本文へ進みます

2018年モデル MT-09 SP & MT-09発表

2018年2月27日


こんにちは、ヤマハ発動機販売 本間です。
本日リリースされました「MT-09 SP ABS」と「MT-09 ABS」の2018年モデルを紹介します。
まずは、なんといってもMT-09 SPでしょう。
MT-10同様にMT-09にもスペシャル仕様が登場しました。

それではMT-09 のスポーツ性を最大限に引き出す数々のSP専用装備を紹介していきます。

それではMT-09 のスポーツ性を最大限に引き出す数々のSP専用装備を紹介していきます。

それではMT-09 のスポーツ性を最大限に引き出す数々のSP専用装備を紹介していきます。

オーリンズ製リアサスペンション

オーリンズ製リアサスペンション
スプリングプリロードにはリモートアジャスターを装備し、特別な工具を使わず、容易に素早く変更が可能です。
減衰力も伸側・圧側ともに細かく調整でき、好みに合わせた柔軟なセッティングを可能としています。

SP専用KYB製フロントサスペンション

SP専用KYB製フロントサスペンション
左右両側で伸側と圧側の減衰力調整が可能で、より細かなセッティングを実現。
圧側の減衰力は「高速」と「低速」の両方が調整可能となっており、路面の追従性に貢献し、ライダーや路面状況に応じた自在なサスセッティングを可能としています。
また、フォークトップには「MT-09 SP」の刻印を施し、走りへのこだわりをさり気なく演出しています。

SP専用ネガポジ反転マルチファンクションメーター

SP専用ネガポジ反転マルチファンクションメーター
黒字盤面に白文字が浮かびあがる、ネガポジ反転の液晶使用し、よりシリアスな印象を演出した専用LCDメーターパネルです。

SP専用塗り分けタンク塗装

SP専用塗り分けタンク塗装
MTシリーズ最上位モデルの「MT-10 SP」同様のツートンカラーを採用しプレミアム感を強調しています。なお、このシルバーは独特の"照り"が特徴のキメ細かいメタリックで、手塗り仕上げによって美しいコントラストを表現しています。

SP専用ダブルステッチシート

SP専用ダブルステッチシート
シートも、クッション形状を作り込むことで、発進から制動時まで様々な状況で優れたフィット性を実現。また、上質なシート表皮とブルーのダブルステッチがスポーティイメージを醸し出しています。

SP専用リムグラフィック(前後)

SP専用リムグラフィック(前後)
ホイールには、ブルーリムに映える「MT-09 SP」の専用グラフィックを配置するなど、細部に至るまでこだわった仕上げを施しています。

詳しくは製品ページをご覧ください。
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-09/


そして2018年モデルの「MT-09 ABS」は2色がニューカラーとなりました。

1色目はヤマハではおなじみのディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

1色目はヤマハではおなじみのディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
色名変わっていませんが、ブラックの割合を多くすることにより、シリアスな印象をより強調しました。

2色目のマットグレーメタリック3 (マットグレー)は前モデルのグレー部分がマットになり、イエロー部分も多くなり、より精悍な印象に変わっています。

2色目のマットグレーメタリック3 (マットグレー)は前モデルのグレー部分がマットになり、イエロー部分も多くなり、より精悍な印象に変わっています。

マットダークグレーメタリック6 (マットダークグレー)は2017年からの継続カラーとなります。

マットダークグレーメタリック6 (マットダークグレー)は2017年からの継続カラーとなります。

これらのNEWモデルの実車をおそらくいち早く見られるのはモーターサイクルショーではないでしょうか?
こちら
ではモーターサイクルショーのチケットプレゼントもやっていますのでご応募お待ちしております。
※ 〆切りは3/6(火)までです。

またMT-09といえば静岡県掛川市にある二輪免許教習所「テクニカルセンター」では、なんと大型教習車両としてMT-09が配備されています。興味ある方はチェックしてみてください。




2018年2月27日
ページ
先頭へ