本文へ進みます

【保存版ドレスアップカタログ2016〜シグナスX SR編】 シミュレータでドレスアップを妄想しよう

2016年8月1日
こんにちは。ヤマハ発動機販売の山崎です。 125cc スクーターの情報をまとめたスペシャルサイト「Style125」に新しいコンテンツ「シグナスX SR アクセサリーシミュレータ」がオープンしました!

シグナスX SR アクセサリーシミュレータ

↑自分の好みのパーツを選んで付けたり外したり。着せ替え人形ごっこ(したことないので想像......)のようにイメージを膨らませながら「シグナス X SR」のドレスアップが楽しめます

この125ccクラスのバイクは、通勤・通学といった日常使いはもちろん、原付1種のような制約がないので、休日のプチツーリングや親子で外出など、新しい使い方をするユーザーさんが増えていて、免許取得者も年々増加しているんですよ。

NMAX(エヌマックス)とBW'S(ビーウィズ)125

↑ヤマハでもこの春から「NMAX(エヌマックス)」と「BW'S(ビーウィズ)125」が加わって、従来からの「シグナス X SR」「トリシティ125」「アクシス トリート」と合わせ、デザインやコンセプトが異なる5種類のモデルをラインアップ! 選ぶ楽しさが充実しています。

「シグナス X SR」「BW'S125」「NMAX」

↑そこで今回、ドレスアップシミュレータの完成にあわせ、有力アクセサリーメーカーさん5社に「シグナス X SR」「BW'S125」「NMAX」のアクセサリー&ドレスアップ情報を伺いました

それではまず「シグナス X SR」のドレスアップ情報をどーぞ!

ワイズギア

ACTIVE

KIJIMA

KITACO

DAYTONA

※今回記載している価格は本体価格です。消費税のほか、パーツによっては取り付けにあたって別途工賃がかかります

それではまず、ワイズギアの情報から。

ワイズギア

★便利な移動手段としての機能を向上

シグナスX SR

↑「シグナスX SR」は、通勤・通学の便利な移動具として、"利便性・快適性を強化するアイテムの充実"という従来からのコンセプトを踏襲したドレスアップを施しています。特にスクリーンやリアキャリア&ボックスなどが定番の人気アイテム

車両本体の形状に合わせたスタイリッシュなデザインのシグナスX専用ウインドシールド

↑車両本体の形状に合わせたスタイリッシュなデザインのシグナスX専用ウインドシールド。13,000円

メーター周りをスタイリッシュに演出するメーターバイザー

メーター周りをスタイリッシュに演出するメーターバイザー。材質はポリカーボネイト2.5mm厚、カラーはスモーク。12,000円

実用性とファッション性を兼ね備えたナックルバイザー

実用性とファッション性を兼ね備えたナックルバイザー。カラーはスモーク。左右セットで11,000円

足元への風の巻き込みを軽減するサイドバイザー

足元への風の巻き込みを軽減するサイドバイザー。車両デザインとマッチするフォルムを採用。カラーはスモーク。11,000円

荷物を固定するフック付き専用リアキャリア

荷物を固定するフック付き専用リアキャリア。スチール製のブラック粉体塗装でタンデムグリップとしても使いやすい設計です。標準装備のグラブバーを外して取り付けます。最大積載量は6kg。12,000円
※バックレストとリアボックスの同時装着は不可

彼女や彼を誘ってタンデムするなら必須アイテム!のバックレスト

彼女や彼を誘ってタンデムするなら必須アイテム!のバックレスト。本体グラブバーにボルトオン装着するだけ。11,000円

PRUNUS FREE FORM

↑中低速を重視した出力設定により、シグナスX SRの加速性能をさらに引き出す、ポリッシュ仕上げのオールステンレス製フルエキゾーストマフラー「PRUNUS FREE FORM」。エキゾーストパイプには焼け・汚れを抑止するナノ膜コーティングを施しています。58,000円

シート裏面に装着するインナーケース

シート裏面に装着するインナーケース。4カ所のリングを引っ掛けるだけで簡単に装着できます。3,200円

暑い季節に大活躍のクールメッシュシートカバー

↑暑い季節に大活躍のクールメッシュシートカバー。8mm厚の立体調目構造により、通気性バツグン! 炎天下の駐輪時でもシートが熱くなりにくく、快適です。7,200円

次にアクティブさん

アクティブさん

★通勤快速にファッション性を加味したアイテム搭載

シグナスX SR

↑「シグナスX SR」はコミュータ用途が中心なので、日常での快適性を重視した「通勤快速仕様」がコンセプト。スクーター系カスタムとはいえ、実用性にファッション性もプラスしています

フェンダーレスキット

↑例えば、フェンダーレスキット。以前から人気のドレスアップアイテムですが、今回ABS樹脂製とし、小型リフレクターの埋め込み式でコンパクトにすっきりさせています。13,000円

ウインドシールド

↑またウインドシールドもバイザー以上シールド以下の絶妙なサイズとし、運動性と防風効果の両立を図りました。16,000円

ステップボード

↑さらにステップボードですが、フロアの汚れとスリップを抑止する実用性に外観品質を加えています。13,000円
※ステップ部に穴あけ加工が必要

パーツ

↑原付二種のスクーターは、ビッグバイクユーザーさんのセカンドバイクとして使用されることも多いので、ベテランライダーに響くパーツとして、HYPERPRO社「コンスタントライジングレートスプリング」を設定。スプリングピッチが不等でスプリング伸縮の転換点が無いことから、初期レートは柔らかく、奥で踏ん張るのが特徴です。ストップ&ゴーのスピード変化にも安定感があり、乗り心地やブレーキング性能がアップします。KITで25,000円、フロントのみ12,000円、リアのみ14,000円

フロントキャリパーサポート

brembo 40mmピッチ&スタンダードローター径対応のフロントキャリパーサポート。アルミ削り出し素材にアルマイト処理を施し、高強度・高耐久性を確保。キャリパーやボトムケースの色に合わせられるよう、シルバーとブラックの2色設定。6,000円。「BW'S125」にも使用可能です
※ブレーキホースの交換が必要です

お次はキジマさんです。

キジマさん

★スポーティさを演出

シグナスX SR

↑「シグナスX SR」は、スポーティなイメージに仕上げています

フェンダーレスキット

↑なかでもすっきりしたテール周りをつくりあげるフェンダーレスキット(6,800円)は、人気のアイテム。テール周りのボリュームを違和感なく際立たせるデザインです

ファンカバー

↑交換するだけで高いドレスアップ効果が得られるファンカバー。7,400円

BOXカバーとクランクケースカバー

↑純正品に被せるだけのエアクリーナーBOXカバー(6,600円)とクランクケースカバー(14,000円)

マフラーエンドカバー

↑純正のマフラープロテクターに被せるだけのマフラーエンドカバー。7,400円
※純正マフラープロテクターに穴を開ける必要があります

バックレストセット

↑存在感と安心感のある、背が高めのバックレストセット。車体スタイルに適したデザインに、肉厚パッドでタンデム時も安心です。15,000円

ボルトオンで装着できるリアキャリア(ブラック)

↑ボルトオンで装着できるリアキャリア(ブラック)。最大積載量5kg。16,000円

キーシリンダーに被せるだけでワンポイントに

↑キーシリンダーに被せるだけでワンポイントに。4,500円
※イモネジ固定のため、キーシリンダーに装着による傷が付きます

2色成型でカラフルなデザインのSP1グリップ

↑2色成型でカラフルなデザインのSP1グリップ(非貫通タイプ)。簡単にドレスアップが楽しめます。1,400円

簡単おしゃれにドレスアップできるTECH05ミラー

↑簡単おしゃれにドレスアップできるTECH05ミラー。全5色。6,800円

40mmローダウンに対応したショートサイドスタンド

↑40mmローダウンに対応したショートサイドスタンド。5,800円

キジマ製ショートリアショックとの併用で約30~40mmダウンとなるフォークスプリング。

↑キジマ製ショートリアショックとの併用で約30~40mmダウンとなるフォークスプリング。5,400円

キジマ製フォークスプリングとの併用で純正比約40mmショートになるローダウンリアショック

↑キジマ製フォークスプリングとの併用で純正比約40mmショートになるローダウンリアショック。13,000円

そしてキタコさん

キタコ

★高品位で細部まで考え尽くしたパーツが豊富

シグナスX SR

↑「シグナスX SR」は、通勤で使用するオーナーさんが多いモデル。アフターパーツがたくさん出回っているので、特に品質にこだわっているそうです

チューニング系パーツ

↑今回、発進時の加速やアクセル開け直し時の軽快感が向上するなど、ウエイトローラーの設定が変更されたことを受けて、人気の高いパワードライブKITも早速その特性を活かした設定にチューニングし直してラインアップ。9,000円
なお、チューニング系パーツは、まずスタンダードで乗ってから変更する方が、性能の違いを体感できて、効果的とのアドバイスもいただきました

サイドカバーの形状を車両本体と一体感を持たせるようなデザインを採用

↑また「シグナスX SR」は、スタイルを重視されるユーザーさんも多いので、例えばフェンダーレスKITでは、サイドカバーの形状を車両本体と一体感を持たせるようなデザインを採用。振動で揺れるパーツであることから、耐久性も重視しています。9,000円

フェンダーレスキットを取り付けない方に、お勧めなのがサイドマーカープレート

↑フェンダーレスキットを取り付けない方に、お勧めなのがサイドマーカープレート。6,800円

φ40音叉プレート

↑プレート中心部は、取り外せるので、そのくぼみにワイズギアのφ40音叉プレートをはめると......ヤマハファンならではの楽しみ方ができると裏技(?)を教わりました!

アルミ削り出しの質感高いファンカバー

↑アルミ削り出しの質感高いファンカバー。6,800円。「BW'S125」にも使用可能です

キーシリンダーに被せるだけのアルミ削り出しイグニッションキーカバー

↑キーシリンダーに被せるだけのアルミ削り出しイグニッションキーカバー。4,980円

ラージクッション仕様でタンデムを快適にサポートするタンデムバックレスト

↑ラージクッション仕様でタンデムを快適にサポートするタンデムバックレスト。12,800円

マルチビレットリアキャリア

↑スタイリッシュなデザインの汎用性の高いマルチビレットリアキャリア。ブラック:16,000円、シルバー:15,000円

ランツァミラー

↑斬新なラインデザインが映える、質感の高いスタイリッシュなランツァミラー。メッキ/ブラックライン:4,500円、その他:3,800円

GPRミラー TYPEⅠ

↑シンプルかつ斬新なデザインと視認性、コストパフォーマンスに優れたGPRミラー TYPEⅠ。1,480円

リムラインシート

↑カラーバリエーション豊富なリムラインシート(12〜14インチ)。位置決め、貼り付けがしやすい転写式。外装用耐候材を使用。3,800円

そして最後にデイトナさん

デイトナさん

★スポーティさと機能性を両立したアイテム採用

ウインドシールド

↑「シグナスX SR」の注目アイテムは、まずウインドシールド。三次元立体曲面成型により見た目のスポーティさと機能性を両立。10度の範囲で走行状況に合わせてスクリーンの角度が調整可能です(写真は高めのウインドシールドHC。13,800円)

ウインドシールドSS

↑高めのサイズはクリア、ショートサイズはスモークカラーと高さによってカラーを変更しています(写真はショートサイズのウインドシールドSS。13,800円)
※ウインドシールドとマルチマウントバーは同時に装着できません

マルチマウントバー

↑ボルトオンで簡単に取り付けできるステー付属のマルチマウントバー。メーター手前にストレートバーを配置することでスマートフォンやドリンクホルダーなどをマウント可能。4,800円
※マルチマウントバーとウインドシールドは同時に装着不可

TUCANO URBANO

↑通勤利用が多いことから、「シグナスX SR」の形状に合わせたTUCANO URBANO
レッグカバー
を設定。表生地ははっ水加工を施して濡れにくく、ひざのあたる裏地部分が起毛になっていて暖かい構造です。16,000円

メットインポケット(カーボン調) Lサイズ

↑シートベースに取り付け、メットインスペースを有効に活用できる小物入れ。メットインポケット(カーボン調) Lサイズ。2,500円

ムシ回しが付いたバルブキャップ

ムシ回しが付いたバルブキャップ。2個セット320円

ブリーダーラバーキャップ

↑ブリーダーへのゴミの侵入を防ぎながら、キャリパー周りにワンポイントカラーを加えて、簡単にイメージチェンジが可能なブリーダーラバーキャップ。4個セットでブラック:300円、それ以外の5色(レッド、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジ):350円

傾斜場所や整備時にフロントブレーキを掛けた状態にすることができる専用工具・フロントブレーキロック

↑傾斜場所や整備時にフロントブレーキを掛けた状態にすることができる専用工具・フロントブレーキロック。800円

PREMIUM ZONEオイルフィラーキャップ

↑日本製にこだわった高い加工技術と優美な二色アルマイトによるハイクオリティドレスアップアイテムPREMIUM ZONEオイルフィラーキャップ。4,500円
小さなパーツを一つ変更するだけでも雰囲気が変わり、自分だけのバイクという愛着がわきますよね

PREMIUM ZONEナンバーホルダーセット

PREMIUM ZONEナンバーホルダーセット。1,100円


どーです、みなさんも自分の愛車にちょっと手を入れてみたくなりませんか? グリップやミラー、ボルトキャップを変えるだけでだいぶ印象が違うものですよ。
またマルチマウントバーやリアキャリアなど、便利なアイテムの恩恵を受けてしまうと手放せないこと必至!?
自分らしい、便利で快適なバイクのドレスアップ、楽しんでくださいね〜。

【関連リンク】
・125ccスペシャルサイト「Style125

NMAX製品サイト

BW'SX製品サイト

シグナス X SR製品サイト

トリシティ125製品サイト

アクシス トリート製品サイト


2016年8月1日
ページ
先頭へ