本文へ進みます

生涯点検プログラム

愛艇を長くお使いいただく為に、ヤマハがお勧めするメンテナンスのプログラムをご紹介いたします。

メンテナンス(点検)サイクル

メンテナンス(点検)サイクル
新艇 初回点検
新艇購入のお客様への初めての点検(25時間または一ヶ月)です。エンジン、艇体などこれからも末永くお付き合いいただくうえで基本となる箇所の状態をチェックします。また、ボートのことについていろいろアドバイスあせていただいていますので、エンジンオイルの交換など、この機会に何でもお気軽にご相談ください。
6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
1年点検(12ヶ月点検)
1年点検は、高温や高回転といった過酷な状況にさらされている艇体、エンジン各部の点検を実施します。不具合の早期発見と早期修理こそが安心してお乗りいただくためのポイントです。1年点検では、ボートの基本性能にかかわる機能や状態をチェックし、外からみることのできない部品は取り外したりテスターを使って点検します。その結果、整備の必要となった箇所を整備します。
1年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
2年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
3年点検
「船検」に合わせた総点検整備です。人間で言えば定期的な人間ドッグです。構成している部品は使っていくうちに少しずつ磨耗、緩み、麻痺や劣化していきます。定期交換部品の交換や内部の分解整備で機能維持とトラブルの未然防止をします。
船検(検査前点検)
「船検」とは、みなさまのボートが安全面で、問題ないかをチェックする検査です。国が行うこの「検査」は、現状における機能や性能をテストするだけで、将来を見越した点検や分解してのチェックは行いません。ヤマハの検査前点検は「検査」だけでなく、ボートを知りつくしたプロフェッショナルが、ボートの使用状態等に合わせた最適の検・整備をみなさまに代わって実施します。
3年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
4年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
5年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
6年点検
「船検」に合わせた総点検整備です。人間で言えば定期的な人間ドッグです。構成している部品は使っていくうちに少しずつ磨耗、緩み、麻痺や劣化していきます。定期交換部品の交換や内部の分解整備で機能維持とトラブルの未然防止をします。
船検(検査前点検)
「船検」とは、みなさまのボートが安全面で、問題ないかをチェックする検査です。国が行うこの「検査」は、現状における機能や性能をテストするだけで、将来を見越した点検や分解してのチェックは行いません。ヤマハの検査前点検は「検査」だけでなく、ボートを知りつくしたプロフェッショナルが、ボートの使用状態等に合わせた最適の点検・整備をみなさまに代わって実施します。
6年6ヶ月点検
常にベストなコンディションでお乗りいただくために、また、ボートの安全確認やトラブルの未然防止のためにも、日頃からのこまめなチェックが大切です。そこで、定期点検整備の6ヶ月後に「6ヶ月点検」をおすすめしています。エンジンの調など基本的ですが重要なポイントを、プロの目でしっかりチェックします。
日常点検
大きなトラブルを未然に防ぐためには、日頃の健康管理が大切です。日常点検には出航前に艦体やエンジンに異常がないか確認する「出航前点検」と帰港後にメンテナンスを行う「帰港後点検」があります。キャプテンが自己の管理責任において、使用状況、運転時の状態、航行時間等から実施の時期や必要性を判断し、実施します。点検の内容は基本的な機能や作動を確認するもので
  • (1) エンジンルームをのぞいて
  • (2) 艇体各部のまわりを見ながら
  • (3) 運転席に座って
  • (4) ゆっくり走らせて 等

初回点検
新艇購入のお客様へに初めての点検(25時間または1ヶ月)です。基本となる箇所の状態をチェックします。
6ヶ月点検
定期点検整備の6ヶ月後におすすめする点検です。
1年点検(12ヶ月点検)
1年点検(12ヶ月点検)では、ボートの基本性能にかかわる機能や状態をチェックするとともに、傷んだ箇所の分解整備を行います。
検査前点検
「船検」に合わせた総点検整備です。
JCI定期点検(中期点検含む)
「船検」とは、ボートが安全面で問題ないかをチェックする検査です。
6年点検
「船検」に合わせた総点検整備です。定期交換部品の交換や内部の分解整備でトラブルを未然防止します。
メンテナンス(点検)サイクル
ページ
先頭へ