本文へ進みます

テクノロジー:DFR-33

積み上げてきた実績と継承してきた経験値により到達した技術をご紹介します。

MENU

01船型デザイン

乗り心地や風流れ抑止性能に効果を発揮するW.T.B.(ウェーブ・スラスター・ブレード)を採用。
形状を33フィートの船体に最適化させることで直進および、旋回時における素直な操縦性を実現しました。
オールニュー設計の船型は、船首部の波の打ち込み角を徹底的に分析し、最適な入水角を実現。波あたりのショックを和らげ、優れた乗り心地を実現しています。
また、広い面積を確保したチャインは、スターン側ではフラットな角度、バウにいくほど角度をつけリバースチャインの形状としました。
これにより、バウ側では航走時に発生するスプレーを下方に落とす役割を果たし、スターン側ではチャイン本来の目的である静止安定性を高めるという2つの性能を両立しました。
また、船首付近の船側面角度を鈍角にすることで飛沫が舞い上がるエネルギーを相殺、スクエアバウの形状を活かしたワイドフレアと併せ、優れたドライネス性能を発揮、快適な走行感覚を味わうことができます。

※艇長の違いにより各波長での縦衝撃度合いが変わります。

02風流れ抑止性能

遠くから見ても一目でわかる低くシャープなフォルムは、デザイン性だけでなく低重心化にも貢献し、深く切れ込んだW.T.B.(ウェーブ・スラスター・ブレード)との組み合わせで、ひとクラス上のキャビン付きクルーザーと同等以上の居住性を確保しながら、優れた風流れ抑止性能を実現しました。
流し釣りでのボートの保針が容易でポイント補正も最小限の操作で行えます。
また、オプションのローマストスパンカーと組み合わせることで、風流れ抑止効果は一段と向上します。また、ワイドチャインにより静止安定性を向上。船体の横揺れを最小限に抑制することで安心してキャスティングや流し釣りに集中することができます。

優れた風流れ抑止性能とは: 風に流されにくく船首が風下を向きにくい=ポイントに戻りやすい

DFR-33(イラスト:A)は今までの同クラスのインボード艇(イラスト:B)と比較して、船首が風に流されにくく、風下を向きにくいため、ボートの向きやポイントの補正が最小限で済むことになります。加えて、スパンカーを使用(イラスト:C)すれば、ほぼ船首を振られることなく流されるため、シフト操作のみでポイントに戻ることができます。

03メインキャビンは余裕のレイアウト

DFR-33では、「陸に戻った時の疲労感」の低減を目指し、船型による乗り心地の向上はもちろん、居住性も重視しました。キャビン内での時間をいかに快適に過ごせるかが、釣行全体の満足感に大きく影響します。こだわったポイントは4つ。

  • 乗船者同士、適度な距離感がある
  • 楽な体勢で座れる
  • 船内移動時に体を保持できる
  • 開放的な視界

キャビンはドライバーを含め4名前後が前向きで座れるレイアウト、乗船者同士がゆとりある距離感を持って座れる空間としました。
また、航走時のホールド性を考慮し、ドライバーズシートとナビシートにバケットタイプを採用、ナビシート前方のステップは微妙に幅広にすることで、足元から身体を保持することができます。
さらに船内での移動を考慮し、最適な位置にハンドレールを配置、揺れる船内での移動をサポートします。
広い面積のサイドウィンドウとピラーレスとしたフロントウィンドウが広い視界を確保。
また、オーバーヘッドコンソールを配し、航海計器の機能的なレイアウトを可能にしています。
エアコン(OP)の吹き出し口も効率的に配置。
コックピット前方には、十分な広さを確保した独立タイプのトイレルームを配置し、ワンプッシュで自動排水できるハイグレードタイプの電動マリントイレを採用。
仮眠スペースとしては、バウバースに1人分、ベンチシートに1人分用意しています。
その他、天井をフラットにすることで天井ロッドラックも設置可能。サイドパネルやシートベース周辺に適切なスペースを設けることで、ちょっとした小物を収納することができるなど、アングラーに対する細かい配慮が行き届いています。

04釣りスペースを重視したデッキレイアウト

パスクエアバウの採用により、ひとクラス上のフィッシングスペースを確保。さまざまなフィッシングスタイルを考慮したデッキレイアウトとしました。
バウへと続くサイドレールは内傾斜させ、腰まであるバウレールとともに、アングラーの姿勢保持に貢献、キャスティングやジギングなど、激しいアクションを伴うフィッシングの際にも安心感をもたらします。
また、座った状態での釣行も考慮。
ブリッジ前部を座れる形状・高さにするとともに、バウデッキに釣り座を用意、タックルの準備やランディング時に便利です。
さらに、サイドデッキの通路幅もオープンガンネルの採用により390mmを確保しました。デッキ間の移動はもちろん、フィッシングスペースとしても活用できます。
フィッシングのメインステージとして十分な広さを備えたアフトデッキ。ガンネルは左右4人が身体を預けることができるスペースを設け、ブルワークを高く設定することで安心感を高めています。

ルアー交換時などに便利なバウ釣り座
両手でロッドワーク可能な内傾レール
ガンネルを太ももで受けて体をホールド

05手前船頭を実現した FSR

優れた風流れ抑止性能を持つDFR-33。標準装備のフィッシングサポートリモコン(FSR)を使用すれば、容易にポイントキープすることができます。FSRには、手動ではコントロールに手数を要するデリケートなシフトのオンとオフを時間管理するシステムが組込まれています。
従来、釣りながら、微速のシフト操作をしなければなりませんでしたが、FSR作動時は風速・潮流に合わせてレバーを目盛にセットしておくだけで、シフト操作の「ON」「OFF」を自動的に繰り返します。
これにより、煩わしいシフト操作から解放され、釣りに集中することができます。
さらに、オプションのコネクター差し替え式のハンディリモコンを装着すれば、バウデッキのフィッシングポジションでもFSRの操作や低速でのボート操船を可能にします。

アフトステーション(FSR機能付き)
ハンディリモコン(FSR機能付き)(工場オプション)
風流れを完全にキャンセルするものではありません。(ポイント自動キープ機能ではありません。)風・潮の強さが変 わったときには、レバー位置を調整する必要があります。
風向き、潮流、海象により舵・スパンカーの操作が必要です。
フィッシングサポートリモコンを使用しての流し釣り(ポイントキープ)を行うためには、スパンカーの装着が必要です。
フィッシングサポートリモコンのご使用に際しては、周囲の他艇等の障害物がないことを充分に確認のうえご使用ください。

06キーレスエントリーでスマートなエンジンスタート

「e-KeySystem」採用により、カードキーをイグニションパネルにかざした後、START/STOPボタンを押すだけで、エンジンの始動/停止が行えます。

07初採用のスーパーチャージドエンジン

高性能船体にマッチした高出力エンジンを搭載。ダイナミックな走行性能と、卓越のスピード性能、コモンレールエンジンによる黒煙を抑えた排気と低燃費を実現します。
高出力・低燃費はもちろん、不快な臭いの低減や、振動・騒音レベルを極限まで抑えることで、移動時のキャビン内での会話もスムーズにできるなど、快適な長距離釣行をサポートします。

ページ
先頭へ