本文へ進みます

SR400 イヤーブック 2012:製品アーカイブス

2015年4月10日
SR400 2012 イメージ

カタログカタログに掲載されたコンセプトコピーと表紙ビジュアル

日本の、スタンダードです。

変わり続ける中にあって、変わらないもの。
普遍、本質、オーソドックス。

1978年の誕生以来、「軽量・スリム・コンパクト」というオートバイの本質を追求し続けてきたSR。
空冷・4ストローク・SOHC・2バルブという、極めてシンプルなエンジン。
随所に美しく輝くクロームメッキパーツ、さらには何回もの工程を経て作られるスチールフェンダー。
そのすべてが、やがてティアドロップ型のタンクを中心とした、その味わい深く端正なフォルムへと収束する。
そこには、いわばオートバイの「元器」ともいえるスタイルが存在する。
そして、SRはこのスタイルを変える事なく、今に至るまで貫いてきた。

SRの代名詞ともいえる、キックスタートからすべては始まる。
ひとたび走り出した瞬間から全身を包む、高揚感。ビッグシングルならではの、歯切れよい鼓動館。
じっくりと、永い時間をかけて造られてきたモノだけが持つ、上質なテイスト。
それは幾世代にも渡りライダーの心を深く、静かに、豊かな響きとなって魅了し続けてきた。

さあ、今こそ。
この脈々と受け継がれてきた普遍のスタイルを、味わいを、変わらぬ価値を。
ぜひ、あなたにも体感して欲しい。

特長このイヤーモデルの特長

名称/機種コード SR400/3HTU
発売日 2012年1月30日
特長 2012年モデルは、SRの定番色として人気の「ヤマハブラック」と新採用「ニューパールホワイト」の2色 。継続色の「ヤマハブラック」は、新たにシルバーとグレーのストライプグラフィックを採用、シートには初採用となる白ステッチを織り込み、モノトーンの落着いた配色の中にもモダンさを取入れた。新色の「ニューパールホワイト」は、ダークシルバーとダークレッドのストライプグラフィックをあしらい、シートには座面がブラウンのツートンカラーを採用することでレトロ感を表現した。両色とも「SR400」らしい"伝統的"かつ"レトロモダン"な外観に仕上げた。

イヤーブック インデックス

2015年4月10日
ページ
先頭へ