本文へ進みます

安価・軽量・デザイン性の高い二輪車用アルミフレーム

CFアルミダイキャスト技術によるアルミフレーム。

安価・軽量・デザイン性の高い二輪車用アルミフレーム
  • 軽量化
  • 高剛性化
  • 高精度化
  • デザイン性
  • コストダウン

CFダイキャストとは、"Controlled Filling Die Casting"(制御充填ダイキャスト)のこと。金型真空度向上、高精度な金型温度制御、溶湯の射出速度向上、離型剤の開発などにより、アルミ鋳物内へのガス混入量(気泡)を大幅に削減しました。軽量化、高剛性化のほか、高いデザイン性も備えながら、製造コストも低減します。二輪車用フレームでは、従来の鋼管フレームでは部品点数88点、溶接長9m、重量22.5kgだったところ、最新CFアルミダイキャストフレームは部品点数7点、溶接長0m、重量13.8kgとなっています。

Need要件

設計とデザインの自由度が高く、高性能かつ安価な二輪車用アルミフレームが欲しい。

Concept方針01

部品点数を削減して製造効率を上げ、コストダウンを図る。

Concept方針02

薄肉大物でも高い寸法精度を実現する。

Concept方針03

設計やデザインの自由度を高めながら、軽量・高剛性化を達成する。

Solution ソリューション

01CFアルミダイキャスト技術

金型真空度向上、高精度な金型温度制御、溶湯の射出速度向上、離型剤の開発など。

02ダイキャスト素材

高い靱性や強度などを達成するダイキャスト材料の開発。

03ダイキャスト鋳造技術

気泡含有量を削減し、相互の溶接も可能。

ソリューション

ADC3(Silafont36)を採用(高強度、高靭性)

Result 成果

  2003年モデル 2004年モデル 2020年モデル
構造 鋼管+溶接 CFダイカスト
鋼管+溶接
CFダイカスト
部品点数 88 31 7
溶接長さ 9m 2.9m 0m
フレーム重量 22.5kg 16.8kg 13.8kg

鋳造・鍛造 お問合せ窓口

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-32-1328

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
鋳造・鍛造の生産委託に関するご質問、お見積もりなど、お気軽にお問合せください

お問合せをする
ページ
先頭へ