本文へ進みます

2ストも4ストも進化した2015YZシリーズ

2014年6月9日
こんにちは。ヤマハ発動機販売の山崎です。

本日2015年モデルのオフロード競技車両/YZシリーズを発表しました。4ストロークエンジンを搭載する450&250はもちろん、今回は2ストロークエンジンを搭載する250&125&85も進化させました。では各モデルを見ていきましょう。

YZ450F
↑「YZ450F」/ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

まずは「YZ450F」。フューエルインジェクション(FI)のマッピング変更によりドライバビリティを向上、アクセル操作も軽くなりました。またエンジンのフレームを結ぶ、エンジン懸架ブラケットの材質と形状を変更、新グラフィックの採用のほか、ブラックリムとゴールドチェーンを採用しスポーティイメージを強調しました。

YZ250F
↑「YZ250F」/ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

つづいて昨年、前方ストレート吸気、FI、後傾シリンダー、新設計アルミ製バイラテラルビーム・フレーム、を採用した「YZ250F」。2015年モデルは新作ピストンを採用し排気バルブの表面処理変更。そしてFIのマップを変更しました。また前後タイヤを変更。外装グラフィックやブラックリムなどは、YZ450Fと同デザインとしました。

YZ250
↑「YZ250」/ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

YZ125
↑「YZ125」/ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

注目は2ストロークエンジンを搭載する「YZ250」「YZ125」です。新パーツを織り込んだフロントフォークに新作アンダーブラケットを組み合わせたフロントサスペンション周り、新デザインのリアフェンダーやシート、4ストロークYZマシンと同じゼッケンプレートやフロントフォーク、ワイドフットペグなど、戦闘力を高めるとともに4ストロークYZと共通の新スタイリングを採用しました。

YZシリーズ2015年モデルの予約受付期間は、6月6日から10月31日まで。発売日は8月29日(YZ85/YZ85LWは11月10日発売)となります。

本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて販売します。

またキッズ向けプレイバイク「PW50」も、2015年YZシリーズと共通イメージのグラフィックを採用しましたよ!

PW50
↑PW50/ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

【関連リンク】
「2015年モデルYZシリーズ」リリース

【関連記事】
YRWブログ内「レース(オフ)」検索一覧


2014年6月9日
ページ
先頭へ