本文へ進みます

スパークプラグ

2014年11月16日

エンジンを動かすために非常に重要なパーツの一つがスパークプラグ。エンジンの中でキャブレターから送られてきた混合気に火花を散らして爆発させるという、エンジンにはなくてはならない仕事を行なっている。
 設置個所はもちろんエンジン。それもエンジンの一番上部にあることが多く、エンジンに突き刺さるように取り付けられている。原理は比較的簡単。送られてきた電気が電極と呼ばれる小さな隙間でカミナリのように飛び火(スパーク)すると混合気が爆発するという仕組みだ。

0065img.jpg
2014年11月16日
ページ
先頭へ