本文へ進みます

e-Bikeの歴史

e-Bikeとはどんな乗り物なのか?魅力や交通ルールに至るまで、基本中の基本を紹介

2018年は、各メーカーからe-Bikeが相次いで発売され、さまざまな形やモデルが充実し、「e-Bike元年」と言われています。盛り上がりを見せているe-Bike。どのような歴史があるのでしょうか。

e-Bikeのルーツとなる電動アシスト自転車の歴史は、25年以上前にまでさかのぼります。
1993年、ヤマハ発動機がモーターにより人力を補助する、電動アシスト自転車「PAS」を世界で初めて商品化しました。
その後、さまざまなタイプのモデル拡充やアシスト性能の進化で、幅広い層に地着しています。

世界初の電動アシスト自転車PAS
世界初の電動アシスト自転車PAS
現在の電動アシスト自転車PAS
現在の電動アシスト自転車PAS

2010年ごろから欧米諸国で“e-Bike”という形でブームになり、日本国内でも火がつき、現在の盛り上がりにつながったというわけです。
ヤマハは、2015年にロードタイプのYPJ-Rを発売し、2016年にはクロスタイプのYPJ-C、2018年には最大200km以上のアシスト走行が可能なYPJ-XC/ER/EC/TCの4モデルを発売しました。

2015年に発売された「YPJ-R」
2015年に発売された「YPJ-R」

「電動アシスト自転車」と「e-Bike」の違いはe-Bikeってなに?をご覧ください。

YPJシリーズラインナップ

ページ
先頭へ