本文へ進みます

55mph - GAOニシカワのイラストレーション・ガレージ

アメリカをテーマにした作品を数多く手掛けるGAOニシカワ氏が「ヤマハ・モーターサイクルのある風景」を描き下ろすイラストコラム。

Vol.3 ツーリングセロー × 東京タワー

以前、ヤマハのTT250Rというバイクが手元にあった。僕にとって初めてのオフロードバイクだ。東京近郊のモトクロスコースに出かけてみたり、フェリーを利用して北海道に渡り、ロードタイヤの大型バイクでは行くことができなかった林道の奥の秘湯を訪ねたりもした。しかし、僕のTT250Rの普段のステージは東京。軽快さを生かし、都内のアシとしておおいに活躍してくれた。よく回る空冷単気筒の4ストローク・エンジンは、トルクも充分、低速でトコトコと走っても楽しかった。

久しぶりに乗ったヤマハのオフロードバイクは、現行のツーリングセロー。長い足と空冷単気筒250ccエンジンを持つという以外、TTとは年式はもちろん、車格も異なる。そう頭では理解しているが、走り出してみると「お、懐かしい!」と思ってしまった。気持ちのいい吹け上がりや、飛ばさなくても楽しいトコトコ感、そして耳に届くヤマハ・サウンド。ツーリング向けのモデルとはいえ、小柄・軽快だから、交通量多めの街中でもストレスフリー。平日の午後、「まずはグルッと近所を一周」のつもりが、気づけば都心の道を走り回っていた。

ツーリングセローのある風景を描くにあたり、当初は前回のようにツーリングシーンを考えていた。しかし都内をトコトコ楽しく小旅行しながら、方針変更を決めた。それが東京タワーとのツーショットなのである。

壁紙ダウンロード

GAO NISHIKAWA (ガオ・ニシカワ)

イラストレーター、オンザロードマガジン発行人・編集長。1963年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、メーカーでデザイナー、プランナーとして活躍。01年の独立後、バイクでのアメリカ大陸横断、ルート66走破などを経験。旅を通してアメリカをテーマにしたイラスト作品を数多く制作、各地で個展を開催。03年、乗り物好きのためのライフスタイル・フリーペーパー「オンザロードマガジン」を創刊。自ら企画・制作、表紙のイラストも毎号描きおろす。その他、雑誌やWEB、広告媒体をはじめ、アパレルなどのプロダクツにイラストやデザインを提供。現在もオンザロードマガジン発行の他、バイクやクルマなど、乗り物を得意とするイラストレーター、デザイナーとして東京目黒区を拠点に活動中。

主な活動・実績:
■ラジオ出演:J-wave「ハローワールド」/FMヨコハマ「ドライバーズミーティング」など
■個展・グループ展:六本木AXISギャラリー/銀座4丁目時コレクション/目黒区民ギャラリー/軽井沢ごんざ/アメリカラスベガ
スSEMA・AAPEX SHOWなど
■雑誌連載・掲載:Cal/ライトニング/MOTO NAVIなど
■イラスト・デザイン提供主な実績:稲妻フェスティバル・ポスター/PUFFY10周年記念Tシャツなど

Wheel Junkieに捧ぐライフスタイル誌
オンザロードマガジン

オンザロードマガジンは「車輪とともに生きる人のための元気の素」をテーマに、03年12月から季刊ペースで発行を続けているフリーペーパー。イラストレーター、デザイナーとして活躍、本誌表紙イラストも描きおろしているGAONISHIKAWAと仲間たちが、クルマ、モーターサイクル、自転車や食、ファッションなど、様々なカテゴリーの話題を取材、"Wheel Junkie"な読者に届けている。現在の発行部数は30,000部、全国1,000店舗以上の配布協力店で設置・配布中。
ウェブサイト www.orm-web.co.jp

バックナンバー

ページ
先頭へ