本文へ進みます


ヤマハ初の鈴鹿8耐3連覇! 暑い中熱い応援、本当にありがとうございました!

2017年8月9日
みなさん、こんにちは。ヤマハ発動機販売の加藤です。


すでに皆さんご存知かと思いますが、7月30日(日)、鈴鹿サーキットで

すでに皆さんご存知かと思いますが、7月30日(日)、鈴鹿サーキットで"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会の決勝が行われ、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が、2015年、2016年に続き、ヤマハ初となる鈴鹿8耐3連覇、通算では7回目の優勝を達成しました!!


これもみなさんの熱い応援のおかげです!

これもみなさんの熱い応援のおかげです!
曇り空で、例年よりも比較的過ごしやすかったとはいえ、それでもやっぱり夏は、夏。蒸し暑い中、8時間という長い時間、たくさんの方にガッツリ応援いただき、本当に、本当に、ありがとうございました!!!!

2017年8月21日(月)までの期間限定で「Victory Tシャツ」を全国のヤマハモーターサイクル取扱店にて予約受注中ですよ。

2017年8月21日(月)までの期間限定で「Victory Tシャツ」を全国のヤマハモーターサイクル取扱店にて予約受注中ですよ。

詳しいレースレポートは、ヤマハ8耐スペシャルサイトにゆずるとして、勝利までの道を簡単に振り返ってみますと......

詳しいレースレポートは、ヤマハ8耐スペシャルサイトにゆずるとして、勝利までの道を簡単に振り返ってみますと......

まずは7月28日(金)の公式予選

まずは7月28日(金)の公式予選

今年の鈴鹿8耐は、FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦に当たることから、レギュレーションも世界耐久に準拠。

今年の鈴鹿8耐は、FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦に当たることから、レギュレーションも世界耐久に準拠。

従来の予選では、チーム内のベストタイムが採用されていましたが、今年は3人のライダーのそれぞれのベストタイムの平均で争われました。

従来の予選では、チーム内のベストタイムが採用されていましたが、今年は3人のライダーのそれぞれのベストタイムの平均で争われました。

つまり、ライダーみんながそろって好タイムをマークしなければならなかったのです。

つまり、ライダーみんながそろって好タイムをマークしなければならなかったのです。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、中須賀克行選手が2分6秒779、アレックス・ローズ選手が2分6秒405、マイケル・ファン・デル・マーク選手が2分8秒164でアベレージタイムは2分7秒116と暫定でトップに。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、中須賀克行選手が2分6秒779、アレックス・ローズ選手が2分6秒405、マイケル・ファン・デル・マーク選手が2分8秒164でアベレージタイムは2分7秒116と暫定でトップに。

翌日に、公式予選トップ10までのチームが出走可能なTOP10 TRIALで、最終出走チームとなったのです。

翌日に、公式予選トップ10までのチームが出走可能なTOP10 TRIALで、最終出走チームとなったのです。

翌、7月29日(土)。

TOP10 TRIAL の前に鈴鹿4時間耐久ロードレースが行われ

TOP10 TRIAL の前に鈴鹿4時間耐久ロードレースが行われ

「YZF-R6」で出場した「Yamaha Thailand Racing Team」が国際クラスで優勝、「AKENO SPEED・YAMAHA」が2位表彰台を獲得。

「YZF-R6」で出場した「Yamaha Thailand Racing Team」が国際クラスで優勝、「AKENO SPEED・YAMAHA」が2位表彰台を獲得。
そして、国内クラスでも「YZF-R6」で出場した「磐田レーシングファミリー」が2位、「立秋モータース&RC甲子園ヤマハ」が3位と表彰台の2/3を占めるという幸先のいいニュースが飛び込んできました。

また、この日はGPスクエアに出展していた「ヤマハファンブース」で、ライダートークショーを実施

また、この日はGPスクエアに出展していた「ヤマハファンブース」で、ライダートークショーを実施。

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」はもちろん

「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」はもちろん

世界耐久選手権で、ランキングトップにわずか1ポイント差の2位につけていた「GMT94 Yamaha Official EWC Team」

世界耐久選手権で、ランキングトップにわずか1ポイント差の2位につけていた「GMT94 Yamaha Official EWC Team」

今年、全日本ロードレースで「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」にステップアップした野左根航汰選手が、レギュラー参戦していることでも注目されている「ART Yamaha Official EWC Team」

今年、全日本ロードレースで「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」にステップアップした野左根航汰選手が、レギュラー参戦していることでも注目されている「ART Yamaha Official EWC Team」

そしてヤマハ社内チーム「磐田レーシングファミリー」のライダーが登場し、決勝に向けての意気込みなどを語ってくれました。

そしてヤマハ社内チーム「磐田レーシングファミリー」のライダーが登場し、決勝に向けての意気込みなどを語ってくれました。

暑い中ブースに来ていただいた皆さんもありがとうございました。

暑い中ブースに来ていただいた皆さんもありがとうございました。
会場に駆けつけてくださったみなさんの姿も映っているかな?

肝心のTOP10 TRIALですが

肝心のTOP10 TRIALですが

何と!中須賀選手が、一昨年の第38回大会でポル・エスパルガロ選手がマークした6秒フラットに迫る2分6秒038を叩きだします。

何と!中須賀選手が、一昨年の第38回大会でポル・エスパルガロ選手がマークした6秒フラットに迫る2分6秒038を叩きだします。

その後、次々と6秒台のタイムを他のライダーもマークしますが

その後、次々と6秒台のタイムを他のライダーもマークしますが

最終走者のローズ選手が2分6秒225となったことで

最終走者のローズ選手が2分6秒225となったことで

中須賀選手の2年ぶり3度目のポールポジションが決定!

中須賀選手の2年ぶり3度目のポールポジションが決定!

「中須賀サンとアレックス(ローズ選手)が信じられないほどの走りを見せてくれたことに感謝!」とは、TOP10 TRIALに不出走ながら、チームメイトの走りを見守っていたファン・デル・マーク選手のコメントです。

「中須賀サンとアレックス(ローズ選手)が信じられないほどの走りを見せてくれたことに感謝!」とは、TOP10 TRIALに不出走ながら、チームメイトの走りを見守っていたファン・デル・マーク選手のコメントです。

そうそう、「ヤマハファンブース」では、

そうそう、「ヤマハファンブース」では、

ニューモデルの展示や

ニューモデルの展示や

ニューモデルの展示や

ニューモデルの展示や

応援用フラッグ&うちわの配布に

応援用フラッグ&うちわの配布に

ヤマハ純正オイルの世界統一ブランド「YAMALUBE」のアンバサダーを務めるMovistar Yamaha MotoGPのV・ロッシ選手とM・ビニャーレス選手のポスターの配布

ヤマハ純正オイルの世界統一ブランド「YAMALUBE」のアンバサダーを務めるMovistar Yamaha MotoGPのV・ロッシ選手とM・ビニャーレス選手のポスターの配布

概要

そして、ヤマハ発動機レース情報のTwitterInstagram、ヤマハ発動機販売のFACEBOOKいずれかをフォローしてくださった方を対象にライダーサイン入りグッズをプレゼントする

「ヤマハSNSサポーター大作戦」を実施。

「ヤマハSNSサポーター大作戦」を実施。

大勢のファンのみなさんにフォローいただき、ありがとうございました!

大勢のファンのみなさんにフォローいただき、ありがとうございました!
ヤマハ情報をこれからもアップしていきますので、引き続き、フォローくださいね。

さらに、さらに!

さらに、さらに!
この日は、ケニー・ロバーツさんがTECH21の「FZR750」と共に登場!

マシン、ツナギ、ヘルメットまで当時を再現。走行開始の時間は6時58分、まさにあの瞬間......

マシン、ツナギ、ヘルメットまで当時を再現。走行開始の時間は6時58分、まさにあの瞬間......

チェッカーフラッグを受ける姿に思わず......なひと時でした。

チェッカーフラッグを受ける姿に思わず......なひと時でした。

そして迎えた7月30日(日)決勝日!

そして迎えた7月30日(日)決勝日!

何度、鈴鹿8耐を観戦していてもドキドキするのが、スタート。

何度、鈴鹿8耐を観戦していてもドキドキするのが、スタート。

何度、鈴鹿8耐を観戦していてもドキドキするのが、スタート。

何度、鈴鹿8耐を観戦していてもドキドキするのが、スタート。

カウントダウンの後にライダーがマシンに駆け寄ってスタートする

カウントダウンの後にライダーがマシンに駆け寄ってスタートする

カウントダウンの後にライダーがマシンに駆け寄ってスタートする"ルマン式スタート"は一見の価値ありますよね。

あとは、チームワークが問われるライダー交代も見所です。

あとは、チームワークが問われるライダー交代も見所です。

あとは、チームワークが問われるライダー交代も見所です。

あとは、チームワークが問われるライダー交代も見所です。

周回を重ねて行くと、周回遅れのライダーもいたりして、ライバルが迫っている時などは、抜く時のタイミング、その抜き方などにもハラハラします。

周回を重ねて行くと、周回遅れのライダーもいたりして、ライバルが迫っている時などは、抜く時のタイミング、その抜き方などにもハラハラします。

周回を重ねて行くと、周回遅れのライダーもいたりして、ライバルが迫っている時などは、抜く時のタイミング、その抜き方などにもハラハラします。

周回を重ねて行くと、周回遅れのライダーもいたりして、ライバルが迫っている時などは、抜く時のタイミング、その抜き方などにもハラハラします。

そうそう、夜間走行も8耐ならではの光景ですね。

そうそう、夜間走行も8耐ならではの光景ですね。

なんだかんだとハラハラ・ドキドキしているうちにあっという間に8時間過ぎてしまうんです。

なんだかんだとハラハラ・ドキドキしているうちにあっという間に8時間過ぎてしまうんです。

そして沈着冷静に周回を重ねた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、ファンのみなさんの大きなサポートもあって、ヤマハ初となる鈴鹿8耐3連覇することができました!

そして沈着冷静に周回を重ねた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、ファンのみなさんの大きなサポートもあって、ヤマハ初となる鈴鹿8耐3連覇することができました!

そして沈着冷静に周回を重ねた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、ファンのみなさんの大きなサポートもあって、ヤマハ初となる鈴鹿8耐3連覇することができました!

そして沈着冷静に周回を重ねた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、ファンのみなさんの大きなサポートもあって、ヤマハ初となる鈴鹿8耐3連覇することができました!

ヤマハはこれからもモータースポーツを通じてさらなる感動をお届けしていきますので、今後とも応援くださいね!

ヤマハはこれからもモータースポーツを通じてさらなる感動をお届けしていきますので、今後とも応援くださいね!

まずは、8月20日にツインリンクもてぎで決勝を迎える全日本ロードレース第6戦にご期待ください!

まずは、8月20日にツインリンクもてぎで決勝を迎える全日本ロードレース第6戦にご期待ください!


【関連リンク】
鈴鹿8耐スペシャルサイト

ヤマハレースサイト

2017年8月9日
ページ
先頭へ