本文へ進みます

バイクライフを安心して楽しんでいただきたいの想いからお客さまお一人おひとりにあわせた接客が妙味のYSP伏見

2021年11月15日

みなさん、こんにちは。ヤマハ発動機販売・岡本です。

YSP伏見

ヤマハを愛するすべての方に「最高のブランド体験」をお約束するヤマハスポーツバイク専門店「YSP」。今回は、バイクライフを安心して楽しんでいただくために、お客さまにとって何がベストであるかを常に考えた応対をされているYSP伏見さんをご紹介します!
※126cc以上のオートバイ

【外観】

YSP伏見さんは、交通量の多い京都外環状線・宇治街道沿いに面しています

YSP伏見さんは、交通量の多い京都外環状線・宇治街道沿いに面しています。

店舗の西側に駐車場を完備しているので、車でのご来店も便利です

店舗の西側に駐車場を完備しているので、車でのご来店も便利です。

京阪宇治線・桃山南口より徒歩約7分、JR奈良線・桃山駅からも徒歩約10分と電車で

京阪宇治線・桃山南口より徒歩約7分、JR奈良線・桃山駅からも徒歩約10分と電車でのアクセスも良好ですよ。


【ショールーム】

点検・整備が終わるのを待たれていました

店内に入ると、平日の午前中にも関わらず、たくさんのお客さまが、点検・整備が終わるのを待たれていました。

朝一、オープンしてから11時ぐらいまでは、

「朝一、オープンしてから11時ぐらいまでは、平日でも割と混みますね。土日はお昼くらいまで結構ごった返しています(笑)。

できれば予約をお願いしていますが、基本、予約なしで点検整備を受け付けています。お客さまのご都合に合わせて、自由にご来店いただき、その時の状況を説明した上で、順番に応対しています。」と営業部長を務められている湯浅 敏彰さん。

「TRACER 900」

サンルームのように陽射しが降り注ぐ、三角形に張り出しているスペースには、「TRACER 900」と

Ténéré700

「Ténéré700」が並び、長距離ツーリングに出かけたくなる雰囲気です。

湯浅営業部長談

湯浅営業部長談:
「京都のお客さまは、"このモデルを買う!"と決め打ちで来店される方が少ないように思います。だいたいこんな感じのバイクが欲しいかな、と言うところからお話を始めさせていただいて、使い方や好みなど、時間をかけて丁寧に伺っていきます。」

お客さまお一人おひとりにあわせた最適なトーンと距離感で接客されるそうですが、湯浅さんの柔らかい口調に、ついつい色々お話してしまいそうです。

お客さまお一人おひとりにあわせた最適なトーンと距離感

サイドケースやローシートにエンジンガード、ラジエターガード、フォグライトをセットにしたTénéré700のカスタム提案モデル。アクセサリー類って、完成形をイメージするのが難しいので、提案モデルがあるとわかりやすくていいですね。

カウンター席からは、サービス工場の様子がよく見えます

カウンター席からは、サービス工場の様子がよく見えます。

メカニックのみなさんのテキパキとした作業風景は、見飽きることがありません

メカニックのみなさんのテキパキとした作業風景は、見飽きることがありません。

受付順に作業を待っていても、少しも苦にならないですね

受付順に作業を待っていても、少しも苦にならないですね。

USBポートやドライブレコーダーなど、人気の高いアクセサリーアイテムをはじめ

USBポートやドライブレコーダーなど、人気の高いアクセサリーアイテムをはじめ

ヘルメットやYAMALUBEケミカル類なども見やすく展示されています。

ヘルメットやYAMALUBEケミカル類なども見やすく展示されています。

これからの季節、欲しいですよね、グリップウォーマー。

これからの季節、欲しいですよね、グリップウォーマー。グリップの太さがスタンダードと変わらないこと、そしてとても暖かいことをデモ機で実感できるようになっていました。

案内に促されてズンズン2階へ。

案内に促されてズンズン2階へ。

2階は中古車展示スペース。

2階は中古車展示スペース。

展示車両が豊富でワクワクします。

展示車両が豊富でワクワクします。

1台ずつ丁寧に品質評価書が書き込まれていて、安心です。

1台ずつ丁寧に品質評価書が書き込まれていて、安心です。

2階のショールームにも、休憩スペースが用意されています。

2階のショールームにも、休憩スペースが用意されています。

気になるモデルをじっくり見ながら、ゆっくり検討できそうです。

気になるモデルをじっくり見ながら、ゆっくり検討できそうです。


【サービス工場】

サービス工場

バイクリフトが3台完備されたサービス工場。

バイクリフトが3台完備されたサービス工場。

湯浅営業部長談:
「YSPでは、新車3年保証や無制限ロードサービスなどの安心サポートメニューが充実しています。そうしたYSPならではのメリットや、点検整備が安心・安全のバイクライフにいかに欠かせないかをしっかりお話させていただくこともあって、遠方からバイクを購入くださったお客さまも、きちんと点検整備にお越しくださいますね。」

きちんと点検整備にお越しくださいますね。

湯浅営業部長談:
「今の時代にDM?と言わそうですが、当店では、ご購入いただいてから5年間、初回点検や定期点検のご案内をハガキでお送りしています。」

メールも便利ですが、ハガキという形あるもので案内が送られて来ると確かに忘れにくいですね。

メールも便利です

【YSP伏見スタッフの皆さん】

YSP伏見スタッフの皆さん
※撮影時のみマスクを外しております。
左から、サービスの中島 隆宏さん、中川雅徳さん、小牧 義和さん、営業担当の湯浅 敏彰さん、分校 裕治さん、高野 翔平さん。

22歳からベテランまで、サービスメカニックと営業スタッフそれぞれ3人ずつの好バランスです。

お話くださった営業部長の湯浅さん

お話くださった営業部長の湯浅さん。愛車はXT1200Z Super Ténéréです。

湯浅営業部長談:
「コロナが落ち着いたら、真っ先にやりたいのは、やっぱりツーリング企画です。以前は、月に1度は出かけていましたから、お客さまからの要望も多いんですよ。
行き先としては、片道200キロ圏内で、若手スタッフが色々企画してくれます。ここ1年ぐらいツーリングにずっと行けていないので、候補地はいろいろ溜め込んでいるはず。
最近、若いお客さまが増えていますが、ツーリングのお誘いに乗ってくださるのは、ベテランライダーさんが多いですね(笑)。」

ベテランライダーさんが多いですね

湯浅営業部長談:
「初心者の方向けというわけではありませんが、納車の際に運転に自信のない方には、ご自宅までバイクをお届けしています。知らない道を恐る恐る走って帰るよりも、お届けした先でちゃんとご説明し、ご自宅周辺のよく知った道でまず練習していただく方が安心ではないかとの考えからです。」

ご自宅周辺のよく知った道でまず練習していただく方が安心ではないかとの考えからです

湯浅営業部長談:
「でも最近は、お店までバイクを取りに来たいという方が増えています。Youtubeなどに納車時の動画がかなりの数上がっているので、そういうのを撮りたいのかもしれませんね。
お店で納車の場合でも、運転に自信のない方には、空いている駐車場を利用し、アドバイスしてから引き渡ししています。」

アドバイスしてから引き渡ししています

「特別なことは何もしていませんよ」と終始謙遜されていましたが、掃除が行き届いた店内に、車両はもちろん、アクセサリーやケミカル類もきちんと展示され、予約なしに点検整備を受け付けるなど、なによりお客さまにとって何がベストであるかを常に考えた応対をされているYSP伏見さん。気負わずに長くお付き合いできるショップとして、幅広いお客さまにぜひお勧めしたいと思いました。


YSP伏見

YSP伏見

リニューアルオープン:2021年7月1日(木)
京都市伏見区桃山町伊賀79-1
TEL: 075-622-3663
営業時間:10:00~19:30
休業日:毎週水曜日・第2・第3木曜日
ホームページ: https://www.ysp-fushimi.com/

※2021年11月時点の情報です

関連リンク
・YSP(専門店)のブログ記事

・YSP(専門店)

・ヤマハスポーツバイク専門店「YSP」リニューアルについて

2021年11月15日
ページ
先頭へ