本文へ進みます

よくあるご質問

小型船舶免許に関するよくあるご質問を集めました。

MENU

01

すべてのボートやヨットに免許が必要なの?
小型のヨットや手こぎボート等で推進機関のない船に乗る場合、免許は必要ありません。
※推進機関つきの船舶の場合でも、長さ3m未満、推進機関の出力1.5kW(約2.04馬力)未満のものを操縦する場合、ボート免許は必要ありません。

02

ボートライセンスってどんなものなの?
ボートライセンスは、正式には「小型船舶操縦免許証」といい、「船舶職員及び小型船舶操縦者法」という法律によって定められた国家資格です。この資格は、総トン数20トン未満のエンジン付きの船舶を対象としたもので、取得するには国土交通大臣が行う国家試験に合格しなければなりません。

03

クルマやバイクの免許でエンジンの仕組みなどは習いますが、ボートライセンスでも、あらためて学ばなければならないのですか?
エンジンの仕組みはほぼ同じですが、使う環境が陸と海では大きく異なります。船にはブレーキがなく、航行の際には風や波の影響を強く受けます。クルマとは違った特性やマリン用のエンジンについても学んでいただきます。

04

クルマの免許と同じように、ボートライセンスにも種類があるの?
ボートライセンスは、航行区域と総トン数で表される船の大きさによって、4段階のクラスに分けられます。詳しくは表-1のとおりですが、もっとも取得者数が多い2級小型船舶操縦士では、総トン数20トン未満のボートやヨットで陸岸より5海里(約9km)までの海域を自由に航行することができます。

05

航行区域で使われる海里ってどれくらいの距離なの?
使われる海図の距離は、陸上のようにキロメートルではなく、海里(英語ではマイル、詳しくはノーティカル・マイル)で表されます。1海里(マイル)は1852メートルで、2級小型船舶操縦士免許の航行区域である5海里は、1852m×5=9.26kmとなります。

06

免許の区分で使われる総トン数って聞き慣れないけど、どんなものなの?
船の重さ(排水量/displacement)を指すわけではなく、キャビン空間など船の容積をもとに計算される値となります。同じ長さの船でもキャビンの大きさなどによって異なってきます。

07

総トン数が船の容積を示すということを、具体的に説明してください。
たとえば同じ長さと幅を持つボートでも、屋根のないオープンタイプのボートは、ブリッジやキャビンが付いたボートより総トン数(容積)が少なくなります。

08

1級や2級小型船舶操縦士免許の総トン数20トン未満のボートは、どれくらいまでの大きさになるの?
ヤマハでは全長約24メートル(約74フィート)の大型クルーザーを1級や2級小型船舶操縦士免許で操船できる船として建造した例もあります。

09

2級小型船舶操縦士免許で乗れる陸岸から5海里(約9km)という距離は、ボートに乗ったらあっと言う間に行ってしまいそうな気がしますが?
海上では風の方向により波の形・大きさが常に変化しています。穏やかな凪だから、気持ちよく船を沖に出しても、午後は風が強く吹き出すこともあります。一つ一つの波を越えながらの操船は大変疲れるもので、船長は帰りのことも十分配慮し航行しています。
また、5海里沖に船を出すと、岸が霞んで見える程度となることも多く、ほとんどのレジャーボートは近い海域で楽しまれています。

10

2級小型船舶操縦士免許で遠くに行く際、相模湾のような大きな湾の端から端までを直線で走ることはできないの?
相模湾のような大きな湾の中央では陸から5海里以上離れてしまうので、直線的には行けません。あくまでも海岸沿いに回りながら進んでください。
参考図
2級小型船舶操縦士免許 参考図

11

ボートには車検に相当する船検があるそうですが?
ボートの航行能力や搭載する法定安全備品の種類、母港の位置などによって、そのボートの航行区域が船検で定められます。たとえば、船検で航行区域が「御前崎から野島崎までを結んだ線内」と定められたボートに乗る場合、船長が外国にも行ける1級小型船舶操縦士の資格を持っていても、船検上の航行区域を守らなければなりません。またこの場合、船長が2級小型船舶操縦士であれば、海岸から5海里を離れてしまう場所が出てくるので、御前崎から野島崎を直線で走ることはできません。

12

平水区域とはどんな場所を指すの?
湖沼、ならびに湾内など全国49カ所の定められた水域です。東京湾もその一例です。

13

ビギナーにお勧めのライセンスは?
2級小型船舶操縦士免許が取得も簡単で最も人気の高い免許です。一般的なボート遊びなら十分楽しめます。

14

1級は、どんな遊びをする人たちが取るの?
ボートでは外洋フィッシング、ヨットならロングクルーズや外洋レースに参加する人たちが多く取得されています。

15

マリンジェットに乗る場合、1級や2級小型船舶操縦士の資格で大丈夫ですか?
マリンジェットを操縦するためには、水上オートバイ専用の免許「特殊小型船舶操縦士」の免許が必要になります。

16

2級小型船舶操縦士湖川小出力限定免許はどんなライセンス?
湖などでバスフィッシングなどを楽しむのに最適な免許で、試験内容も2級より簡単になります。
2級小型船舶操縦士湖川小出力限定免許は航行区域を湖川と一部の指定水域に限り、搭載するエンジンの出力を15kW(約20.4馬力)未満とするなど、2級小型船舶操縦士の内容をより限定化したものです。

17

ライセンスを持っている人以外の同乗者も操縦できると聞きましたが?
小型船舶操縦免許は船長の資格です。船長は操縦のみならず船の運航すべてに責任を負う立場にあります。したがって、運航の指示を出しながら責任を持って同乗者に操縦を委ねることもできます。但し、港内や航路など他船がひんぱんに行き交う区域でボートを運行する時や、水上オートバイの操縦については免許保有者による操縦が義務化されています。

18

ライセンスの種類によって試験の難易度も変わるの?
上級になるにしたがって航行区域が変わります。それに伴い講習および試験内容が難しくなります。外洋に出る1級では海図を使った問題も出題されますが、特別な数学の知識は必要ありません。テキストを充分に勉強すれば、合格できるカリキュラムになっています。

19

人気の高い2級小型船舶操縦士免許の試験は、どの程度の難しさなの?
海や船舶に関する基本的な知識やマナーを学び、小型モーターボートの基本的な操縦技術を身につけていただきます。
船にはブレーキがありませんので、惰力や風で船が流れる感覚も覚えていただくことなどがポイントとなります。自動車免許を取得された方ならまず問題ないといわれています。
ページ
先頭へ