本文へ進みます

船舶免許について

船舶免許(ボート免許)の種類から受験について等、船舶免許取得の基本情報をまとめました。お申込みはネットでOK、船舶免許取得なら長年の実績と信頼のヤマハボート免許教室で!

船舶免許(ボート免許)は、正式には「小型船舶操縦免許証」と言われる国家資格です。
エンジン付きのボートやヨット、水上オートバイ(水上バイク)に乗る場合は、ボート免許が必要となります。フィッシングや、多くのマリンレジャーにおいて、海からのアプローチが可能となり、遊びの幅と奥行きを拡げることができます。
ヤマハボート免許教室では、WEBでのオンライン受講コースや実技試験免除コースなど、あなたのライフスタイルに合わせた船舶免許取得コースを取り揃えております。
※長さ3m未満、推進機関の出力1.5kW(約2.04馬力)未満の船舶を除きます。

船舶免許(ボート免許)の種類

船舶免許(ボート免許)には、「1級小型船舶免許」「2級小型船舶免許」「湖川小出力限定免許」「特殊小型船舶免許」の4種類があります。
乗り物の大きさや排気量などで区分けする車やバイクの免許の種類と異なり、船舶免許(ボート免許)は、基本的には操船場所や陸岸からの距離で区分されます。
自分のプレイフィールドやスタイルにマッチした船舶免許(ボート免許)を選ぶことが重要です。

免許の種類 航行区域 船の大きさ
(総トン数)・出力
1級小型船舶免許 外洋 ※1 20トン未満
2級小型船舶免許 平水区域および海岸より5海里以内
(約9キロメートル)
20トン未満 ※2
湖川小出力限定免許 湖・川および指定区域 5トン未満・エンジン出力15kW未満 ※3
特殊小型船舶免許 陸岸より2海里以内(約3.7キロメートル) 水上オートバイ(水上バイク)
※1
乗船する船舶の航行区域も遠洋区域である必要があります。また、帆船以外の小型船舶で沿海区域の外側80海里(海岸から100海里)未満の水域以遠を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の資格を有する者の乗船が必要です。(船長は兼任できません)
※2
国家試験合格時に満18歳に満たない場合は、18歳を迎えるまでの期間中は操船可能な船舶の大きさが5トン未満のものに限定されます。
※3
20.4馬力未満

船舶免許(ボート免許)の取得条件

船舶免許(ボート免許)の取得可能年齢は、免許の種類により異なります。また下記の身体基準を満たしている必要があります。

船舶免許(ボート免許)の受験条件

年齢

国家試験が行なわれる前日までに、下記の年齢に達している必要があります。

1級小型船舶免許 満17歳9か月
2級小型船舶免許、湖川小出力限定免許、特殊小型船舶免許 満15歳9か月

※それぞれ満18歳、満16歳になった日から免許を手にすることができます。
※2級小型船舶免許取得時に満18歳に満たない場合には、満18歳を迎えるまでの期間中は操船可能な船舶の大きさが5トン未満に限定されます。

視力

矯正視力両眼とも0.5以上であること。(矯正可)
ただし、一眼の視力が0.5未満の場合は他眼の視野が左右150度以上、かつ視力が0.5以上であること。

色覚

夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。

聴力

5メートル以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
ただし、話声語の弁別ができない場合であっても、5mの距離において70.5デシベルの汽笛音の弁別ができること。

疾病および身体機能の障害

軽症で勤務に支障をきたさないと認められること。
ただし、身体機能の障害があった場合でも小型船舶の操縦に支障がないと認められる場合は、船舶の設備や航行の目的を限定した免許を取得することができます。

身体検査合格基準に不安のある人は、国家試験実施機関である(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会の各地方事務所の「身体適性相談コーナー」にて、事前にご相談できます。

船舶免許(ボート免許)取得の国家試験

ヤマハボート免許教室で船舶免許取得コースを受講した場合、講習後に国家試験を受験します。国家試験では下記が行われます。
・身体検査
・学科試験
・実技試験 ※実技試験免除コースを受講の場合は実技試験は免除となります。

船舶免許(ボート免許)の国家試験の内容

身体検査

身体検査は、学科試験日に学科試験に先だって行われます。視力・聴力及び、簡単な運動機能の検査が行われ、合格すれば1年間有効となります。この身体検査に合格すると、引き続いて学科試験が行われます。

視力 矯正視力両眼とも0.5以上であること。(矯正可)
ただし、一眼の視力が0.5未満の場合は他眼の視野が左右150度以上、かつ視力が0.5以上であること。
色覚 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。
聴力 5メートル以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
ただし、話声語の弁別ができない場合であっても、5mの距離において70.5デシベルの汽笛音の弁別ができること。
疾病および身体機能の障害 軽症で勤務に支障をきたさないと認められること。
ただし、身体機能の障害があった場合でも小型船舶の操縦に支障がないと認められる場合は、船舶の設備や航行の目的を限定した免許を取得することができます。

学科試験

1級・2級・特殊小型船舶免許の出題形式は四肢択一式、2級(湖川小出力限定)免許の出題形式は正誤式で、1問10点で採点されますす。
「小型船舶操縦者の心得及び遵守事項」「交通の方法」「運航(一般)」の3科目から出題され、1級小型船舶免許では「上級運航I・II」の2科目が追加されます。
1級・2級小型船舶免許所持者が特殊小型船舶免許を受験する場合は第1・第2科目が免除されます。
また、2級小型船舶免許所持者が1級小型船舶免許を受験する場合は第1・第2・第3科目が免除されます。

科目 第1科目:
小型船舶操縦者の
心得及び遵守事項
第2科目:
交通の方法
第3科目:
運航(一般)
第4科目:
上級運航I
第5科目:
上級運航II
合計 合格点
1級小型船舶免許 12問 14問 24問 8問 6問 64問 430点
2級小型船舶免許 12問 14問 24問 50問 330点
特殊小型船舶免許 12問 10問 18問 40問 260点
2級(湖川小出力限定)免許 10問 8問 12問 30問 150点

※各科目50%以上、合計65%以上の正解で学科試験の合格となります。

実技試験

小型船舶の取扱いから基本操縦、応用操縦の試験が行われます。
試験は減点方式で行われ、総合で70%以上の得点が求められます。
試験では下記の船舶が使用されます。
2級小型船舶免許所持者が1級小型船舶免許を受験する場合は実技試験が免除されます。

  • 1級及び2級小型船舶免許:1級及び2級試験船 / 全長約5mのモーターボート
  • 2級(湖川小出力限定)免許:2級湖川小出力限定試験船 / 20馬力未満エンジンを搭載したボート
  • 特殊小型船舶免許:特殊小型試験船 / 3人乗り水上オートバイ

国家試験当日の持ち物・服装について

ヤマハボート免許教室で船舶免許取得コースを受講の場合、国家試験受験日の3日前までに受験票と詳細案内を郵送いたします。
未着の場合はヤマハボート免許センターまでご連絡ください。

持ち物

下記をご持参ください。
・受験票
・鉛筆
・消しゴム
・雨カッパ等の雨具(雨天時)

※以下は1級小型船舶操縦士免許受験の場合のみご持参ください。(ヤマハボート免許教室受講時の配布教材に含まれています。)
・デバイダー
・三角定規
・製図用コンパス

実技試験受験時の服装

水上では直接風を受けるため、あまり素肌を出さず陸上より1枚余分に着用する事をおすすめします。
・服装:水しぶきに濡れても差し支えのない、軽快な服装
・靴:底が滑りにくい運動靴(サンダル、ヒールの高い靴は不可)

小型船舶免許新規取得までの一般的な流れは下記リンク先をご覧ください。

船舶免許(ボート免許)を取るなら、長年の実績と信頼のヤマハボート免許教室で!
ヤマハボート免許教室や講習会場についてご紹介。

ページ
先頭へ