本文へ進みます

「2014ニューモデル試乗会」インプレッション「MT-09」編

2014年6月24日
こんにちは、ヤマハ発動機販売の山崎です。

ヤマハのニューモデルに試乗できる「2014ヤマハニューモデル試乗会」。今年3月から5月にかけて、全国7会場で開催し、各会場とも大勢のお客様にご来場いただきました。

MT-09

今回はこの試乗会で大変人気だったモデル、「MT-09」に試乗したお客様の声を紹介しましょう。


「FZ-1」で静岡市からお越しいただいた男性
↑愛車の「FZ-1」で静岡市からお越しいただいた男性。
「下からのトルクのツキが良くて、出足がいいのが印象的でした。さらに、フロント周りが軽くていいですね。ハイペースで走るならFZ-1もいいですが、街中をのんびり流すのであれば、MT-09の方がモリモリとトルクがあって扱いやすいと思います」

三重県からご来場の男性
↑伊勢湾の反対側、はるばる三重県からご来場の男性。
「トルクがあるから低速でも乗りやすかったですね。今乗っている4気筒のバイクはエンジンを回さないと走りませんが、MT-09は上まで回さなくても走れるのがいいと思いました。」

スーパーモタードテイストの外国製バイクにお乗りの男性
↑800ccスーパーモタードテイストの外国製バイクにお乗りの男性。
「MT-09は人間工学に基づいて作られている感じがして親しみやすいですね。しばらく日本製バイクにピンとくるモデルがなく、ずっとこういうのを出してくれないかと思っていました。もし、今乗っているバイクを買った時にMT-09が出ていたら、かなり迷ったと思いますよ」

スーパーモタードのレースをやっていたという男性と奥様
↑スーパーモタードのレースをやっていたという男性と奥様。
「今は1000ccスーパースポーツに乗っているのですが、普段使いできて楽しそうだと期待して来ました。実際に乗ってみると、車体が軽いのと、アクセルのツキがすごく良くて、ハンドリングも軽い。デザインも大好きで、久々にグッとくるバイクです。また、昔スーパーモタードバイクに乗っていたのですが、MT-09にはスーパーモタードの楽しさもちゃんとありますね」

ちなみに奥様はバイクに乗らないそうですが、バレンティーノ・ロッシ選手のファンだそうです。

MT-09の発売日を心待ちにしているというご夫婦
↑なんとMT-09の国内発表の日に奥様のバイクとして「ディープオレンジメタリック8」を予約して、発売日を心待ちに(取材は発売前でした)しているというご夫婦。
「ヨーロッパでMT-09が発表された時から、久しぶりに面白そうなバイクが出たな、と思ったんです。日本で発売されるというので、すぐに予約しました。実際に乗ってみるととても軽いですね。取り回しも楽だし、思っていた通りで安心しました。今から納車がとても楽しみです」


みなさん、コメントありがとうございました!

MT-09は"クロスプレーン・コンセプト"のリニアな特性を持った3気筒846ccエンジンを搭載するスポーツバイク。乗り手の意思とシンクロする「意のままに操れる悦び」を表現する徹底的に軽量化された車体が特徴のモデルです。新開発の3気筒エンジンとネイキッドとスーパーモタードという異種交配造形による個性的なデザインが発表直後から話題となり、発売後も大人気となっています。

そんなMT-09の今までにないライディングフィールは、ぜひ、お近くのMT-09試乗・展示車店でお試しください。
※試乗の際は各ショップに必ず事前連絡をお願いいたします。


【関連リンク】
MT-09 スペシャルサイト
MT-09 製品サイト
MT-09 展示・試乗店検索


2014年6月24日
ページ
先頭へ