本文へ進みます


2018モデルの「MT-03」「MT-25」は よりシックに、よりMTらしくなりました

2017年12月28日

こんにちは。ヤマハ発動機販売の荒木です。本日、新色および新グラフィックを採用した2018年モデルの「MT-03」「MT-25」を発表いたしました。

「MT-03」「MT-25」ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)※写真は「MT-03」

↑「MT-03」「MT-25」
 ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
 ※写真は「MT-03」

「MT-03」「MT-25」マットグレーメタリック3(マットグレー)※写真は「MT-03」

↑「MT-03」「MT-25」  
 マットグレーメタリック3(マットグレー)
 ※写真は「MT-03」

「MT-03」「MT-25」マットブラック2(マットブラック)※写真は「MT-03」

↑「MT-03」「MT-25」
 マットブラック2(マットブラック)
 ※写真は「MT-03」

ブログと合わせニュースリリースもご覧下さい

新色および新グラフィック、すこし大人びたイメージになったと感じています。「MT-03」「MT-25」は初心者からベテランまで、幅広いユーザーがバイクを自由自在に操れることを目標に開発し、それが実現しました。それによって街中を俊敏に駆け抜ける感覚は、まさに"大都会のチーター"というコンセプトにピッタリです。2018年モデルが採用した新デザインは、車体全体のトーンは控えめにしつつ、鮮やかな差し色で躍動感を表現。それによって"ちょっと大人な"大都会のチーターになりました。

タンク下のダクト周りにはモデル名をデザイン。

タンク下のダクト周りにはモデル名をデザイン。ラジエターカバーのカラーリングにもこだわりました。MTシリーズのハイエンドモデルとも共通するカラー&グラフィックで、"MTファミリー感"も強めました。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)※写真は「MT-25」

↑ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
 ※写真は「MT-25」

マットグレーメタリック3(マットグレー)※写真は「MT-25」

↑マットグレーメタリック3(マットグレー)
 ※写真は「MT-25」

マットブラック2(マットブラック)※写真は「MT-25」

↑マットブラック2(マットブラック)
 ※写真は「MT-25」

発売は2018年3月5日です。サスペンションブランドのKYB(ケーワイビー)とヤマハのアクセサリーパーツを展開するワイズギアがコラボした「ワイズギアKYBスペシャルサスペンション」の「MT-03」「MT-25」対応サスペンションが人気です(解説記事はこちら)。こちらも是非、ご覧下さい!

【関連リンク】
「MT-03」「MT-25」製品サイト

2017年12月28日
ページ
先頭へ