本文へ進みます


55mph - バイク乗りのための, ワンバーナー, クッキング

バーナーひとつで簡単に作れる“バイク乗りのための”クッキング・レシピをあの人が大公開!

第5回 バイク好きカフェオーナー 宇都山征司さんの
「カレーのフォンデュ、彼女の島!?」

いまは色々と事情があってバイクでキャンプツーリングに行く機会はなかなかないのですが、仲間と山登りをしにいった際には大抵お米を持っていってご飯を炊いたり、ホットサンドを作ったりしていますね。とくに日帰りの登山だと宿泊のための荷物が少ないので、その分食材を持っていけますから。コーヒーもしっかり豆から挽いて淹れるようにしてますよ。僕にとってのアウトドア料理って、美味しいことはもちろんなんですけど、作ること、食べること自体も"楽しい”ことが大事なんです。カレーフォンデュを提案したのもそういう観点からですね。簡単に作れるけれど、みんなで具材を持ちよって楽しみながら食べることができると思います。近いうちに新しいバイクを購入予定なので手に入れたらぜひキャンプツーリングにリターンしたいですね。

プロフィール

バイク雑誌の編集者やチューニングショップ、飲食店勤務などを経て、2015年に神奈川県相模原市に山小屋カフェ「ソラ珈琲&食堂ヒュッテ 」をオープン。コック兼バリスタとしてアウトドア料理を意識したフードやこだわりのエスプレッソを提供しており、地元客を中心に人気を博している。もちろん若い頃からバイク好きであり、これまでにSR400やRZ250、TDR250、XJR1300などを乗り継ぐ大のヤマハ党。現在はTT-R250を所有する。山登りや自転車などにも造詣が深く、お店にはそれにまつわる書籍やギアが多数ディスプレイされている。ライダーの来店も大歓迎!1977年生まれ。神奈川県出身。

ソラ珈琲&食堂ヒュッテ

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-1-8
TEL:042-865-0605
定休日:月曜日
営業時間:11:00~22:00
ウェブサイト https://www.facebook.com/sorahutte/

材料と所要時間

材料と所要時間

簡単に作れて楽しめる料理がこのフォンデュ。オイルフォンデュだと使い終わった油の処理に難儀しそうだったのでカレー味のチーズフォンデュにしました。カレー味は幅広い食材と相性が良いので冷蔵庫にある残り物でも作ることができますよ。下記の食材以外だと、ナスやパプリカ、ヤングコーンのほか、スーパーで売っているから揚げやコロッケなどの惣菜もおススメです!

【材料】
・カレールー……適量
・ウインナー……適量
・人参……適量
・ジャガイモ……適量
・マッシュルーム……適量
・ミックスチーズ……200g
・ブロッコリー……適量
・水煮うずら卵……適量
・フランスパン……適量
・水……500㏄

【所要時間】
約15分

調理手順

1: 各具材をカットする。串で刺して食べるのに程よい大きさに。

2: 具材を茹でるためのお湯を沸かす。今回は茹でたお湯は捨てずにそのままフォンデュのソースとして使用する。

3: ウインナーは煮るとうま味が出るので水の段階から投入しておく。

4: 火の通りにくい人参とジャガイモもウインナーと一緒に水から煮る。

5: お湯が沸騰したら弱火で約10分ほど煮込み、野菜に火が通っているかを確認。竹串が無理なく貫通するようならOK。

6: 茹であがったウインナー、人参、ジャガイモをお皿に上げる。

7: 今度はブロッコリーを投入し、さっと茹でる。お湯が再沸騰したら引き上げるぐらいで丁度良い。マッシュルームは茹でても生でもどちらでも食べられます。

8: 具材を茹でたお湯を300㏄程度になるまで捨て、灰汁をとってカレールーを投入。ルーと水の量のバランスは普通のカレーを作るときと同じで問題ない。味見をしながら調節しよう。

9: ルーが溶けたらチーズをたっぷり投入してかき混ぜる。材料によく絡むようソース全体にとろみのついた状態が理想的。

完成!: これでソースは完成。あとは具材を串に刺して絡めて食べるだけ。仲間同士でおしゃべりしながらの食事にはぴったりの一品です!

フォンデュは食材を適当な大きさにカットすればなんでも具にできてしまうのがいいところ。相性の良い自分オリジナルの食材を探す楽しみもある。残ったソースはパンですくって最後までキレイに食べられるのでゴミが出ず、アウトドアとの相性も抜群だ。冷えてくるとソースが固まってしまうので時折とろ火で温めながら食べるようにしよう。

ワンバーナークッキングの強い味方
「ジェットボイル®ミニモ」

保温クッカーの底に独自のフィンを設けることで優れた熱効率を実現したジェットボイル。ミニモは直径127㎜の広口クッカーを採用することで調理をしやすくしたモデル。火加減の細かな調整が可能なので、とろ火を活かした煮込み料理にも対応する。1万8000円(税抜き)。

問合せ=モンベル・カスタマー・サービス
フリーコール 0120-982-682 ※携帯電話、IP電話などからはご利用いただけません。
TEL 06-6538-5797
http://www.jetboil.jp/

バックナンバー

ページ
先頭へ