本文へ進みます

テクノロジー

テクノロジーをご紹介いたします。

リーディングイノベーターとしての自負が、テクノロジーに息づく

ドライブ推進システムの選択いかんで、船体のパフォーマンスや燃費、船上の快適性などは大きく左右されます。船体とモーターヨットの大型化に伴い新しいボルボ・ペンタIPSは、最適な選択をするために不可欠な独自機能の組合せをご提供します。
スポーツボートとスポーツクルーザーに対しては、スターンドライブ(AQアクアマティック)とDuoprop (デュオプロップ) が、パワートリムによるスポーティーかつ効率的なドライビングを約束します。

IPS
船体下部に個々に操縦可能なポッド(ドライブレッグ)を備えた近代的なインボードシステム。
際立ったパフォーマンス、快適性、ハンドリング、そして入港ドッキング操作を容易にするジョイスティックなど独自機能を装備しています。
インボード・シャフト
1つのプロペラを駆動するストレートシャフト付きギアボックスが用いられ、操縦用の分離ラダーを装備。従来からあるシステム。
スターンドライブ
1959年に導入し、インボードの耐久性と操縦性の良さを兼ね備えています。
効率を高めたことで、強い加速、高い最高速、低燃費を実現しています。2基掛けではジョイスティク機能付きも選択できるようになりました。

ジョイスティックでイージードライブ

ジョイスティックはこれまで不可能だった操作を可能にし、入港時の緊張を和らげます。シフト、スロットル、操舵を同時に操作するという困難な作業からドライバーを解放。船体を移動させたい方向にジョイスティクを倒すだけで船体が反応します。入港操作においては、船首部と船尾にあるスラスターの補助も不要です。
※IPSおよび、スターンドライブの2機掛け時のみ

船尾からの入港

ジョイスティックの機能により、リモコンレバーと操舵ホイールが不要になりました。入港姿勢に合わせた視界が良好な場所へジョイスティックを設置できるのです。これにより安全性が向上、片手での船体操作も容易に行えるようになります。

EVCが安定性と信頼性を向上

新開発のEVC(エレクトリカル・ベッセル・コントロール)システムを搭載したディーゼルエンジンはより手軽で、楽しい、そしてより安全なボートライフを実現します。最新のソフトウエアにより、ボートの操縦・操作に従来にない機能特性が追加されました。EVCはエンジン及びトランスミッションを管理するボルボ・ペンタ共通の電気プラットフォームで、すべての操船・操作情報を1つに統合します。各種情報(シリアルデータ)の通信を電子装置間で1本のケーブルを介して行うCANバス通信技術は現在、船舶、航空機、乗用車などに使われています。
EVCシステムはこのCANバス通信技術をベースに、1つのケーブルですべての操船・操作情報を発信。あらゆる情報がCANバスで利用可能な状態になっているためフライングブリッジへの操舵装置の追加なども容易になりました。またEVCシステムには優れたエンジンの保護・操作機能が内蔵されております。

コモンレール

D3/D4/D6ディーゼルエンジンは電子制御コモンレール(畜圧式)方式での燃料噴射を備えているのが特徴です。このコモンレール方式により従来のシステムでは不可能だった方法での燃料の燃焼制御を可能にしました。
電子制御ユニットはスロットルポジション、エンジン回転数、温度、ブースト圧、などの複数のパラメーターを介して信号を受信しシステムを制御します。高圧燃料ポンプは最大1600バールの高圧で燃料をレール(コモンレール)に送ります。そしてレール内部では電子制御により高精度で操作されたインジェクターがシリンダー内へ1ストロークにつき最高3段階に分けた燃料噴射を行います。

DPS(ダイナミックポジションシステム)記憶させたボートの位置を保持します

IPS DPS(ダイナミックポジションシステム)は、GPSの信号によって船の設定位置を保持し、船首方向をまっすぐ維持できるよう補助する機能です。
DPSはボタンを押すと、ダイナミックポジションシステムが作動して、ボートは設定位置に、船首方向は限定された位置に保持されます。この優れた機能特徴は、ボートが給油停船待ちをする場合や橋脚が開閉するのを待つ場合などに大変役立ちます。

また着岸する際、ダイナミックポジションシステムはボートクルーにフェンダーの準備やロープもやいの準備をする時間も与えます。高精度のGPSレシーバーがボートの設定位置や船首方向を制御します。 EVCシステムの中のソフトウェアがステアリング角度やギアシフト状態、スロットル開度ポジション等のデータを収集し、瞬時にエンジンと演算通信することでボートの設定位置をキープします。

高性能エンジンのパワーを確実に伝えるハイパフォーマンス・ドライブユニット

DPH Duoprop

DPS Duoprop

SX single prop

ページ
先頭へ