本文へ進みます

船舶免許を更新する

ヤマハボート免許教室では船舶免許(ボート免許)の更新を受付けております。お申込みはネットでOK、船舶免許の更新ならヤマハボート免許教室へ!

ボート免許(小型船舶免許)の有効期限は5年。更新手続きをお忘れなく!

船舶免許の更新とは

ヤマハボート免許教室では、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会主催の更新・失効再交付講習会へのお申込み及び国土交通省への免許申請手続きを海事代理士を経て行っております。

ボート免許(小型船舶操縦士免許)には5年の有効期限があり、5年毎に更新する必要があります。
自分の誕生日が基準となる自動車の運転免許とは異なり、画像の赤枠部分のように有効期限が免許証に記載されています。

船舶免許証の更新手続きは、有効期限の1年前から実施することができます。
更新期間内でいつ更新をしても、次回の有効期限は前回の有効期限から5年後となりますので、余裕をもった更新をおすすめします。

※有効期限がすでに切れている場合は、失効再交付が必要です。詳細は下記リンクからご確認ください。

船舶免許更新時期お知らせサービス

ヤマハボート免許教室では船舶免許の更新時期をお知らせする無料サービスを提供しております。
ご登録いただくと、更新日の1年前・3ヶ月前のタイミングでお知らせメールをお送りしますのでご利用ください。

2級小型船舶免許・旧3級、旧4級、旧5級小型船舶免許をお持ちの方

更新講習を受講するタイミングで、1級小型船舶免許への進級(ステップアップ)、もしくは特殊小型船舶操縦士免許を追加取得すれば、船舶免許証の有効期限は新たに取得した日から5年間となります。

更新の条件

船舶免許(ボート免許)を更新するには、身体適性基準を満たした上で次の要件のうち「いずれか1つ」を満たしていなければなりません。

  • 登録講習機関の行う更新講習を修了していること。(身体検査も講習開催時に併せて実施しています)
  • 5年間で船長として1ヶ月以上の乗船履歴があること。
  • 前項の乗船履歴がある者と同等以上の知識および経験があると地方運輸局長が認める職務に一定期間従事していたこと。

更新講習の内容

以下の船舶免許(ボート免許)の更新講習が開催されております。
更新講習に試験はありません。身体検査と1時間程度の更新講習で修了します。
お申込みの前に必ず有効期限をご確認ください。

【対象】1級小型船舶操縦士免許・2級小型船舶操縦士免許・特殊小型船舶操縦士免許・2級湖川小出力小型船舶操縦士免許

身体検査
(受検者数により変わりますが、概ね30分以内)
講習当日、身体検査に合格しないと講習を受講できません。 眼鏡や補聴器が必要な方は、必ず準備してください。
講師による講義ほか(約40分) 講習当日配布される、教本「海技と知識」に基づいて行われます。
講義内容は以下の通りです。

  • 小型船舶操縦士制度の概要
  • 小型船舶操縦者の遵守事項及びマナー
  • 事故例とその教訓
  • 最近の海事関連の制度改正
  • 地域におけるルール
  • 海上交通ルールI・海難事故防止に関する情報
視聴覚教材(約20分)
  • 小型船舶の海難発生状況
  • 遵守事項
  • 事故事例

合計時間(講習のみ)約1時間

更新費用について

更新講習受講料のほかに、身体検査料・申請収入印紙代・海事代理士手数料・事務代行手数料・送料がかかります。

小型船舶操縦士免許 更新講習
受講料 身体検査料 申請収入印紙代 海事代理士手数料
(申請手数料)
事務代行手数料・送料
更新講習費用総額 12,750円(税込) 3,700円 800円 1,350円 3,780円 3,120円

更新のながれ

1

お申込み

2

書類受領

3

ご入金
(お電話で申込みの場合)

4

書類返送
※必要書類は下記をご確認ください。

5

更新講習受講

6

新免許証交付

更新に必要な書類

お申込み後、下記書類を揃え、郵送してください。必要書類が確認されると申込完了となります。

下記1、3、4は、資料請求または、インターネットお申込み後の送付物一式に含まれています。

1.受講申込書【1通】

  • 必要事項をご記入の上、海技免許コピーを2枚(裏面に記載のある方は裏面も必要)、申込書の1~2枚目に貼付し、ご提出下さい。3枚目はお客様の控えとして保存下さい。

2.証明写真【2枚】

  • 写真はパスポートサイズです
  • 申請前6ヶ月以内に撮影したもの
  • 無背景、無帽、正面上半身を写したもので、サングラスは不可
  • 白枠部分を除いた大きさが縦4.5cm×横3.5cm
  • カラーでも白黒でも可
  • 裏面には、氏名及び生年月日を記載してください

3.委任状【1種類】

  • 更新申請を海事代理士に委任するために必要です。署名2ヶ所捺印下さい。

4.「小型船舶免許証」送付用封筒(確実に免許証を受取れる住所をご記入ください)

5.氏名 及び、住所・本籍地の都道府県名に訂正のある方は、更新と同時に訂正申請が必要です。
本籍地記載の住民票【1通】

  • 6ヶ月以内発行のもの
  • マイナンバーの記載のないもの
  • 外国籍の方は国籍地記載の住民票

※上記以外に免許証記載内容に変更・訂正がある場合は、ヤマハボート免許センターまでお電話ください。

更新講習の日程確認・申込み

お申込みの前に必ず有効期限をご確認ください。

【開催エリア】関東・中部・関西エリア

<下記の場合は、インターネットでの申込みが出来ません。お電話にてお申込みください>

  • 有効期限まで10日以内の開講日の受講を希望される場合
  • 操縦免許証(海技免状)を紛失または毀損している場合
  • お身体に障害をお持ちの方

インターネット

インターネットで空き状況を確認しながらお申込みができます。

お支払い方法:クレジットカード決済

お電話

ヤマハボート免許センターまで、お電話にてお申込みください。

お支払い方法:振込用紙にてお振込

ヤマハボート免許センター

(9:00~17:00 土・日・祝日休み)

東日本0120-512-213
(東北・関東)
中部0120-339-916
(中部・北陸)
関西0120-645-533
(関西)

船舶免許更新の主な講習会場

※下記は会場一例です。「船舶免許更新講習・失効再交付講習会場一覧」からお近くの講習会場をご確認ください。

[神奈川県横浜市]

横浜ベイサイドマリーナ

[滋賀県大津市]

ヤマハマリーナ琵琶湖

[大阪府泉佐野市]

いずみさの関空マリーナ

[兵庫県西宮市]

新西宮ヨットハーバー

[兵庫県神戸市]

イオンモール神戸南(1F)

ページ
先頭へ