、一定の範囲内で任意に設定したエンジン回転数を維持する機能です。
クルーズアシストを起動すると、設定したエンジン回転数をスピードコントロールスイッチを使用して変更できます。

06コネクスト・セキュリティシステム

ヤマハ・セキュリティシステムの機能は、ウォータークラフトの不正使用や盗難を防止します。
セキュリティシステムのロックモードに設定すると、エンジンを起動することができません。

07設定機能

表示

設定機能で輝度を調整してアクセントカラーを変更できます。

言語

次の言語から表示する言語を選択できます。

単位

表示に使用する単位を選択できます。

ページ
先頭へ