本文へ進みます


保証について

2015年11月16日

保証期間は新車登録または届出した日から2年間

期間内であっても、必要最低限の点検を怠ったり、不適当な取り扱いなどが起因して不具合が発生した場合など、保証修理の対象とならないこともありますので、ご注意ください。


  保証修理  
お買いあげいただきましたヤマハ車は、きびしい品質管理のもとに製造いたしておりますが、万一材料上または製造上の不具合が発生した場合には、無償で修復させていただきます。保証期間は、新車を登録または届出した日から2年間です。
(詳しくは保証書をご覧ください。)

下記の消耗品の交換は有償です。
・スパークプラグ ・ブレーキシュー ・ガスケット
・カーボンブラシ ・ブレーキパッド ・パッキン類
・ヒューズ ・エアクリーナエレメント ・タイヤ
・バルブ(電球)類 ・オイルフィルタ ・チューブ
・ドライブチェーン ・ドライブスプロケット
・ドリブンスプロケット ・クラッチフリクションプレート
・ゴム類 ・Vベルト ・フューエルストレーナ
など、これに類するもの

下記の油脂液類の補充、交換は有償です。
・エンジンオイル ・ギヤオイル 
・グリース ・その他潤滑油
・ガソリン ・ロングライフクーラント
・ブレーキ液 ・バッテリ液
など、これに類するもの

別扱いとなる保証修理
 タイヤ、チューブ、バッテリおよび弊社以外の者が取り付けた部品は、それぞれの部品メーカーの保証基準によって保証されます。
 したがって、他の部品の保証内容と異なっています。
これらの部品に不具合が発生した場合は、お買いあげのヤマハ販売店にご相談ください。

保証修理の受けかたは
 保証修理をお受けになる場合は、お買いあげいただいたヤマハ販売店へ、お車、メンテナンスノート、保証書、および保証登録票をお持ちいただき、保証修理をお申しつけください。これにより保証修理をいたします。
 ただし、お申しつけになる前に、保証書に記載してある内容(特に、保証できない事項)をよくお確かめください。


点検整備は怠りなく
 メンテナンスノートに記載してある各種点検は、安全・快適にご使用いただくための必要最小限の点検です。この点検を怠ったり、不適当な取り扱いなどが起因して不具合が発生した場合、また下記のことが守られていない場合は保証修理をいたしかねることがありますので、ご承知ください。

1. メーカーの取扱説明書などに示す取り扱い方法に従った正しい使用
2. 日常点検の実施
3. 法令およびメーカーの指定する点検整備の実施
4. メンテナンスノートに示す定期交換部品油脂液類の指示どおりの交換
5. メンテナンスノート(定期点検整備記録簿)の保持、ご提示
6. 違法改造車ではない

  リコールについて  

 リコールについてのお願い

・リコール
 リコールとは、車の構造・装置の不具合による事故を未然に防止することを目的とした制度です。
同一型式・一定範囲の車について、構造・装置・性能などが安全・公害防止の規定(保安基準)に適合しなくなるおそれがあると弊社が判断した場合に、国土交通省に届け出て、お車をご使用のお客様にご連絡し、無料で修理するものです。
 なお、保安基準に適合している場合でも、対応の必要性があると判断した場合には「改善対策」や「サービスキャンペーン」を行っております。

・改善対策
 改善対策とは、保安基準に適合している場合でも、メーカーが安全確保や公害防止の観点から必要と判断した場合に、ご使用のお客様へご連絡し、責任を持って無料で修理するものです。

・サービスキャンペーン
 サービスキャンペーンとは、商品品質改善などの観点から弊社が必要と判断した場合に、ご使用のお客様へご連絡し、責任を持って修理するものです。
 リコールなどを実施したときは、ご面倒をおかけしますが、ご協力くださいますようお願いいたします。

2015年11月16日
ページ
先頭へ