本文へ進みます

『彼カジ女子』向けカラーのVOXデラックスやBW'Sの2016年モデル

2016年1月21日

こんにちは。ヤマハ発動機販売の菊地です。本日、2016年モデルの「VOX Deluxe/ボックス・デラックス」「BW'S/ビーウィズ」を発表しました。

まずは「VOX」から紹介しましょう。

VOX/ブルーイッシュホワイトカクテル1(新色/ホワイト)

VOX/ブルーイッシュホワイトカクテル1(新色/ホワイト)

↑VOX/ブルーイッシュホワイトカクテル1(新色/ホワイト)

VOX/ダークグレーイッシュブルーメタリックA(新色/ブルー)

VOX/ダークグレーイッシュブルーメタリックA(新色/ブルー)

↑VOX/ダークグレーイッシュブルーメタリックA(新色/ブルー)

VOX/ダークイエローイッシュグレーメタリック1(ブロンズ)

↑VOX/ダークイエローイッシュグレーメタリック1(ブロンズ)

VOX/ブラックメタリックX(ブラック)

↑VOX/ブラックメタリックX(ブラック)


VOXの特徴はなんと言っても、ユニークなデザインとシート下スペースの広さです。低く長く構えた角張ったボディと、ファットタイヤ&ヘッドライトの丸みが絶妙にマッチしています。またシート下は約34リットルの大容量。縦長でさまざまなアイテムを収納することができます。また今回の新色2色、カジュアルなグラフィックで新しい世界観を表現採用したホワイト、『彼カジ女子』に向けたボーイズライクなカラーのブルーは、VOXのアクティブなイメージを最大限にアピールしています。また、ブラックはリアの天面やフォークカバーをシルバーにして高級感を演出しました。

次は「BW'S」です。

BW'S/ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

↑BW'S/ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

BW'S/デマットチタン1(マットチタン)

↑BW'S/デマットチタン1(マットチタン)

SUV感覚で機敏な走りを楽しめる原付一種スクーター「BW'S」。スクーターに遊び心を与え、BW'Sでバイクに乗る楽しさを初めて経験したという人も多いはず。そんなBW'Sの2016年モデルは、カラーリングは継承しながら、排気系の見直しなどによりエンジン性能を向上、またECUとフューエルインジェクション・システムの変更で燃費性能の向上も図りました。


ヤマハらしいスタイルと性能を併せ持った「VOX Deluxe」と「BW'S」を今年も宜しくお願いいたします。

【関連リンク】
「VOX Deluxe」製品サイト
「BW'S」製品サイト


2016年1月21日
ページ
先頭へ