本文へ進みます

解析技術

最新解析技術と蓄積された知見を組み合わせることで、単なる確認作業を超え、より高効率な方案をご提案します。

MENU

強みは「蓄積された知見」

私たちは最新のCAE、最新の技術を用いて解析を行っています。しかし、「鋳造は生き物」。薄肉化・軽量化が進む高度な鋳造の現場において、すべてを机上でシミュレートすることは非常に困難です。しかし私たちには、過去の技術的トライから得た知見とノウハウの豊富な蓄積があります。最新の解析技術と、豊富な知見を組み合わせることで、最適なソリューションを導出することが可能です。

「確認」から「提案」へ

試作品や製品を徹底的に解析し、設計要件を満たしているかを確認する。これは私たちの仕事の大原則です。しかし、それだけが私たちの守備範囲ではありません。設計初期段階からモノ造りに噛み込むことで、より高効率な方案を提案。開発時間や部品点数を減少し、コスト低減をもたらします。信頼度と確度が高い方案により、設計者の期待を越えたい。それが私たちの思いです。

設計と製造の橋渡し

モーターサイクル製造において求められる鋳造技術は、非常に高度です。走行性能向上のために鋳造部品を薄肉化・軽量化し、部品点数を削減するために可能な限りの一体化を狙います。また、モーターサイクルでは、多くの鋳造部品は外観部品としても機能。複雑な曲面形状が織りなすデザイン性や、外観品質の高さも求められます。どんなに難易度が高くても、設計者の要求を製造に結びつける。解析は、その一助です。

ハイスピード・ハイクオリティを、ローコストで

モーターサイクルなどの製造で培ってきた、多品種少量生産というスタイル。その実現のためには、開発スピードの速さが非常に重要です。解析においても、データ分析の迅速化はもちろん、設計者が想定する形状範囲内のバランスを満たす最適解を高速に導出する、最適化システムも構築。高品質・高精度でありながら迅速なモノ造りをサポートし、結果的にローコストも達成します。

ヤマハ発動機(株)お問合せ窓口

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-32-1328

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
鋳造(ダイキャスト)・鍛造の詳細情報、お見積もり、その他ご質問、ご相談など、お気軽にお問合せください

お問合せをする
ページ
先頭へ