本文へ進みます

「林道コースを大冒険!」~ヤマハ親子バイク教室アドベンチャーコースのススメ~

2016年11月15日

皆さんこんにちは。ヤマハ発動機親子バイク教室 事務局の長谷川です。
11月5日(土)開催されました、「ヤマハ親子バイク教室~アドベンチャーコース~」の様子をちょこっと覗いてみましょう♪

今回の会場はATVスポーツランドはるの

見てください!

↑見てください!今回走る会場はこんなにひろ~い!なんとここだけではなく、この奥に広がるTHE☆大自然な「林の中」もみんなで走るのです!
これにはご参加頂いた保護者様もびっくり!

コースの詳細はこちら↓

当日は雲ひとつないバイク日和。寒さが心配されましたが、日差しがぽかぽかあたたかい

当日は雲ひとつないバイク日和。寒さが心配されましたが、日差しがぽかぽかあたたかい♪

まず、「アドベンチャーコースって??」と疑問を抱かれたそこのアナタ。
アドベンチャーコースとは、でこぼこ道や山越えなどの課題をクリアできたら、冒険気分を味わいながら自然のオフロードコースを走行できるコースなのです。
(*トライコースを修了されたお子様が対象です。)

まずは、トライコース・サーキットコースで学んだ基本をみんなでおさらい。

保護者様にサポートしてもらいながら、オフロード路面での発進・停止の練習です。

保護者様にサポートしてもらいながら、オフロード路面での発進・停止の練習です。

低学年はみんなで一列に並んで、一斉によーい!スタート

低学年はみんなで一列に並んで、一斉によーい!スタート!!

「おーーーい!こっちだよー!おいでーー!!」保護者様のわが子を呼ぶ声が響き渡ります。

「おーーーい!こっちだよー!おいでーー!!」保護者様のわが子を呼ぶ声が響き渡ります。

待ち受ける保護者様のところまできたら、ブレーキをかけ停止。

待ち受ける保護者様のところまできたら、ブレーキをかけ停止。
「まだ覚えてるじゃん、すごいぞ!」「やった~!」

高学年はオーバルコースを使って練習します。

高学年はオーバルコースを使って練習します。
こちらでも、保護者様からお子様に熱心なアドバイスが。

レッスンを通して、バイクの操作テクニックを身につけるだけでなく、親子間でのコミュニケーションもより深まれば嬉しいです^^

オフロード路面での発進・停止ができたら、次は課題セクションチャレンジ。

周回走行

↑周回走行

でこぼこ道で練習だ!今までのアスファルトと全然違うよ

でこぼこ道で練習だ!今までのアスファルトと全然違うよ

↑でこぼこ道で練習だ!今までのアスファルトと全然違うよ!

難関

↑難関!山越え!伊集院インストラクターが坂道での乗車姿勢を教えます。
インストラクターを見つめる目は、みんな真剣そのもの!

では実践!

↑では実践!「いきま~す!」
ヤマハの「Yポーズ Yポーズ」で発進だ!

こんながたがた道もなんのその

こんながたがた道もなんのその

↑こんながたがた道もなんのその。習ったことをどんどん吸収していく子供たち。

さあ、そろそろみんな慣れてきたかな?
お次は「林道コース」に出発だ~!
と、その前に・・・

ここでちょっとこわ~いおはなし。

それは、今回の親子バイク教室開催前日の夜のこと・・・
林の中から「ガサガサガサッ。ガサガサッ」という音が聞こえて、
振り返ってみると・・・・・
「きゃ~~っ!!イノシシ!!」
なんと、林の中をイノシシがけたたましく走り回っていたそうな・・・。
(*安心してください。見てませんよ。
親子バイク事務局スタッフは実際に遭遇しておりません。汗)

↑当日林道コースをスタッフが下見した際、イノシシの足跡を発見し、上記のことが判明しました。きっとイノシシも、親子バイク教室に参加したかったのかな??

ということで、
「みんな!イノシシに遭わないように気をつけてね!!」byインストラクター

さあ、ついに林道コースの中へ。大自然の冒険に出発だ~!!

ぼこぼこ

ぼこぼこ。
がたがたの道。

最難関コース「急な下り坂」が出現!写真では分かりづらいのですが、この坂はとっても急なのです。お子様の勇姿に、保護者様・スタッフも釘付けです。

最難関コース「急な下り坂」が出現!写真では分かりづらいのですが、この坂はとっても急なのです。お子様の勇姿に、保護者様・スタッフも釘付けです。

↑最難関コース「急な下り坂」が出現!写真では分かりづらいのですが、この坂はとっても急なのです。お子様の勇姿に、保護者様・スタッフも釘付けです。

次は砂利道のS字

次は砂利道のS字。一旦バイクを降り、みんなでコースを確認。「葉っぱと泥がいっぱい」「ぼこぼこしてる~」これから走る道を自分の目で見ることもとても大切。

「なるべく外側を通るようにしようね」インストラクターに走る時のポイントを教えてもらい、走行に活かします。

子供たちの難しいS字カーブを曲がる姿は、まさにレーサーのよう!かっこいい!キマってる~!

子供たちの難しいS字カーブを曲がる姿は、まさにレーサーのよう!かっこいい!キマってる~!

大自然の林を抜け戻ってきた子供たちは、林に入る前よりも、顔つきがひとつ大人になったような。

大自然の林を抜け戻ってきた子供たちは、林に入る前よりも、顔つきがひとつ大人になったような。

大自然の林を抜け戻ってきた子供たちは、林に入る前よりも、顔つきがひとつ大人になったような。子供は本当に吸収が早いですね。目の前で成長を実感することが出来、最初はどうなることかと心配していた保護者様も感激!

「日常生活の中で体験できないことができて本当に良かった!」
「バランス感覚が身につくので良い。乗り降りの安全確認もしっかり教えていただきありがたい。」
「子供と一緒にアドベンチャーコースを走りたい!」

と見ていた保護者様もまた「バイクっていいな!」とご自身のバイクライフに火がついた一面をのぞかせていた方もいらっしゃいました。親子共にバイクの楽しさを実感して頂けたようでとても嬉しいです^^ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


2016年11月15日
ページ
先頭へ