本文へ進みます

スポーツツーリングイメージを強調したNEWカラー!「TRACER900」シリーズ2020年モデル登場

2020年2月5日

こんにちは!ヤマハ発動機販売 本間です。
市街地からツーリングまで幅広い用途でスポーティかつ快適な走りを楽しめるTRACER900 GT ABS / TRACER900 ABSの2020年モデルを発表しました。

カラーリングに磨きをかけた2020年モデルの注目カラーをご紹介します!

まずは、上級モデルのTRACER900 GT ABSです。
▼NEWカラー マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
NEWカラー マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
マットダークグレーとレッドを組み合わせ、大人の落ち着きとスポーティさを表現しました。

2019年モデルと比較するとこんな感じです。
▼2020年モデル
2020年モデル

▼2019年モデル
2019年モデル

落ち着いたトーンで、上品さをぐっと感じさせてくれますね!


▼ブラックメタリックX(ブラック)と
ブラックメタリックX(ブラック)と
▼マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)は
マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)は
継続となります。

続いてはTRACER900 ABSです。
TRACER900 ABSは2カラーで、共に新しいカラーリングです!

▼NEWカラー マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
NEWカラー マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
このマットダークグレーは、TRACER900 GT ABSと基調色を共にしていますが、フロントサスペンションのアウター色はGTとは異なるブラック仕様で、こちらも大人っぽい印象に仕上げています。


続いて
▼NEWカラー マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
NEWカラー マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)

マットグレーは、海外仕様の2020年モデルYZF-R1とのリレーションを図っており、走りへの情熱を表現したブルーをあしらうことで上質なスポーツツーリングのイメージに磨きをかけています。

ところで...
「TRACER900 GT ABS」と「TRACER900 ABS」って何が違うの⁉と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

簡単に申し上げますと、「TRACER900 GT ABS」は、「TRACER900 ABS」をベースに、フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンションやクルーズコントロールシステム、クイック・シフト・システム(QSS)、グリップウォーマーなどを採用し、ツーリングの快適性を向上させた上級モデルです。

具体的には、「TRACER900 GT ABS」には≪GT専用≫として以下の6点が装備されています。
●フルアジャスタブル式倒立フロントサスペンション
●リモート操作可能なプリロード調整式リアショック
●クイック・シフト・システム(QSS)
●クルーズコントロールシステム
●グリップウォーマー
●フルカラーTFTマルチファンクションディスプレイ

高次元でのツーリングの快適性を備えた「TRACER900 GT ABS」。
高次元でのツーリングの快適性を備えた「TRACER900 GT ABS」。

走りへの情熱を表現したブルーをあしらったマットグレーを含む「TRACER900 ABS」。
走りへの情熱を表現したブルーをあしらったマットグレーを含む「TRACER900 ABS」。


みなさんはどちらに乗ってツーリングを楽しみますか?


"Two Sides of the Same Coin:Sports and Travel"をコンセプトに持つTRACER900シリーズ。
2020年モデルの発売日は2020年2月25日(火)です。

TRACER900製品ページ



2020年2月5日
ページ
先頭へ