本文へ進みます

いろいろなマリンライフの歓び

非日常をくつろぐクルージング、アクティブに楽しむマリンスポーツなど幅広いマリンライフをご紹介します。

ライフスタイルを豊かにする多彩なマリンライフ

マリンライフとは幅広い言葉です。1艇のボートを中心にいろんな楽しみの世界が広がっていきます。海という大自然に抱かれた心地いい時間、家族や仲間たちとの絆、そして何より、自分を豊かにしてくれる歓びがそこにあります。

非日常を楽しむクルージング

海からしかアプローチできないプライベートな入り江に停泊して、非日常を感じながらリラックスした時間を過ごす歓び

非日常を楽しむクルージング

舫いを解いた瞬間、非日常の世界が始まります。静かな入り江にボートを浮かべてのんびり過ごす贅沢な時間。
都会の喧騒や時間に追われる日常を忘れ、心地よい潮風を受けながら読みかけの本を手にリラックスした時間が流れる。自分たちの時間と空間を守れることがボートの大きな魅力。気が向いたらそのまま夜更けまで語り合い、そして海鳥の鳴き声で目覚める朝。
ボートがあるからこそ楽しめるプライベートな非日常の世界、この上ない気分に満たされる週末を楽しみたい。

アクティブにマリンポーツ三昧

スプレーを浴び、弾けるように動き回る。アクティブなマリンスポーツこそ海の遊びの代名詞。そこには海でしか味わえない歓喜がある。

アクティブにマリンポーツ三昧

ウェイクボーディングやウォータースキーといったトーイングスポーツ、そして異次元のドライビングパフォーマンスで海を疾走するマリンジェットなど、アクティブなジェネレーションを刺激する人気のマリンスポーツ。安全に対する基本的な知識を身につけてパフォーマンスに挑戦しよう!スプレーを浴びながら海の上を駆ける爽快感は、陸上では感じることのできない歓喜の世界。
あなたのチャレンジスピリッツが、海の面白さを広げてくれます。

釣って食べるボートフィッシング

自分で釣った魚を自分で料理する贅沢な歓び。海という大自然を敬愛しつつ、その恩恵をいただく。まさに至福の楽しみ。

釣って食べるボートフィッシング

陸からではなく、ボートフィッシングは自らボートを操船してポイントへダイレクトにアプローチできます。海を知り、そして船の挙動を熟知して魚と対峙する。ポイントを探り、狙ったターゲットを釣り上げた時の歓びは、まさに狩猟の本能が騒ぐ瞬間。そして何より、その自分で釣った魚を自分で料理し、家族や仲間たちといただく趣味の極み。
日本近海は豊穣の海、多種多様な魚を季節ごとに狙える豊かさを持っています。
やればやるほど夢中になっていく奥の深さに魅了される。それがボートフィシング。

グランピング&アウトドア

無人島にボートを着けてゆったりとした時間を楽しんだり、ちょっとモダンなバーべキューを演出。ボーティングは究極のアウトドア。

グランピング&アウトドア

周りに何もない海の上、ボートのなかにあるものだけですべてを完結させなければいけないボーティングは究極のアウトドアと言われています。でも、ちょっとおしゃれをして、グランピングやモダンバーベキューを演出できるのもボーティングの楽しさのひとつ。
波の静かな無人島の砂浜に上陸して、海を眺めながら釣ってきたばかりの魚を調理する。
ボートでしか行けないフィールドで、ボートでしか楽しめないちょっと贅沢なアウトドア。
海という自然をどう楽しむか、それは貴方のアイディア次第。

港巡りグルメクルーズ

新鮮な海の幸を求めて港を巡るクルージング。どこの漁港でどんな魚と出会えるか、小さな港町で発見と感動のグルメクルーズ。

港巡りグルメクルーズ

ボーティングの楽しみの一つにボートで美味しい海の幸を食べに行くグルメクルーズがあります。
時には足を伸ばして行ったことのない港を訪れてみる。そこにはきっと感動する新鮮な海の幸との出会いがあるはず。
ベテランの船長ほど、どこの港でどんな魚が食べられるか、そんな美味しい情報を知っているといいます。普段観光では訪れることのない小さな港町や船でしか行けない離島の漁港、そこでしか味わうことのできない土地の味がある。のんびり海を楽しみなら家族や仲間と出掛けるからこそ楽しい、クルーズ&グルメ。

船上パーティ&ナイトクルーズ

サンセットからトワイライトへ移りゆく時間。ドラマティックな夜景を眺めながら大切な人とかけがえのない時間を過ごす、アーバンナイトクルーズ。

船上パーティ&ナイトクルーズ

確かに夜景を眺めるナイトクルーズのフィールドは限られるかも知れません。それでもサンセットクルーズなら、スキルと知識が上達することで楽しめるようになるはずです。
海の上から花火を眺める、トワイライトの夜景を大切な人と共有する歓び。
それもスキルアップしたボートオーナーに与えられる、特別なボートライフなのです。

ページ
先頭へ