本文へ進みます

マグネシウム製の二輪車用車体部品

薄肉大物のマグネシウム鋳造事例。

マグネシウム製の二輪車用車体部品
  • 軽量化
  • 高品質化
  • 高精度化
  • デザイン性
  • コストダウン

当社のCFアルミダイキャスト技術をベースに、均一な湯流れや凝固を実現するマグネシウム専用設計や、金型真空度・金型温度・溶湯射出速度の最適制御、不純物量を最小化する溶湯管理などを実現。薄肉大物のマグネシウム鋳造を可能とし、二輪車の大物車体部品のマグネシウム化を果たしました。鋳造後には専用の高耐食下地処理を施したうえで塗装し、アルミと同等以上の強度と耐食性(当社基準)を達成しています。

Need要件

二輪車の車体を軽量化するために、マグネシウムを採用したい。

Concept方針01

マグネシウムを使用するための安全確保。

Concept方針02

マグネシウムに最適化した製品設計。

Concept方針03

工程条件を最適に制御する。

Solution ソリューション

01安全管理

作業員教育、専用設備の確保、切粉・切屑の管理徹底など。

02コンカレントエンジニアリング

マグネシウム素材の特性を生かした設計と製法の確立。

03CFマグネシウムダイキャスト技術

設計・デザインの自由度が高いCFアルミダイキャスト技術の応用。

ソリューション

Result 成果

  • 01二輪車車体部品の軽量化を実現(マグネシウムリアフレームは△500g、マグネシウムダイキャストホイールは△870g)
  • 02難易度の高い薄肉大物のマグネシウム鋳造を実現し、高品質を確保
  • 03製造現場の安全性を確保
成果

鋳造・鍛造 お問合せ窓口

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-32-1328

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
鋳造・鍛造の生産委託に関するご質問、お見積もりなど、お気軽にお問合せください

お問合せをする
ページ
先頭へ