本文へ進みます

テクノロジー:S-QUALO

積み上げてきた実績と継承してきた経験値により到達した技術をご紹介します。

MENU

Y.I.B.(ヤマハインテグレーテッドボディ)コンセプトによる左右分割のモールドは、ハルに彫刻的な表情を与えることを可能にしたと同時に、A.R.B.という新技術を生み出し、軽量化を実現させている。 また、ハルに刻まれたキャラクターラインは、形状剛性を増し強度を確保することに貢献。 その効果を最大限に引き出しながらも、一方では、よりプロポーションを美しく見せるために、サーフェースのラインを絶妙に抑制し、外観デザインの完成度を高めている。

01際立った安定性をもたらす「A.R.B.」

チャインに下向きの角度をつけ、船側にブレード形状を持つ独自のA.R.B.(アンチ・ローリング・ブレード)。 ヤマハ独自のボート開発システム「Y.P.D.S.」(YAMAHA Performance Development System)のシミュレーション技術と実艇によるチューニング技術を駆使し、1㎜、1°にこだわり抜いた成果が、停泊時の静止安定性だけでなく、波浪中の横安定性や、航走時の走行安定性も実現した。

02機能面での効果にも貢献する「スクエアバウ」

ニューアドバンスドデザインとして注目を集める「スクエアバウ」を採用したことで、今までのボートにはないエクステリア上の圧倒的な存在感を発揮。機能的には船首デッキエリアが大きく拡大したため、船首デッキ上でのロープワーク等の作業が安心して行える。また、バウフレアもそれに伴い拡大し、結果、抜群の波落とし効果が実現した。さらにキャビン内バウバースの見た目の広さ感の演出に貢献している。

03飛躍的な軽量化を実現「ストリンガー構造」

ヤマハの3D設計/型加工技術・構造解析技術を駆使し、船体強度を維持しながら軽量化を実現する「ストリンガー構造」を開発。横方向の骨を主体とするバルクヘッド構造と呼ばれる従来方式の構造に比べ、縦ロンジと呼ばれるストリンガーを主骨とし、FRP製とすることで、形状の自由度からの最適レイアウトにより船体の無駄な肉を排除。一方でストリンガーの一部に室内床機能を兼務させることで従来工法比約10~12%の軽量化を実現している。軽量化によるスピードへの貢献や、燃費の向上はもちろんのこと、部材の接着行程などを大幅に省略できることから環境有害物質(VOC)の発生を大幅に削減。さらに木材の使用も抑えることができるなど、環境への貢献にも効果を発揮する。

04揮発性有害物質の削減に寄与する「VARTM工法」

ガラス繊維を閉じた型の中に入れ、負圧を利用して樹脂を注入する成形方法「VARTM (Vacuum Assisted Resin Transfer Molding)」は、スチレンを主とした成形時の環境有害物質(VOC: 揮発性有機化合物)を従来に比べ約90%削減。樹脂に直接触れないため、作業環境の改善にも貢献する。S-QUALOでは、このVARTMをハードトップとトイレウォールに採用している。

05環境に配慮した低スチレンゲルコートを採用

FRPの表面仕上に使われるゲルコートは、環境に配慮。YAMAHA S-QUALOでは、一艇あたりのゲルコート全使用量のうち、90%以上にスチレンの含有量を10%抑えた低スチレンゲルコートを採用している。

06新次元の情報管理システム「コマンドリンク」

エンジンの状態、航走情報、故障診断、警報、点検メッセージなど、さまざまな情報を統合。従来よりも少ない数のメーターに、わかりやすく表示するためモニタリングが容易となる。

07クラス最軽量、環境にも配慮した最先端エンジン

ハイパワーとコンパクト性を両立させた最先端の4ストロークエンジン、F300Bを搭載。 「スリーブレスシリンダー」を世界で初めて船外機に採用した他、ボトムカウリングに軽快な樹脂素材を使用するなど徹底した軽量・コンパクト設計によりクラス最軽量を達成。卓越したスピード性能はもちろん、優れた燃費性能により環境にも配慮していることも大きな特長である。

当社調べによる(2010年4月現在)、225馬力~250馬力の4ストローク船外機との比較

精緻にコントロールするデジタルネットワークシステム

デジタルネットワークシステムを使った電子制御式スロットル及びシフトを採用。 このシステムは、デジタル通信技術(センサ・ECM・アクチュエータ)を使用することで、ケーブル摩擦抵抗をなくし、レバー操作荷重を軽くして更に操作の補正を容易に行うことができる。

ページ
先頭へ