本文へ進みます

加工技術(ユニット技術)

世界各地の拠点に、グローバル標準鋳造機を配置。日本国内と同じ高品質な鋳造製品のお届けが可能です。

MENU

高品質・高精度・高能率を実現する、加工技術の特長

多くの引き出しから最適解をご提案

鋳造・鍛造部品に各種加工を施すことで、完成品へと仕上げていくプロセスです。モーターサイクルや船外機をはじめとする多用な製品作りに取り組んできたことで、私たちは幅広い加工技術を有しています。豊富な経験から蓄積した多くの技術的な「引き出し」の中から、御社にとって最適なソリューションをご提案可能です。

加工工程の縮減も視野に

低コスト化・迅速化にあたっては、加工工程を縮減することが重要になる場合もあります。私たちの技術基盤である高度な鋳造・鍛造技術に基づき、できるだけ加工工程を減らした方案をご提案することも可能です。私たちヤマハ発動機 磐田製造部は、総合力で御社にとって最良な製品作りをサポートします。

組立品のご提供も得意分野です

複数部品を組み立てるユニット技術も、私たちの得意分野。求められる機能から、もっとも最適なアッセンブリーの構築を逆算して、ご提案します。部品単体でのご提供以上に、設計ご担当者と密にコミュニケーションを取ることで、より優れた製品作りに寄与。複雑化・高度化の一途を辿るアッセンブリー構築を弊社が一括して請け負うことで、御社の開発手数の削減が可能です。

グローバルな製造体制

各種工作設備をグローバル標準化することにより、世界各国においてもスピーディーな展開が可能です。各国の事情に合わせた柔軟な取り組みと、日本ならでは高度な品質管理を組み合わせることで、高精度・高品質・低コストなモノ造りを実現しています。

切削/研磨加工、各種熱処理

多品種少量生産を実現するため、迅速・低コストをモットーに、設備作りから積極的に取り組んでいます。設備の高性能化、ならびにダウンサイジングを進めることで、高品質・高精度・高能率な切削/研磨加工が可能となりました。機能要件を理解した上でのユニット製造にも対応します。また、MP浸炭焼き入れ、ガス軟窒化焼き入れを始め、一般的な熱処理も行います。

表面処理

フリクションの軽減、軽量化、コストダウン──。モーターサイクルから船外機まで広範囲にわたる製品作りに取り組む中で、私たちはさまざまな効果をもたらす表面処理のノウハウを多数有しています。設計要件や求められる性能、製造コストなどを十分に考慮しながら、最適な表面処理をご提案します。

メッキ処理

ピストン、シリンダーなどの内部部品から外観部品まで、幅広い部品にさまざまなメッキ処理が可能です。機能性や外観品質を高めます。

樹脂コーティング

ピストンスカートに樹脂コーティングを施すことで、摺動性を高め、フリクションロスを軽減します。

溶射シリンダー

シリンダーに合金粒子などを溶射し、皮膜を形成。シリンダーのスリーブレス化を可能にします。

ナノ膜コーティング

主に外観部品に使用。スパッタリング法によりセラミックス膜をコーティング。無色透明のほか着色も可能。耐熱保護皮膜として、また、装飾皮膜としても利用可能です。
ナノ膜コーティングについて詳しくはこちら

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティング

エンジン内部やサスペンションの摺動部にDLCコーティングを施し、摩擦損失を軽減。ギアなどの耐摩耗性を高めることも可能です。

ヤマハ発動機(株)お問合せ窓口

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-32-1328

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
鋳造(ダイキャスト)・鍛造の詳細情報、お見積もり、その他ご質問、ご相談など、お気軽にお問合せください

お問合せをする
ページ
先頭へ