本文へ進みます


オイルクーラー

2014年11月18日

エンジンオイルを冷やす装置。よく見かけるのはエンジン前面に配置された、細い金属板がジャバラのように何枚も重なっているパーツ。  オイルはエンジンからホースを通ってオイルクーラーに入り、金属製のジャバラの間を流れる。走行風が金属板の熱を奪い、オイルが冷やされる。冷やされたオイルは再びエンジンに戻っていく。  なぜオイルを冷やすのかというと、エンジンが熱に弱いからである。エンジンは高温状態が続くと本来の性能が発揮できなくなる「熱ダレ」という現象を起こす。こうなるといつものようにスロットルを開けても加速が悪くなり、最悪オーバーヒートすることも考えられる。それを防ぐために、オイルクーラーがエンジンの中を流れるオイルを冷やし、エンジン自体の温度を下げるのだ。とくに空冷エンジンの冷却に役立つが、標準装備されていないモデルもある。その場合は、フィンのみでエンジンを冷やしている。また水冷エンジンに追加して付ける場合もある。  エンジン冷却水を冷やすラジエターと構造は似ていて、外見も設置場所もかなり近い。

0108img.jpg

2014年11月18日
ページ
先頭へ