本文へ進みます

公道仕様車

公道走行が可能なグリーンスローモビリティ(GSM)をご紹介します。

お気に入りに追加

MENU

暮らしに、経済に。グリスロで地域の「ゆっくりがいいね!」を実現。

グリーンスローモビリティ、通称「グリスロ」「GSM」。電動で、時速20キロメートル未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上のモビリティのことです。自動車よりも運転が簡単で、狭い路地でも通行が可能。観光客の周遊や高齢者の移動手段として活用ができ、低炭素社会にふさわしい「新しい乗り物」として注目されています。

グリーンスローモビリティにはゴルフカートタイプとバスタイプの車両がありますが、中でもヤマハが提案するグリーンスローモビリティは、50年近い歴史があるヤマハゴルフカーの技術がベース。世界中で認められた、操作性・居住性・メンテナンス性を誇ります。

ヤマハが2014年からはじめた、全国での公道実証実験や本格導入への協力活動は、50を超え、あらゆる側面から検証されたそのパフォーマンスと利便性は今、グリーンスローモビリティとして活躍の場をさらに広げています。

* 公道走行が不要な場合は私有地向けの車両がございます。詳しくはこちらnew window よりご検討ください。

グリーンスローモビリティの
5つの特長

  • GreenCO2排出量が少ない電気自動車

  • Slowゆっくりなので、観光にぴったり

  • Safety速度制限で安全。高齢者も運転可

  • Small小型なので狭い道でも問題なし

  • Open窓がない開放感が乗って楽しい

GSMの詳細は以下のサイトをご覧ください。

ヤマハ グリーンスローモビリティの特徴

環境に優しい、電気自動車。
  • 環境性能に優れた、リチウムイオンバッテリー採用。
  • 軽量・コンパクトで長いバッテリー寿命。
エコロジー
低床構造で、全ての人に優しい乗り物。
  • お子様、お年寄り、脚の不自由な方…全ての人に安心・便利。
  • 最低地上高、11.5cm!〈ノンステップバス:約30cm〉
低床構造
狭い道でも運転・すれ違いが容易なコンパクト設計。
  • 車幅が狭く、細い道でも運行が可能〈全幅1.3m程度(軽自動車未満)〉
  • バスでは運行できなかったエリアに最適。
コンパクト
開放感のある快適な乗車空間を実現。
  • 車の中と外を感じさせないので、五感で自然が感じられる。
  • 乗車したまま車の中と外でのコミュニケーションが可能で会話も弾む。
開放的

グリーンスローモビリティの活躍の場

地方自治体を中心にグリーンスローモビリティへの要望が増加しています。

観光地

現状
  • 観光地での移動手段の不足
  • 高齢者の移動手段の不足

期待される効果

  • 観光資源を最大限活用できる交通手段
  • 高齢者が安心して楽しめる新交通

離島

現状
  • 観光地での移動手段の不足
  • 高齢者の移動手段の不足
  • 過疎化

期待される効果

  • 観光資源を最大限活用できる交通手段
  • 高齢者が安心して生活できる日常の足
  • 島民負担を軽減できる交通手段

旧・新興住宅地

現状
  • 高齢者の移動手段の不足
  • 過疎化

期待される効果

  • 高齢者が安心して生活できる日常の足
  • 若者・子育て世代が集まる街づくり

中山間地/地方都市

現状
  • 高齢者の移動手段の不足
  • 過疎化
  • 交通網衰退

期待される効果

  • 高齢者が安心して生活できる日常の足
  • 若者・子育て世代が集まる街づくり
  • 日常交通網の再構築

グリーンスローモビリティで地域経済を活性化

連動するSDGsの領域

地域経済
  • 地域雇用の創出
  • 観光資源の最大活用
  • 地域消費の拡大
4.質の高い教育をみんなに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
地球環境
  • 低炭素社会の実現
  • 環境に配慮した人材育成
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに 12.つくる責任 つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を
地域社会
  • 移動手段構築
  • 交通弱者支援
  • 多世代交流
  • 孤立防止
3.すべての人に健康と福祉を 11.住み続けられるまちづくりを 17.パートナーシップで目標を達成しよう

関連リンクnew window

ページ
先頭へ