本文へ進みます

モデルチェンジした「シグナスX SR」

2015年10月22日

こんにちは。ヤマハ発動機販売“CV/コミュータービークル”担当の菊地です。本日、2016年モデルの原付2種スクーター「シグナスX SR」を発表しました。

“ダイナミック・シグナス-X”をコンセプトにモデルチェンジした新しいシグナスXは、外観・性能・操作系のすべてにわたってトータルのグレードアップを図りました。

「シグナスX SR」マットブラック2(マットブラック)※新色
「シグナスX SR」マットブラック2(マットブラック)※新色

「シグナスX SR」ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
「シグナスX SR」ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

「シグナスX SR」ビビッドレッドメタリック5(レッド)
「シグナスX SR」ビビッドレッドメタリック5(レッド)

「シグナスX SR」ホワイトメタリック1(ホワイト)
「シグナスX SR」ホワイトメタリック1(ホワイト)

「シグナスX SR」ブラックメタリックX(ブラック)
「シグナスX SR」ブラックメタリックX(ブラック)

エンジンは加速性能を向上させ、なおかつ燃費性能も高めました。車体は新作フレーム、新作フロントフォーク&リアアーム、新作5本スポークホイールなどを採用することで約4kgの軽量化に成功(現行モデル比)。このダイエットは、加速性能や燃費性能にも貢献しました。

新作のフロントフォークに、ウェイブタイプのフロントブレーキディスクを採用
↑新作のフロントフォークに、ウェイブタイプのフロントブレーキディスクを採用

新形状の5本スポークを採用した前後ホイール。
↑新形状の5本スポークを採用した前後ホイール。よりシャープなデザインになりました

新たに設計した吸排気のカムと吸排気系を組み合わせ、実用域のトルクを向上させるとともに実用燃費も改善しました
↑新たに設計した吸排気のカムと吸排気系を組み合わせ、実用域のトルクを向上させるとともに実用燃費も改善しました

またスタイルも一新しました。“クリーン・ダイナミック・テクノロジー”のコンセプトのもと、新リフレクター採用のヘッドライト、LED導光体併用ポジションランプなどを採用しテクノロジー感を強調。シャープなイメージに仕上げました。

より精悍になったフロントマスク
↑より精悍になったフロントマスク

テールライト周りのラインも、よりシャープになりました
↑テールライト周りのラインも、よりシャープになりました

このモデルチェンジでシグナスXは四代目となりました。通勤や通学で求められる走行性能や経済性、利便性を実現し、さらにはバイクを取り巻く環境の変化に対応。さらにはスタイリングを進化させてきたシグナスX。その最新モデルを、是非ご期待下さい。

【関連リンク】
「シグナスX SR」製品サイト


2015年10月22日
ページ
先頭へ