本文へ進みます

FJR1300AS/A&NMAX155 ニューカラー発表

2018年2月8日

こんにちは、ヤマハ発動機販売 荒木です。
本日リリースされました「FJR1300AS/A」と「NMAX155」の2018年モデルを紹介します。
まずはスポーツツーリングモデルの最高峰「FJR1300AS/A」
AS、Aともに新色が追加されました。

新色はマットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)。

新色はマットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)。
マットブルーをベースカラーに採用したスポーティーで質感の高いカラーリングになっています。

ダークグレーメタリックN(ダークグレー)は継続カラーとなります。

ダークグレーメタリックN(ダークグレー)は継続カラーとなります。

ダークグレーメタリックN(ダークグレー)は継続カラーとなります。

2018年モデルFJR1300AS/Aの発売日は2月20日予定となっています。

FJR1300AS/Aの製品ページ

リリースはこちら
ヤマハ"スポーツツーリング"最高峰モデルとしての存在感を演出 スポーツツアラー「FJR1300AS/A」のカラーリングを変更

FJR1300ASは電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などヤマハの最新技術が満載です。ASのみに採用されている「YCC-S(ヤマハ電子制御シフト)」はクラッチ操作なしにボタンあるいはシフトペダルを操作するだけでシフトすることが出来、減速時は車体の状態を各センサーが検知し自動的にシフトダウンします。さらに停止間際になると1速までシフトダウンしてくれて、再スタート時に1速に入れなおすことなくスムーズに発進出来ます。

お次はNMAX155の紹介です。

お次はNMAX155の紹介です。
先日は125ccスクーターNMAXの2018年モデルを発表しましたが、こちらは高速道路も走行できるNMAX155の2018年モデルです。

155ccで高速道路を走れるメリットは長距離走行というよりは、都市部などの移動でちょっとだけ高速に乗って近道するという使い方にあるかな~と個人的には思います。
もちろんツーリングに出かけることもできますよ!

2018年モデルでは新色が2色追加され、計3色設定になっています。

新色1色目は新しいNMAX125と同じカラーリングでメタリックなブルーが鮮やかなビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)

新色1色目は新しいNMAX125と同じカラーリングでメタリックなブルーが鮮やかなビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)

新色2色目はマットブラックをベースにゴールドホイールとゴールドエンブレムを採用したマットブラック2(マットブラック)。ミッドナイトスペシャルを連想させますね。

新色2色目はマットブラックをベースにゴールドホイールとゴールドエンブレムを採用したマットブラック2(マットブラック)。ミッドナイトスペシャルを連想させますね。

155ccもホワイトメタリック6は継続販売です。

155ccもホワイトメタリック6は継続販売です。

155ccもホワイトメタリック6は継続販売です。

155ccもホワイトメタリック6は継続販売です。
2018年モデル NMAX155の発売日は3月20日の予定です。

NMAX155製品ページ

リリースはこちら
マットブラックとゴールドホイールの組み合わせなど 高級感をさらに強調 155cm3スクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更


2018年2月8日
ページ
先頭へ