本文へ進みます

父の新たな一面が...?バイクに出会って、本当の父を知った。~ヤマハ親子バイク教室サーキットコース編~

2018年4月14日

お父さん

私のお父さんは寡黙だ。あまり声をあげて怒ったこともなければ、家では仕事の話も一切したこともない。休みの日はテレビを前にごーろごろ。

だから、普段何を考えているのかさっぱり分からない。でも、そんなお父さんが一変する日を迎えようとは、知るよしもなかった...

<父の変化は突然に...>

私、まりこ。この春から小学4年生。
よく晴れたある日、家族みんなでデイトナへ出かけた。目的は、ずっと楽しみにしていた「ヤマハ親子バイク教室」だ。今回私が受けたのはサーキットコース(中級)

サーキットコース

3ヶ月ほど前、お父さんと一緒にトライコースに参加したけれど、今回のサーキットコースは親も一緒に走行できるみたい。予約は先着順だから、スマホから予約してくれた。

受付で装具一式をもらい、装着

装着

親乗車の場合も大人用装具を全て貸してもらえるから、手ぶらで参加できるのが楽ちんだね♪

大人用装具

今日のためにお父さんがおそろいのブルゾンを買ってくれたから、着てきちゃった。バイクに乗るなら安全上、長袖長ズボンが基本だけれど、こんな風におしゃれが楽しめちゃうのもいいな♪

<まずはトライコースの復習から>

トライコース

サーキットコースでは、トライコースで習った基本操作や発進・停止の復習から始まるよ

基本操作

にらめっこする瞬間、こんなにまじまじとお父さんの顔を見たことがないから、思わず笑っちゃう^^

にらめっこ]

次は、サーキットコースの目玉「親子走行」へ。

親子走行

親子走行は普通二輪以上の免許(小型限定およびAT限定は除く)を持っている方が対象みたい。でも、もし免許を持っていない場合でも、インストラクターが一緒に走行してくれるよ◎

インストラクター

親乗車を希望するお父さん、お母さんでも「自分が普段乗り慣れていないバイクに乗るのは不安」「最近あまりバイクに乗っていないなあ」なんて方もいるのでは。

親乗車

そんな方にもインストラクターが基本操作を教えてくれるから安心だね♪

基本操作

そういえば、お父さんの姿が見えないな、どこにいるのかな??
...そう、目の前に現れたのは、いつもと違うお父さん...!!

お父さん

あれって私のお父さん?!バイクに乗っていると、なんだかキリッとしていてかっこいい!!

かっこいい

お父さんは普段寡黙で何を考えているのか分からないから、「どうしてお母さんはお父さんと結婚したのかな?」ずっと疑問に思っていたけれど、お母さんはこういう姿に惹かれたのか(・・)!

次は課題走行にチャレンジ!

課題走行

サーキットコースの課題は、「一本橋」や

一本橋

「スラローム」

スラローム

みんな発進前の右後方確認もばっちり◎スイスイこなしていくよ

右後方確認

ついに私の順番が回って来た。ドキドキ...上手くできるかな??不安で怖くなってしまったそんな時...

ドキドキ

「フレーッ!フレーッ!まーりーこッ!頑張れ頑張れまーりーこッ!! 大丈夫だぞ!下を見るんじゃなくて、行きたい方向を見るんだよ」

お父さん

「...お父さん!!」

お父さん

始めはすごく怖かったけど、お父さんが応援してくれたのが心強くて、嬉しくて、おかげで課題をクリアすることが出来た。お父さん、応援してくれてありがとう。

応援してくれてありがとう

インストラクターの先生も1人1人の走行をチェックしてアドバイスをくれるの。上手に課題が出来た時はたくさん褒めてくれるから、すごく自信がついた。

アドバイス

お父さんと肩を並べて走るのは、ものすごく楽しくって

お父さんと肩を並べて走る

「お父さんはどうかな?」とチラっと横を見ると、今まで見たことのないとびっきりの笑顔で走っていた。

とびっきりの笑顔

休憩中は、交通安全の紙芝居なんかもあった。そうそう、この休憩の交通安全指導にはコース別に種類があるみたいで...


交通安全の紙芝居

参加後にのぞいたサーキット上級コースでは

上級コース

『停止距離のデモ』を実施していた。これは、前輪ブレーキ、後輪ブレーキ、エンジンブレーキそれぞれを使った場合の停止距離を、目の前で鈴木インストラクターが見せてくれるみたい!

停止距離のデモ

「決まった地点でそれぞれのブレーキをかけた場合、どこで停止することができるかな?」みんなで自分の予想する場所に立ってみる

どこで停止することができるかな?

「キキィーッ!」前輪だけ、後輪だけでブレーキを使うと、同じ位置でブレーキをかけても停止距離は長くなってしまうみたい。でも、最後に前輪、後輪の両方を使ってブレーキをかけてみると...一番短く止まれた!「私も、バイクに乗る時は前輪、後輪両方のブレーキをしっかりと使って止まるようにしよう。」実際の停止距離を目の前で確認することができたから、とーってもためになったよ◎

<楽しかった1日が終わる>
お父さんと一緒に過ごした1日はものすごく楽しかった。

お父さんと一緒に過ごした1日はものすごく楽しかった

「お父さん、今日はいっぱいありがとう。」そう言うと、お父さんは照れくさそうに笑った。

―――私のお父さんは寡黙だ。あまり声をあげて怒ったこともなければ、家では仕事の話も一切したこともない。休みの日はテレビを前にごーろごろ。
でも、バイクに乗る時だけは 「世界で一番かっこいいお父さん」になるんだ。


おわり
<写真協力:ヤマハ発動機写真部:赤堀、狩野、木下> 

2018年4月14日
ページ
先頭へ