本文へ進みます

雨の中、MT-09、MT-07を存分に乗り比べ 8/2(土)MT PREMIUM試乗会開催

2014年8月5日
こんにちは。ヤマハ発動機販売の山崎です。

8月20日の「MT-07」発売を前に、8月2日(土)大阪・舞洲スポーツアイランド 特設コースにて、「MT PREMIUM試乗会」を開催しました。

「MT PREMIUM試乗会」は、"スポーツパッション&スマート"をコンセプトに開発した「MT-07」の発売にあたって、先に発売した「MT-09」とあわせ、『MTワールド』に興味関心があるお客さまにガッツリ体験いただこうと、全国3会場で開催する試乗会です。

MT PREMIUM試乗会
↑『MT(Master of Torque)ワールド』とは、クロスプレーン・コンセプトに基づくトルクフルなエンジンと軽量・スリム・コンパクトなボディの融和が作りだす、楽しいモーターサイクルライディングのカテゴリーのことです

当日は接近する台風の影響で、あいにくの雨模様。にも関わらず関西を中心に中部、中国エリアから100人を超える方が来場くださいました。雨の中、バイクでお越しくださった方もかなりいらっしゃって、みなさんのMTシリーズに対する並々ならぬ期待の高さを実感させていただきました。ご試乗くださったみなさん、本当にありがとうございました!

会場には「MT-09」と「MT-07」のみ
↑会場には「MT-09」と「MT-07」のみ。先導車もMTシリーズで。ここまでの台数並ぶと壮観ですよね?それにしても今年、関西エリアのイベントはことごとく雨に泣かされています...

当日は、開発スタッフも駆けつけ、MTシリーズに込めた熱い想いを、自らの言葉で熱く語ってもらいました!

開発スタッフ

開発スタッフ
↑わざわざ雨の中お越しいただいたお客さまに、自分たちの熱い想いを少しでもお持ち帰りいただこうと、試乗の合間のお客さまとの会話にも自然と力が入ります

試乗は、各グループの持ち時間100分の中で、好きな時に2モデル各2回合計4回走行いただくスタイルとしました。特に今回は、雨天走行でしたので、「久しぶりの大型モデルだったけれど、クローズドコースで安心して走行できた」「走行1回目は路面に気を取られてマシンフィーリングを感じている余裕がありませんでしたが、2回目にはゆとりが出てモデルの特徴を感じられました」という方が少なくありませんでした。また「試乗の待ち時間が短く、続けて乗り比べることで2モデルの特徴の違いを明確に感じられた」という声も多く聞かれました。

雨天走行
↑「路面が濡れて悪条件の方が、モデルの特性が良く現れていい」とおっしゃるか方も

そして「MT-09」メインで参加した方は、「MT-07」が単なる排気量ダウンのモデルではなく、きちんと異なる作り込みが施されていることに感激し、「MT-07」目的で参加した方は、「MT-09」が意外に扱いやすい側面も持ち合わせていることを実感するなど、試乗するまでそれほど興味を持っていなかったモデルの良さを感じていただく機会にもなったようです。

大型免許を取得したという女性ライダー
↑MTシリーズのカッコ良さに魅了されて大型免許を取得したという女性ライダー。「身長152cmなので、MT-07は片足のつま先が付くくらいですが、乗り出してしまうと、曲がるのも、シフトアップもダウンも、今乗っているセローの延長線上のような感じでスムーズに安定して乗れました。あとはローダウンシートでどこまで足着きをよりよくできるかですね」

MT-09を大いに気に入ってくださいました
↑「またがった瞬間、あ、このバイク何でもできそう!と思わされました。久しぶりに欲しくなったバイクです。今すぐには乗りこなせないかもしれませんが、だからこそ5年、10年と長く愛用していけそうです。取り回しも軽くて言うことなし。質感もあって、コストパフォーマンスに優れていますね。あとは妻の了承を得るための根回しだけですね(笑)」とMT-09を大いに気に入ってくださいました。

20代男性
↑「MT-07は想像以上の面白さ!!MT-09の排気量が小さいモデルではなく、全く別のモデルとしてしっかりつくり込まれていました。270度クランクの2気筒エンジンは、2気筒好きにはたまらないフィーリングです。MT-07は、ちょっとした街乗りからツーリング、もしかしたらサーキット走行も面白いかもしれません」とは「MT-09」に興味を持って来場するも「MT-07」が想像以上に面白かったという20代男性。

VMAXオーナーのご主人
↑「Bモード走行だったから予想していたよりもハードではなかったし、普段トリッカーに乗っていることもあってか、ポジションもすんなり。重さも感じることなく、MT-09の方が楽しく乗れました」という奥様に「MT-07は、小さくて扱いやすいVMAXみたい。どこからでも加速して面白い」というVMAXオーナーのご主人。奥様がMT-09、ご主人がMT-07のMTカップル誕生も夢ではなさそうです

DS1100Cオーナーさん
↑「軽いバイクに興味があって申し込みました。MT-07はのんびり景色でも楽しみながら遠くまでツーリング行くのに良さそうですし、MT-09は走り自体を楽しむ感じですね。方向性が違うから、買い替えるならMT-07、増車ならMT-09と、悩ましいですね」とは年に2、3回は、キャンプツーリングを楽しんでいるというDS1100Cオーナーさん

Facebookでも試乗された方の声をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

MT PREMIUM試乗会 in 舞洲スポーツアイランド 第1グループのみなさんの模様

MT PREMIUM試乗会 in 舞洲スポーツアイランド 第2グループのみなさんの模様

MT PREMIUM試乗会 in 舞洲スポーツアイランド 第3グループのみなさんの模様

オリジナルグッズをプレゼント
↑試乗後アンケートにお答えくださった方には、オリジナルグッズをプレゼント

次回は8月23日(土)茨城県・筑波サーキットコース1000で開催します。こちらはすでに応募を締め切っておりますが、9月13日(土)に愛知・石野サーキットで行なう「MT PREMIUM試乗会」は、8月17日(日)23:59まで応募受付中です。

ちょっとでもMTシリーズに興味を持たれた方、"百聞は一見に如かず"です。
MTシリーズの試乗車店は8月20日に「MT-09」「MT-07」の各製品サイトに掲載予定ですので、もう少々お待ちください!


2014年8月5日
ページ
先頭へ