本文へ進みます

女性ビギナー(24)がR25で公道デビューしてみた

2015年7月15日
突然ですが、はじめまして。社会人2年目のリサです。みなさん、バイクで初めて公道を走った日のこと、覚えてますか?

たいていバイクの免許取得後、バイク屋さんから自宅まで納車されたてのバイクにドキドキしながら乗って帰る、というケースが多いと思います。が、が、が、がぁぁぁ!
私の場合、なんと!ヤマハ発動機販売の社員さんに誘われて、つい先日、2年前に免許取得以来、初めて公道をYZF-R25で走りました!

SRに乗る大学時代の先輩に付き添ってもらい、ヤマハ社員さんに先導されて初めて公道デビュー。ヤバい!楽しかった!あ、でもこの写真の時は、不安だらけ、無我夢中で、記憶がすっ飛んでます......なぜなら出発直前にたちゴケしてしまったから...(; ̄ゝ ̄)トオイメ...
SRに乗る大学時代の先輩に付き添ってもらい、ヤマハ社員さんに先導されて初めて公道デビュー。ヤバい!楽しかった!あ、でもこの写真の時は、不安だらけ、無我夢中で、記憶がすっ飛んでます......なぜなら出発直前にたちゴケしてしまったから...(; ̄ゝ ̄)トオイメ...

実は、さかのぼること2月19日。「R25 モニターキャンペーン」当選のお知らせが、私の元へ舞い込んできました。バイク乗りの会社の先輩に「こんなのあるよ」と教えてもらったキャンペーン情報。まさか自分が当選するとは思わず、軽~い気持ちで申し込んだのです。

25歳以下の方を対象に、YZF-R25に実際に乗ってその感想や使い方などをSNSに発信するモニターキャンペーン。
↑25歳以下の方を対象に、YZF-R25に実際に乗ってその感想や使い方などをSNSに発信するモニターキャンペーン。当選したと分かった時には「YAMAHA R25 モニター当たりました!!!!嘘みたい!!!うおー♡」と大興奮でした......早速モニターさん同士でつながったりして

免許を取ったあと一度も乗っていなかったので、公道を走る怖さがあったものの、700人もの応募があった中でモニター20名に選ばれたことは、すごく嬉しかったし、当たって自分でもびっくりでした。安全第一で楽しもう!と、しばらく連絡を取っていなかった大学時代のバイク乗りの先輩たちに「ツーリングしましょう!」と誘うくらい浮き足立っていたのです。

ところが......。忘れもしない2月最後の土曜日。
免許を取ってから約1年半。バイクにまったく乗ってなかったのがたたったのか、運転できなさ過ぎて、モニター車引き渡しのバイク屋さんで、納車が見送られたのです......。(o ̄∇ ̄)o!!ガーン

さあ!いよいよ!R25を迎えに行ってきます!!
↑「さあ!いよいよ!R25を迎えに行ってきます!!」「とってもいい天気で最高だな!」「何色かな~~」とつぶやいた時がなくなってしまえばいい......。とにかく悔しくて情けなくて。当選にもれた方のことを考えると申し訳なくて。今まで、こんなにヘコんだことはないくらい、落胆したんです

バイク屋さんの方やヤマハの担当者はみなさん本当に優しくて、私のことを考えてくださいました。安全面を考えたら妥当な判断ですよね。残念だけど今回はしょうがないかぁ~、身長150.5cmの私には足着きも厳しかったし、と自分に言い聞かせていました。

それでも「もうバイク乗れないんだ......」と結構落ち込んでいた私。そんなある日、「ビギナーズ講習を受けてみませんか?」とヤマハの方が特別にチャンスをくれたのです。

ビギナーズ講習って恥ずかしいなと思いつつも、「R25は、少しでも多くの若い人や新しい人にバイクに乗って欲しいと思って作ったバイク。モニターに当選したのも何かの縁なので、これをきっかけにバイクに乗り始めたらいいですよ」とヤマハの人に背中を押され参加しました
↑ビギナーズ講習って恥ずかしいなと思いつつも、「R25は、少しでも多くの若い人や新しい人にバイクに乗って欲しいと思って作ったバイク。モニターに当選したのも何かの縁なので、これをきっかけにバイクに乗り始めたらいいですよ」とヤマハの人に背中を押され参加しました

教習所以来のバイクで、体中に力が入っているのが分かります。インストラクターの方(なんと70歳を超えているそうです)が並んで走りながら丁寧に指導してくれました
↑教習所以来のバイクで、体中に力が入っているのが分かります。インストラクターの方(なんと70歳を超えているそうです)が並んで走りながら丁寧に指導してくれました

講習が進むにつれ、バイクを操作する感覚がだんだん戻ってきます。
↑講習が進むにつれ、バイクを操作する感覚がだんだん戻ってきます。R25は、小柄な私にとっては少し足着きが厳しいものの、軽くて扱いやすくて、とっても楽しかったぁ!自分のバイクが欲しくてたまらなくなりました

結局、モニター期間が押し迫り、R25のモニターとしての参加は叶わなかったのですが、公道を走ったことがない私に「せっかくだから公道走ってみませんか?」とヤマハの方がツーリングに誘ってくれたのです。
願ってもない提案に二つ返事で答え、さすがに1人で行くには心もとなかったので、大学時代のバイク乗りの先輩を誘って、生まれて初めての公道走行、初めてのツーリングに参加しました。

3月のビギナーズ講習以来のバイク。とにかく生まれて初めての公道走行に気持ちが高ぶりますが、まずはバイク操作の再確認から
↑3月のビギナーズ講習以来のバイク。とにかく生まれて初めての公道走行に気持ちが高ぶりますが、まずはバイク操作の再確認から

初めての公道はやっぱり不安なので、プロテクターもつけました
↑初めての公道はやっぱり不安なので、プロテクターもつけました

一番の不安要素はブレーキング
↑一番の不安要素はブレーキング。どれくらいのスピードの時にどのくらいの力でブレーキを掛けたら適切に止まるのかがまだ分かりかねるので、序盤はスロットルをあまり開けられず、交通の流れに乗り切れませんでした。でも教習所のような狭い場所より、信号機のタイミングに合わせて停止する公道の方が走りやすいですね

うわっ!うわっ!都内某所から、ついに横浜まで、自分の運転するバイクで来ちゃいましたよ!信じられな~い!
↑うわっ!うわっ!都内某所から、ついに横浜まで、自分の運転するバイクで来ちゃいましたよ!信じられな~い!

あまりに夢中過ぎて、横浜までの道程が記憶に残っていない......
↑しかし、あまりに夢中過ぎて、横浜までの道程が記憶に残っていない......

せっかくなので、横浜到着の喜びを、先輩とヤマハの方も誘って、全身で表してみました!
↑せっかくなので、横浜到着の喜びを、先輩とヤマハの方も誘って、全身で表してみました!
*☆*――――――――――――――― やった ―――――――――――――――*☆*

ツーリング当日は、梅雨の合間の久しぶりの好天。気温がぐいぐい上がったこともあって、自分が思っている以上に疲れていたので、赤レンガ倉庫のザ・フラワー アパートメント カフェでランチ休憩
↑ツーリング当日は、梅雨の合間の久しぶりの好天。気温がぐいぐい上がったこともあって、自分が思っている以上に疲れていたので、赤レンガ倉庫のザ・フラワー アパートメント カフェでランチ休憩

R25モニターのみなさんがチャレンジしていた「スマートライディング」アプリ。自分の走り方が採点されちゃうんです(⌒_⌒; タラタラ
↑R25モニターのみなさんがチャレンジしていた「スマートライディング」アプリ。自分の走り方が採点されちゃうんです(⌒_⌒; タラタラ

車が大好きでドライブに良く出かけます
↑車が大好きでドライブに良く出かけます。車とバイクとでは同じ道を走っても大違い。外気に直接身をさらし、周囲との一体感のなか風を切って走り抜ける爽快感は言葉に言い表せない気持ちよさですね。特に、こんなに大きな橋はまるで天に向かって駆け上るような迫力で本当に感激でした!空が近いよぉ~

車は仲間みんなとわいわい乗って楽しむのに対し、バイクはアクセル開けて、シフトチェンジして、状況に応じてブレーキで速度をコントロールして......と、自分の意思を反映し操作する面白さが魅力かな
↑車は仲間みんなとわいわい乗って楽しむのに対し、バイクはアクセル開けて、シフトチェンジして、状況に応じてブレーキで速度をコントロールして......と、自分の意思を反映し操作する面白さが魅力かな

こまめに休憩を挟みます。乗り降りの時や発信・停止時など、バイクに慣れるまでは、足着きが一番重要ですね
↑こまめに休憩を挟みます。乗り降りの時や発信・停止時など、バイクに慣れるまでは、足着きが一番重要ですね

元々オールドルックなアメリカンバイクへの憧れからバイクの免許を取ったので、スポーツバイクに関心はゼロでした。
↑元々オールドルックなアメリカンバイクへの憧れからバイクの免許を取ったので、スポーツバイクに関心はゼロでした。でもR25モニターキャンペーンがきっかけとなり、フルカウルスポーツもカッコイイんだ!とバイクへの興味関心度が広がりました

自力では到達できないスピード域に、大きな乗物を自分の意志で操作するかっこよさなどなど、バイクの魅力は色々ありますが、とにかく「バイクって楽しい!!」の一言に尽きますね。
↑自力では到達できないスピード域に、大きな乗物を自分の意志で操作するかっこよさなどなど、バイクの魅力は色々ありますが、とにかく「バイクって楽しい!!」の一言に尽きますね。それとバイクがつなぐ縁にも感謝です。R25モニターは叶いませんでしたが、今にして思えば、本当に適切な判断でした。仮にモニターになっていても、当時の状況では怖くて結局乗りこなせなかったのではないかと思うのです

先輩やヤマハの方の心強いサポートのおかげで、往復で約50kmの一般公道を見事走破!!
↑先輩やヤマハの方の心強いサポートのおかげで、往復で約50kmの一般公道を見事走破!!こんなに長い時間と距離、バイクで走ったことがなかったので、めっちゃ疲れたけれど楽しかったぁぁ!バイクの免許を取った時には、社会人になって自分のお給料でいつの日かバイクを買おう!と漠然と思い描いていましたが、今回横浜までの往復を完走できたことで、「自分でも乗れるんだ!」という自信がついたし、ボーナスも出たので(笑)、「いつか」ではなく近いうちにMyバイクを入手したいですね

バイクでどこに行こう、何しようと色々思いめぐらしているだけでワクワクします。
↑バイクでどこに行こう、何しようと色々思いめぐらしているだけでワクワクします。地元・福岡にいつの日かバイクで帰省し、バイク乗りの友達と角島大橋あたりにツーリングに行きたいなぁと夢は広がるばかり。


モニター車両を乗りこなせないから「はい、さよなら」ではなく、それを契機に免許を取ってから時間があき、全然乗れなかった私にバイクの楽しさを体験する機会をいただけたこと、大変ありがたく思っています。とてもとても楽しい時間をR25と過ごすことができました!!!!感覚を忘れないうちにMyバイクを手に入れなければ......。Myバイクがやってくるまで、バイクさん、バイバイ。またね!

2015年7月15日
ページ
先頭へ