本文へ進みます

東京モーターショー2017にMOTOBOT君が舞い降りた(ブリヂストン様編)

2017年11月4日

大変遅くなりましたがハッピーハロウィン、ヤマハ発動機販売の山崎です。

1954年に第1回を開催し60年以上の歴史を重ねてきた東京モーターショー。
第45回目となる今回は「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」をショーテーマにして、2017年10月27日から11月5日までの期間、東京ビッグサイトで開催されています。


そして、我らがヤマハ発動機のヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」が、ヴァレンテーノ・ロッシ選手との勝負のため、Ver.2へ進化していました(勝負自体の結果はこちら

それにあわせて、MOTOBOT君も1号から2号へ進化!

それにあわせて、MOTOBOT君も1号から2号へ進化!

ひだりがMOTOBOT君1号、みぎがMOTOBOT君2号です。

ひだりがMOTOBOT君1号、みぎがMOTOBOT君2号です。
実物にあわせて、2号はヘルメット。。。じゃなくて頭のスクリーンがミラーに、そして肩から背中にかけてがキラキラしています。

そして新たに、到着BOT君(みぎ)が爆誕!

いえーい!




そして新たに、到着BOT君(みぎ)が爆誕!

到着BOTとはMOTOBOTが乗ったバイクを、

到着BOTとはMOTOBOTが乗ったバイクを、

このように、はさんでとめるロボットアームです。

このように、はさんでとめるロボットアームです。

到着BOT君も隙あらば、はさんでいきます。

到着BOT君も隙あらば、はさんでいきます。

そんなMOTOBOT君へ「エアフリーなタイヤの自転車に乗ってみない?」とお誘いいただいたので、東京モーターショーのブリヂストン様ブースへGO!




そんなMOTOBOT君へ「エアフリーなタイヤの自転車に乗ってみない?」とお誘いいただいたので、東京モーターショーのブリヂストン様ブースへGO!

さっそく乗ってみるMOTOBOT君(※今回は特別にブース内で乗車させていただきました)



乗り味は普通の自転車と変わらないようです!

すかさず、はさむぜ到着BOT君!

すかさず、はさむぜ到着BOT君!

すかさず、はさむぜ到着BOT君!

すかさず、はさむぜ到着BOT君!






ここで、エアフリーコンセプトのCMです








そうこうしているうちにも、ブリヂストン2輪モータースポーツのマネージャー山田宏氏とMOTOBOT君をはさむ到着BOT君。

そして、それを撮影するブリヂストンの広報様もはさみます。

そして、それを撮影するブリヂストンの広報様もはさみます。

ちゃっかり記念撮影にもまざる到着BOT君。」

ちゃっかり記念撮影にもまざる到着BOT君。

そうこうしていると、なんと!そこにトヨタ自動車の豊田章男社長が降臨!!

そうこうしていると、なんと!そこにトヨタ自動車の豊田章男社長が降臨!!

いただいたステッカーもはさむ到着BOT君。

いただいたステッカーもはさむ到着BOT君。

さらに壁面に展示されているタイヤをはさむ。

さらに壁面に展示されているタイヤをはさむ。

後ろのブリヂストン様受付の目線が冷たいのでこちらに助けを求める到着BOT君。

後ろのブリヂストン様受付の目線が冷たいのでこちらに助けを求める到着BOT君。

「顔のカタチ、丸出しじゃん~」と、頭パーツをつくってもらうことを決意した到着BOT君でした。。。

「顔のカタチ、丸出しじゃん~」
と、頭パーツをつくってもらうことを決意した到着BOT君でした。。。






お疲れさまでした。。。


到着BOT






到着BOT












夕日と到着BOT




<ブリヂストンBLOG(外部リンク)>
東京モーターショーで、ヤマハのMOTOBOT君がエアフリーの自転車にチャレンジ!
<番外編>MOTOBOT君が東京モーターショーでブリヂストンブースに来た本当の理由




<さらにエアフリーコンセプトを知りたい方はこちら(外部リンク)>
空気を使わずに荷重を支えるブリヂストン様のタイヤ技術:エアフリーコンセプトの紹介
ブリヂストン様の「東京モーターショー」紹介ページ




【関連リンク】
東京モーターショー2015にMOTOBOT君が舞い降りた。

ロッシがサーキットで"MOTOBOT君"と出会った

MOTOBOT公式サイト

第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機 特設WEBサイト

2017年11月4日
ページ
先頭へ