本文へ進みます

YZF-R1の2014新グラフィック

2014年1月21日
こんにちは。ヤマハ発動機販売の山崎です。

本日、グラフィックを一新した「YZF-R1」の2014年モデルを発表しました。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
↑YZF-R1/ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)
↑YZF-R1/ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)


ブルーのカラーリングやグラフィックは、先日発表したばかりの、2014MotoGPを戦うMotoGPマシン「YZF-M1」とシンクロするデザイン。タンク上部やヘッドライト周りがホワイトベースとなり、今まで以上に軽快なイメージとなりました。

スピード感あふれるデザイン
↑フロントカウルセンターにデザインされたヤマハブルーの太いストライプがテールカウルにまで流れるスピード感あふれるデザインです


またホワイトは、ブラック×ホワイトのカラーリングを基調としながら、レッドピンストライプを差し色に使いながら、左右非対称のフロントグラフィックをデザインするなど、新しいスポーツスタイルを構築しました。

レッドラインで華やかさをプラス
↑ホワイトのカウルをブラックのエンジンやフレームが引き締め、レッドラインで華やかさをプラスします

左右で異なるフロントカウルのグラフィックデザイン
↑左右で異なるフロントカウルのグラフィックデザイン


いかがですか? 新グラフィックとともにMotoGPマシン「YZF-M1」の設計思想を反映したクロスプレーン型クランクシャフトエンジン(PDFが開きます)を是非体感してみてください。


【関連リンク】
「YZF-R1」製品サイト

【関連記事】
YRWブログ内「YZF-R1」検索一覧


2014年1月21日
ページ
先頭へ