本文へ進みます

軽量・高剛性な二輪車用アルミホイール

高度な鋳造技術と塑性加工を融合させたソリューション。

軽量・高剛性な二輪車用アルミホイール
  • 軽量化
  • 高剛性化
  • 高靱性化

二輪車の操縦性に大きく影響する重要パーツ、ホイール。軽量であればあるほど操縦安定性や運動性能は向上しますが、同時に、荷重に耐える高い剛性と、高い耐久性を発揮するための靱性を備えなければなりません。これを実現させるためには、アルミ材を厳選し、高度な鋳造技術と塑性加工技術を融合させる必要がありました。ヤマハには、二輪車のキャストホイールやフレームの製造などで蓄積した高度な鋳造技術があります。これらを活用しながら、軽く、強く、しなやかなアルミホイールを完成させました。

Need要件

より軽量で高剛性な二輪車用アルミホイールを生産したい。

Concept方針01

ホイールの強度と靱性のバランスを最適チューニングする。

Concept方針02

長きにわたり蓄積してきた中空化・軽量化技術を活用する。

Concept方針03

リム部分の回転塑性加工により薄肉・高強度化を図る。

Solution ソリューション

01コンカレントエンジニアリング

ホイール設計および材料・工法との一体開発。

コンカレントエンジニアリング

02材料・熱処理技術

強さとしなやかさを両立する材料と工法の開発。

材料・熱処理技術

03塑性加工技術

回転塑性加工の採用。

塑性加工技術

Result 成果

  • 01前後ホイールで合計700gの軽量化を達成
  • 02ホイールの肉厚を3.0㎜から2.0㎜へと薄肉化
成果

鋳造・鍛造 お問合せ窓口

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-32-1328

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
鋳造・鍛造の生産委託に関するご質問、お見積もりなど、お気軽にお問合せください

お問合せをする
ページ
先頭へ