本文へ進みます

東京モーターショー2017にMOTOBOT君が舞い降りた(スズキ様編)

2017年11月17日


朝晩の冷え込みが身にしみる、ヤマハ発動機販売の山崎です。

第45回目となる今回の東京モーターショーは「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」をショーテーマにして、2017年10月27日から11月5日までの期間、東京ビッグサイトで暖かく開催されました。
東京モーターショー2017ヤマハ発動機ブースの外観

ヤマハ発動機ブースの様子はこちら




そこでは、ヤマハ発動機のヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」が、ヴァレンテーノ・ロッシ選手との勝負のためにVer.2へ進化した姿を見せ(勝負結果はこちら)、それにあわせてMOTOBOT君も1号から2号へ進化しました!

MOTOBOT君1号2号
左がMOTOBOT君1号、右がMOTOBOT君2号です。

いやぁ、ちなみにMOTOBOT君2号は、実物と同じく、ミラーシールドの製作が大変でした。
MOTOBOTver2
↑実物はこんな感じ。肩まわりのキラキラも再現しています。




SUZUKI様ブースへ行ってMotoGPマシンのGSX-RRに乗ってみたいと、ミラーシールドで無言の主張をしてくるMOTOBOT君2号。
ヤマハ発動機ブース前のMOTOBOT君1号2号
基本的にしゃべらない設定なので、態度と目線でうったえてきます。




ということで、SUZUKI様ブースへやってきました!
SUZUKIブース前のMOTOBOT君1号2号




ちゃんと並んで待つMOTOBOT君1号2号。
GSX-RR待ちのMOTOBOT君1号2号



今年のモーターサイクルショーでみたSUZUKIさま盛り上げ隊がいなかったので、MOTOBOT君2号が盛り上げ役にまわります。
盛り上げるMOTOBOT君2号


そして、ルーティーンに入るMOTOBOT君1号。
ルーティーンに入るMOTOBOT君1号の前屈

ロッシのルーティーンをするMOTOBOT君1号

足を出して、今っぽいコーナーへのアプローチをするMOTOBOT君1号。
今っぽいコーナーへのアプローチをするMOTOBOT君1号

コーナーリング中も足を出し続けちゃってます。



盛り上げ隊に徹するMOTOBOT君2号は、腕をふって盛り上げます(GO! GO!)


ゴールにともない、周囲から巻き起こる拍手の嵐にこたえるMOTOBOT君。









SUZUKI様、ありがとうございました!
GSX-RRと記念撮影するMOTOBOT君1号2号


【関連リンク】

東京モーターショー2017にMOTOBOT君が舞い降りた(ブリヂストン様編)

東京モーターショー2015にMOTOBOT君が舞い降りた。

ロッシがサーキットで"MOTOBOT君"と出会った

MOTOBOT公式サイト

第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機 特設WEBサイト




2017年11月17日
ページ
先頭へ