本文へ進みます


オイルキャッチタンク

2014年11月18日

その名の通り、オイルを一時的にためておくタンクのこと。  ピストンとシリンダーの隙間からクランクケース内へ流れ込んだ未燃焼の混合気や燃焼カスのことを"ブローバイガス"というが、現在は環境への配慮から、これを空気中へそのまま排出すると違法となるため、ブリーザーホースでエアクリーナーへ戻して、再び燃焼室へ送り込むことが義務づけられている。この時、ガス中に含まれるオイルや水分を取り除くためホースの途中に設けられるのがオイルキャッチタンクで、エアクリーナーの無いレース車両やカスタム車に多く見られる。  しかし、オイルキャッチタンクの本来の用途は、レース中にエンジンがブローした際、吹き出したオイルがコースを汚さないようにタンク内にオイルをためておくこと。この場合、エンジンのオイル量に見合ったタンク容量が必要となる。

2014年11月18日
ページ
先頭へ