本文へ進みます

お待たせしました!「YZF-R7」&「YZF-R7 WGP 60th Anniversary」発表

2021年12月16日

YZF-R7

こんにちは、ヤマハ発動機販売 田中です。
海外にて発表がされてから気になっていた方も多いと思います。
大変お待たせしました!
YZF-R7が国内にて本日発表されました。

YZF-R7が国内にて本日発表されました。

YZF-R7製品ページ

「YZF-R7」は、「Fun Master of Super Sport」をコンセプトとし、幅広いライダーから好評をいただいている「MT-07」をベースに、最新スーパースポーツのスタイルとスポーティなハンドリングを調和させ "扱いきれて楽しめるスーパースポーツ"を目指したモデルです。MT-07をただ単にフルカウル化したモデルと思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

スーパースポーツにふさわしい装備をチラッとご紹介すると

インナーチューブ径41mmの倒立式フロントサスペンション

インナーチューブ径41mmの倒立式フロントサスペンション

アルミ製センターブレースを追加し

アルミ製センターブレースを追加し
剛性バランスをチューニングしたフレーム

アシスト&スリッパ―®クラッチ

量産型二輪車として世界初採用の
ブレンボ製ラジアルマスターシリンダー

アシスト&スリッパ―®クラッチ
などなど

詳細は製品ページでじっくり見てください。
YZF-R7特長紹介

カラーリングは2色プラス1色
まずは通常モデルの2色から

YZF-R7 ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

YZF-R7 ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ヤマハレーシングカラーの代名詞、ディープパープリッシュブルーメタリックC(DPBMC)。
レースシーンを彷彿させパフォーマンスをダイレクトに感じさせるカラーリングです。
サイドカウルには異なる色域のブルーを採用し、新世代のヤマハレーシングブルーを表現しています。

サイドカウルには異なる色域のブルーを採用し

サイドカウルには異なる色域のブルーを採用し

スリム&コンパクトなデザインにもご注目ください。

スリム&コンパクトなデザインにもご注目ください。

そして定番のブラック

YZF-R7ヤマハブラック(ブラック)

YZF-R7ヤマハブラック(ブラック)

グラフィックにアクセントとなるシアンを加えることで、スポーティさとカジュアルさを兼ね備えたカラーリングです。

YZF-R7の発売は2022年2月14日です。

YZF-R7の発売は2022年2月14日です。


そしてもう1色!限定モデルのカラーを紹介させてください。

YZF-R7 WGP 60th Anniversary シルキーホワイト

YZF-R7 WGP 60th Anniversary シルキーホワイト(ホワイト/400台限定)

「YZF-R7 ABS WGP60th Anniversary」は、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーです。

ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーです。

1980年のYZR500(0W48)をモチーフにしたヤマハ往年のレーシングマシンを彷彿とさせるカラーリング

特別感を高めるWGP参戦60周年記念エンブレム

レーシングイメージを訴求する配色のタンクと、特別感を高めるWGP参戦60周年記念エンブレム

ゴールドカラーの前後ホイールとバフクリア仕上げのアルミ製アンダーカバー

ゴールドカラーの前後ホイールとバフクリア仕上げのアルミ製アンダーカバー

その他、レバー類はブラック、フロントサスペンションのアウターにもゴールドカラーを採用しています。
※画像は海外仕様で一部国内仕様とは異なります。

こちらの限定カラーモデルの発売日は2022年3月14日となります。


YZF-R7は、「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」となり、YSPおよびアドバンスディーラーのみでの販売となります。ご予約・ご購入につきましては当社Webサイト掲載の取扱店までお問合せください。

YZF-R7製品ページ

2021年12月16日
ページ
先頭へ