本文へ進みます

2015年のトリートはポップでスタイリッシュ

2014年12月5日

こんにちは。ヤマハ発動機販売“CV/コミュータービークル”担当の菊地です。昨日から続く2015年モデルのリリースブログのトリを務めるのは「アクシストリートXC125E」ということで山崎からバトンを受け取り、紹介したいと思います。

新色/ビビッドレッドメタリック5(レッド)
新色/ビビッドレッドメタリック5(レッド)

新色/ダークグレイッシュパープルメタリック1(パープル)
新色/ダークグレイッシュパープルメタリック1(パープル)

2015年モデルのアクシストリートには、レッドとパープルの2つの新色が加わりました。落ち着いたボディカラーが多かったトリートですが、若々しく鮮やかなカラーを追加しました。外装の面積が広いスクーターは、車体色が変わるだけでガラッとイメージが変わりますね。

2012年モデルから採用しているシート。
2012年モデルから採用しているシート。上面は通気性の良いメッシュ素材とすることで着座時の快適性を高めました。またスタイリッシュな赤ステッチも健在です。

定番の3カラーは引き続きラインナップします。

ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)

ニューパールホワイト(パールホワイト)
ニューパールホワイト(パールホワイト)

ブラックメタリックX(ブラック)
ブラックメタリックX(ブラック)

2009年7月にデビューした「アクシス トリート」は、始動性が良く燃費も環境性能にも優れたFIエンジン搭載の125cc スクーター。シート下の収納スペースが広く、ゆったりとしたポジションを採れることから、たくさんの方々に支持をいただいています。

2015年モデルは鮮やかな新色を加えたことで、さらに多くの方にご支持頂けるのではないかと自負しています!

【関連リンク】
アクシストリートXC125E」製品サイト


2014年12月5日
ページ
先頭へ