本文へ進みます


OHC(オーバーヘッドカムシャフトの略)

2014年11月18日

オーバーヘッドカムシャフト(Over Head Camshaft)という方法で吸排気バルブ(弁)の開け閉めをするエンジンの形式のこと。
 4ストロークエンジンには混合気の入口と出口があり、それぞれにバルブと呼ばれる弁がついている。そのバルブの開くタイミングを決めているカムシャフトが、シリンダーの上側に配置されているので、オーバーヘッドカムシャフトという。
 エンジンが動いていれば、ピストンで生みだされた力が、クランク、カムチェーン(エンジンの中にあるチェーンのこと)を介してカムシャフトに伝えられる。当然、カムシャフトはそれによって回転することになるのだが、その際、カムの部分(でっぱり)がロッカーアーム(シーソーのような部品)を押し上げる。すると、シーソーと同じ原理で反対側につながっているバルブが下がる(弁が開く)。
 吸気側と排気側のバルブを、それぞれ独立した専用のカムシャフトで動かしているものは、カムシャフトが二本必要になるので、DOHC(Double Over Head Camshaft)と呼ばれる。

0106img.gif

2014年11月18日
ページ
先頭へ