本文へ進みます

コマンドリンク

エンジンの状態や航走状況などのデジタル情報をメーター表示する「新次元の情報管理システム」のご紹介です。

より快適な航走のために。

ヤマハでは船外機の基本性能を磨き、信頼性や快適性など様々に求められる性能を高めるための技術開発を行っています。同時に、エンジン性能を最大限に引き出すための純正パーツ&アクセサリーを取り揃え、使用条件・目的に応じた使い易さを追求しています。ヤマハのデジタル技術を応用・発展させた「コマンドリンク」システムは、刻一刻と変化する状況を操船者に正確に伝えるシステムです。メーター、配線、センサー類をデジタル通信技術によって直接リンクさせることで、エンジン情報(エンジンの航走状態、各種警告やメンテナンスメッセージなど)をメーターに表示します。また、プロフィッシャーマンの意見を取り入れユーザー視点で使い易さを具現化した最新の多機能ティラーハンドル、大きな推進力を生み出すプロペラ、業務艇からスポーツボートまでほとんど全てのボートに対応可能なリモートコントローラー、正確で見やすいメーターなどが充実しています。

※2機掛けまで対応。

ヤマハのデジタル技術を応用・発展させた新型「コマンドリンク」システム。大型液晶カラーディスプレイを採用した見やすく分かりやすい画面表示で、直感的な操作が可能です。操縦席とエンジン間において、操船者に様々なエンジン状態、航走状態、警報や点検メッセージなど多くの情報をメーターに表示して知らせ、使いやすさを向上させます。

コマンドリンクメーターは、2007年モデル以降の4ストロークFIモデルとHPDIモデルに対応できます。

特徴

01リモートコントロールボックス

  • シンプルで機能的なデザイン
  • やさしいタッチのグリップと操作性の良いPTTスイッチ
  • 簡単に調整できるスロットルフリクション

02精緻にコントロールするデジタルネットワークシステム

デジタルネットワークシステムを使った電子制御式スロットル及びシフトが採用されています。このシステムは、デジタル通信技術(センサ・ECM・アクチュエータ)を使用する事で、ケーブル摩擦抵抗をなくし、レバー操作荷重を軽くして更に操作の補正を容易に行う事ができます。
(F350A、F300B、F250D、F225Fに採用)

主要表示機能

エンジン回転数表示
トリム角度表示
冷却水温度表示
冷却水圧表示
エンジンオイル圧表示
バッテリー電圧表示
アワーメーター(TRIP)表示
トローリング回転数調整機能
スピード表示
燃料計機能(2タンクモデルにも対応)
燃料消費量表示
燃料表示
航走距離表示
海水温度表示
水深表示※
エンジン異常警告表示
定期メンテナンス表示
別途オプションが必要です。
詳細については最寄りのヤマハ製品取り扱い店にお尋ねください。
ページ
先頭へ