本文へ進みます

「2014ニューモデル試乗会」インプレッション「BOLT」編

2014年6月10日
こんにちは、ヤマハ発動機販売の山崎です。

今年3月から5月にかけて全国7会場で開催しました「2014ヤマハニューモデル試乗会」。各会場とも大勢のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

BOLT

今回はこの試乗会で人気だったモデルの一台、「BOLT」に試乗していただいたお客様のインプレッションをご紹介しましょう。

豊橋市からご来場の男性
↑試乗会会場のラグーナ蒲郡からほど近い豊橋市からご来場の男性。
「アメリカンのような乗り味のバイクだとイメージしていましたが、実際に乗ってみると思ったよりもよく曲がるスポーツ性に驚きました。それでいて、ちゃんとクルーザーらしく脚付き性もいいし、ポジションも楽でいいですね。乗っている時に重さも感じないし、力がない人でも乗れると思いますよ」

「FZ1 FAZER」でお越しいただいた男性
↑愛車の「FZ1 FAZER」でお越しいただいた男性。
「もともとカウルが付いていない“ロードスター”っぽいバイクに興味があってBOLTを試乗しに来ました。エンジンが割りと静かでスムーズなのですが、低速からの立ち上がりではちゃんとエンジンの鼓動が感じられるのがいいですね。普段はFZ1 FAZERに乗っていてシートはもう少し高い方が好みなので、モーターサイクルショーで展示されていたカフェレーサールックにして乗るのもいいですね」

クルーザーに乗っていたという男性
↑昔アメリカンクルーザーに乗っていたという男性。
「今はバイクを持っていなくて、またそろそろバイクを買おうと思って試乗しに来ました。昔、クルーザーに乗っていたからやはり一番の目当てはBOLTです。独特のエンジンの振動もちゃんとあり、クルーザーとしてよく作りこんであると思います。また、400ccクラスのサイズで950㏄のエンジンのパワーがあるから、とてもよく走ると感じました」

岡崎市からお越しの男性
↑蒲郡市のお隣、岡崎市からお越しの男性。
「エンジンが低回転からトルクがあって扱いやすいのがいいと思います。またポジションも楽なので、街乗りからツーリングまでオールラウンドに使えそうですね。今まで950ccのVツインでこういうスポーツタイプのバイクがなかったから、私にはとても魅力的に映ります。特にボルトRスペックは、タンクのストライプやゴールドのリザーバータンク付リヤサスペンションなんかがカッコ良くて、愛車にするならコッチですね」


みなさん、コメントありがとうございました!

BOLTはヤマハクルーザー「スター」シリーズの新ラインアップとして、ボバースタイルと市街地走行の楽しさを持ち合わせた、新感覚のアーバンクルーザーです。街乗りに最適なコンパクトな車体サイズと、小気味いい走り、そして北米で人気のクルーザーのカテゴリーのひとつ“ボバー”感のあるスタイルが最大の特徴。950ccの60度Vツインは、クルーザーならではの豊かな鼓動を感じさせながらもスポーティな走りを実現します。

また、シンプルな車体はカスタムの素材としても最適です。その個性的な佇まいとスポーティな走りは、ぜひ、お近くの展示・試乗店で実際に触れて、乗って試してみてください!
※試乗の際は各ショップに必ず事前連絡をお願いいたします。


【関連リンク】
BOLT スペシャルサイト
BOLT 製品サイト
BOLT 展示・試乗店検索


2014年6月10日
ページ
先頭へ