本文へ進みます

よくあるご質問

小型船舶免許に関するよくあるご質問を集めました。

MENU

01

ライセンスの取得方法を教えて下さい
「受験コース」と「国家試験免除コース」に大別され、ヤマハでは、学科・実技において、学科のインターネット学習や、実技の国家試験免除コースなど、お客様のニーズに合わせコースをご用意しています。
受講料金や日数が違いますので、自分に合ったコースをご検討ください。

02

2級小型船舶操縦士免許の受験コースの特長は?
学科、実技講習とも1日ずつという短期間のプログラムとなり、国家試験に受かるための知識や操船技術のポイントを集中的に学習します。
復習することはもちろん大切ですが、講習に通う時間少ないというメリットで人気があります。

03

受験コースの合格率は?
2級のヤマハスクールの場合は学科試験が約90%、実技試験は95%という高い合格率を示しています。講習をしっかり受けて試験前に十分復習をしておけば、けっして難しい試験ではありません。

04

国家試験の実施場所は?
都道府県毎に何ヶ所か設けてあります。ボートライセンススクールの日程表、または試験機関である(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会のホームページでも知ることができます。

05

2級スマ免コースとはどのようなコースですか?

2級スマ免コースは、2級小型船舶操縦士免許資格の短期取得を目的としたコースです。
学科講習がパソコン、タブレットで受講できます。
学科講習の1日拘束が無く、休みをとらなくても、いつでもどこでも勉強できる、忙しい方に人気のコースです。

コンテンツは以下の4つです。
わかりやすい学科講習講座/過去出題問題500問/暗記対策集/試験シミュレーション
試験対策後、お近くの会場での実技講習を経て、身体検査・学科試験・実技試験に合格すると免許が取得できます。なお、受講期間は90日ですが延長することも可能です。

06

もし学科試験に落ちた場合はどうしたらいいの?
ヤマハの受講者では約90%以上の国家試験の合格率となります。
カリキュラム通り学習いただければ合格できるといわれています。
しかし万が一失敗してしまった場合は、テキストや問題集を落ち着いて復習すれば、次回は合格できると思います。心配な方はスクールの補習(学科講習は無料です)を受けることもできます。なお、身体検査の合格後の有効期限は1年です。

07

もし実技試験に落ちた場合はどうしたらいいの?
身体検査の合格後の有効期間は1年。学科試験の合格後の有効期限は2年です。
その間に実技試験だけを再受験していただきます。
操船には感とコツが大切ですので、出来るだけ早いタイミングで再チャレンジすることをお勧めしています。
心配な方にはスクールの補習(別途料金)を受けることもできます。

08

2級小型船舶操縦士免許の受験コースを選んだ場合、スクールに申し込みをしてから免許を手にするまで、最短でどれくらいの日数がかかるとみてよいですか?
講習開催日や国家試験日の日程的なタイミングもありますが、最短の場合で約1カ月とみておいてください。

09

受験コースの費用はどれくらいかかるの?
2級小型船舶操縦士免許の場合、学科・実技講習料と国家試験手数料や申請料などで総額でおおよそ9~10万円程となります。

10

受験の申請には身体検査も必要だと聞きましたが?
視力や聴力、疾病の有無、基本的な運動能力などを調べた身体検査証明書を、最寄の病院で発行してもらう方法と試験当日に現地で検査を受ける方法があります。身体検査証明書を未提出の場合は、身体検査の手数料が3,450円(提出の場合1,600円)となります。詳しくは、講習申し込み時にスクールへ問い合わせてください。

11

試験の手数料・申請料はいくらになりますか?

2級小型船舶操縦士免許は以下のとおりです。

2級小型船舶操縦士免許・試験手数料・申請料
申請代行料 登録免許税 身体検査 学科試験 実技試験 合計(税込)
6,480円 1,800円 3,450円 3,550円 18,900円 34,180円

12

学科の講習には講師の派遣制度もあると聞きましたが?
ヤマハスクールでは3名以上集まれば、講師を派遣しております。この場合、仲間を集めて都合の良い時間で開催することもできます。(6時間)

13

身体に障害のある人でもライセンスは取得できるの?

「身体障害があっても、その障害の程度に応じた支障をきたさないと認められる場合は合格とする」とあります。スクールに相談するか、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会の各地方事務所に「身体障害者適性相談コーナー」が設けてありますので、問い合わせてください(表-2)。

表-2:(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会
北海道事務所 0134-32-5123
東北事務所 022-364-2281
関東事務所 045-201-1222
北陸信越事務所 025-283-1996
中部事務所 052-331-0185
近畿事務所 06-6882-5846
四国事務所 087-822-1194
九州事務所 093-332-1537
沖縄事務所 098-861-0474

14

独学ではライセンスの取得はできないの?
2級小型船舶操縦士免許に関して言えば、多くの参考書や問題集などが市販されていますので、それらを使って勉強し学科試験にパスすることは可能です。ただし実技試験に臨むにあたっては、試験船を使った講習を受けておく必要があります。
ヤマハではスマ免(学科講習:インターネット学習)をお勧めいたします。

15

2級免許を取得した後で上級免許にチャレンジしたくなった場合、試験で免除される部分はあるの?
2級免許を持っている方が、航行区域を広げるために1級免許を取得される際は、外洋を航行するために必要な知識である「上級運航」の科目14問のみを受けることとなります。他の学科試験と実技試験は免除となります。ヤマハではステップアップコースをご用意していますので、ぜひチャレンジしてください。
ページ
先頭へ