本文へ進みます


55mph - XSR900 Authentic First photo session with Kyoko Ochiai

東京モーターサイクルショー2016で大きな注目を集めたヤマハカスタムの外装セット。ついにワイズギアより発売が決定した。

「東京モーターサイクルショー2016」のワイズギアブースで大きな注目を集めた初期型RZをモチーフにするXSR900用外装キット。その際はあくまで参考出品という位置づけだったが、ついに「オーセンティック・シリーズ」として製品化されることが決定した。

zoom

ラインナップされるのは初代RZ250の特徴的なグラフィックを忠実に再現したフューエルタンクカバーやサイドカバー、フロントフェンダーなど。もともとネオ・レトロをデザインコンセプトにするXSR900だけに、往年のGPレーサーにも通ずる赤と白のカラーリングは相性抜群。RZ250のスピリットが現代に蘇る。

東京モーターサイクルショーで注目を集めた
ヤマハカスタムの外装セットが、いよいよ販売決定!

XSR900のほか、MT-09、YZF-R25、MT-25といったモデルにも外装セットを展開。かつてサーキットを席巻したヤマハレーシングのグラフィックを各車のボディラインに合わせて再構築。まさに「オーセンティック」の名を冠するに相応しい仕上がりとなっている(詳細はワイズギアウェブサイト「オーセンティックシリーズ」をご覧ください)。

RZ250(4L3)

リッター当たり140馬力を誇る水冷2ストローク並列2気筒エンジンやダブルクレードルフレーム、モノクロスサスペンション、軽量キャストホイールなど、当時の最新技術を数多く採用し、ロードレーサーTZ250を思わせる精悍なスタイリングと相まって大人気となったモデル。 RZの登場により、排ガス規制によって4ストロークへの移行しつつあった市場のトレンドは一変、後の「レーサーレプリカ」ブームの先駆けとなった。1980年登場。

ページ
先頭へ