本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

電子部品実装関連機器・マウンター

家電生産向けライン提案 変種変量

生産製品構成が変化に富み、常に高い生産性を確保できる生産ライン

用途概要

テーマ

生産製品の変化に柔軟に対応する実装ライン

業界

家電

生産形態

変種変量

ソリューション

ヤマハの「1ヘッドソリューション」があらゆる生産に高い効率性を提供。

導入製品

YSP10 YSi-SP YRM20 YSi-V YSM40R

白物家電

モデルライン

黒物家電

モデルライン

想定されるお客様の課題

異形部品対応

異形部品搭載機はライン全体のサイクルタイムに対してタイムバランスがとりにくく生産性が上がらない。

段取り替え

生産機種切り替え時の段取りで長時間のダウンタイムが発生してしまう。

新規生産

新生産品種の垂直立上を円滑に行いたい。

ソリューション

異形部品対応

(YRM20R)搭載部品に合わせて3つのヘッドを選択可能。各ヘッドタイプの持つ部品対応レンジが、幅広い生産機種で安定的かつバランスよい生産性を実現。

段取り替え

(YSM20WR)大きなフィーダーバンクが共通段取りの有効性を向上。小型台車は取り回しも良好。

新規生産

(YSUP)新規生産機種も試作基板やガーバーデータからの変換で容易にプログラム作成可能。

期待される導入効果

異形部品対応

常に安定したアウトプットが見込めるため、生産計画の作成が容易に。

段取り替え

段取り替えによるオペレーター負荷を軽減。マシン稼働率の向上や作業ミスを低減。

新規生産

手間なしでデータ作成出来る事により新製品の垂直立上におけるデータ担当者負荷を大幅に減少。

関連コンテンツ

ページ
先頭へ