本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

電子部品実装関連機器・マウンター

ヤマハSMT事業のヒストリー

1980年代に発足したIM事業部時代から、お客様とともに進化を続けてきました。

ヤマハSMT事業のヒストリー

ヤマハSMT事業のヒストリー

1980年代 代表的な出来事:
コンパクトディスク登場(光ディスク第1世代)

1982

アメリカ視察 「これからはロボットの時代」と予見する

1983

IM技術室として展示会出展 マウンター製造の打診を受ける

代表的な出来事:CASIOより初代G-Shock発売。家庭用テレビゲーム機 任天堂ファミリーコンピューター発売。

1984

IM事業部発足 マウンターのOEM供給開始

製品

OCM8500

1987

自社ブランドでのマウンター供給開始

製品

YM4600S

YM6000T

1988

当時の先端技術であった「視覚認識技術」を用いたマウンター1号機納入

1990年代 代表的な出来事:
DVD登場(光ディスク第2世代)
FAXの普及
ポケベルの普及

1990

年間売上高50億円を達成

1992

フルビジョンマウンターYV112発売

ストロボ照明と高速ビジョンシステムを採用したフルビジョンマウンター発売

製品

YV112

1993

レーザセンサ&ビジョンシステムマウンターYVL80発売

世界で初めてレーザーセンサとビジョンシステムの両方を採用し、革新的汎用マウンターとしてその名を轟かせた。

製品

YVL80

代表的な出来事:日亜化学が青色発光ダイオードを開発

1994

代表的な出来事:SONY製家庭用ゲーム機 PlayStation発売

1995

年間売上高100億円を達成

代表的な出来事:世界初の液晶モニタ付きデジタルカメラQV-10発売。Microsoft Windows95発売。

1996

マルチビジョンマウンターYV100/YVL88発売

これまでの技術の集大成と言える製品で、全部品認識を行うフルビジョンをマルチビジョンで行い更なる高効率を実現。このYV100/YVL88を「KMシリーズ」と呼び、KMシリーズは市場に広く受け入れられ、この頃にはヤマハは中速機のトップメーカーとしての地位を確立した。

製品

YV100
YVL88

1997

代表的な出来事:量産世界初のハイブリッドカー プリウス発売

1998

代表的な出来事:Appleよりディスプレイ一体型デスクトップPCiMac G3登場

1999

小型モジュラーマウンターコンセプトモデルYV100X/88X発売

当時の大型ロータリー機主流の市場において「モジュール型高速機」というコンセプトを市場に打ち出した。
この「モジュール」コンセプトは現在でもヤマハマウンター躍進の原動力となる。

製品

代表的な出来事:SONYがエンタテイメントロボットAIBO(アイボ)発売

2000年代代表的な出来事:
薄型テレビの普及

2000

ヤマハ初のクリームはんだ印刷機 YVPを発売

ヤマハサーフェスマウンター(表面実装機)にベストマッチのフルビジョン(画像認識)方式のクリームハンダ印刷機「YVP」を新たに自社開発

製品

YVP

代表的な出来事:コンピューター2000年問題

2001

マウンターYV100Xg発売

Microsoft Windowsに対応開始したほか、現在のヤマハマウンターの品質の根幹を支えている『MACS』(Multiple Accuracy Compensation System)を採用。 高速/高品質/小型/低価格モジュラーマウンターとしてのヤマハマウンターの立ち位置を決定づけ、ヤマハSMT事業の生き残りと飛躍へ大きく繋がることとなる。

製品

YV100Xg

代表的な出来事:iPod(第1世代)発売

2001

多用途、高精度を実現したハイブリッドプレーサー ヤマハ「i-CUBE(アイキューブ)」発売

水晶発振子・SAWフィルター・携帯電話用パーツや、各種ICパッケージ等のデバイスを組み立てるために、表面実装部品だけでなくベアチップ、フリップチップ等のICを混載できる実装機としてハイブリッドプレーサー「i-CUBE(アイキューブ)」を開発し、現在までロングヒット製品となっている。

製品

YHP1

2001

累計出荷台数1万台達成

2002

クリームはんだ印刷機YVPXgを発売

マウンターの部品搭載精度補正用に開発したMACS( Multiple Accuracy Compensation System) を印刷機にも展開し高品質印刷を実現。この製品が大ヒットとなり、ヤマハ印刷機飛躍の原動力となる。

製品

2003

モジュール型高速マウンターYGシリーズ発売開始

製品

2003

ITオプション発売 自動段取に対応開始

設備単体の性能追求だけでなく、実装ラインとしての実生産を支援すべく、「稼働率の向上」と「品質管理の充実」をトータルで実現・提供する生産支援ソフトウェア(「ITオプション」と称するオプション機能群)を開発した

製品

2005年代代表的な出来事:
SNSの普及

2005

アイパルス社と共同で実装検査装置Miを開発。

ヤマハ『1 Stop Smart Solution』の根幹である実装検査とトレーサビリティの先駆けとなる装置が生み出された。

製品

Mi

代表的な出来事:YouTube社設立

2007

累計出荷台数2万台達成

代表的な出来事:iPhone(第1世代)発売

2008

電動フィーダー「SSフィーダー」発売 

新開発のマイコン制御による超薄型モーターを採用し、優れた部品供給速度と高い部品位置決め精度を実現した。これにより高精度実装とフィーダーでのトレーサビリティに対応し次世代品質担保に対応する事になる。

製品

2008

業界最高水準の面積生産性を発揮する、ニューコンセプト小型高速モジュラーマウンターYS12発売

“小型高速モジュラー”コンセプトが大当たりし、以後10年間にわたりヤマハSMTのベストヒット商品となる。またYSシリーズとしてYS88/YS100も続々と発売された。

製品

代表的な出来事:GoogleがAndroid発表

2008

モジュール型実装システムの品質課題を改善する生産支援システム「QAオプション」発売

フルラインナップで実装ライン設備を手がけるメーカーとして検査機と実装機を連携させ、実装工程全体から有効な情報を幅広く収集・分析するためのプラットホームを開発。品質課題に取り組む顧客をサポートするソフトウエアとして「QAオプション」が誕生した。現在に渡りヤマハ『1 Stop Smart Solution』の中核をなす生産支援システムとなっている。

製品

2009

高速・高精度・ハイブリッド光学外観検査装置YSi-12発売

印刷機、マウンターと共にSMT工程品質保証の為に光学外観検査装置を発売。ITオプションやQAオプションなど生産支援システムを合わせてヤマハ『1 Stop Smart Solution』提案が本格的にスタートした。

製品

代表的な出来事:Dyson社が羽の無い扇風機"Dyson Air Multiplier発売開始"

2009

世界一の面積生産性を発揮する小型超高速モジュラーYS24発売

中速機メーカーとしてスタートしたヤマハ実装機がいよいよ「世界一」を謳うようになるターニングポイントとなった。

製品

2010年代代表的な出来事:
ビッグデータの活用が進む

2011

累計出荷台数3万台達成

代表的な出来事:Apple創業者Steve Jobs氏死去

2012

業界最高レベルの搭載速度と面積生産性を実現し高密度モジュラーZ:TA (ジータ) YSM40発売

ヤマハ初の4ビーム4ヘッドレイアウトマシンとして世界最高レベルの生産性を誇るマウンターを新発売した。またZ:TAの高速吸着に対応する新開発「ZSフィーダー」もあわせて発売した。

製品

YSM40
ZSフィーダー

2013

汎用異形マウンターの雄「アイパルス」併合

M10/20など汎用異形マウンター業界でその名をとどろかせた「アイパルス」を併合。アイパルスの気鋭の技術者の持つ「チャレンジングスピリッツ」がヤマハに加わる事となった。

企業

アイパルス

2014

年間売上高300億円を達成

2014

高速・高解像2次元検査、高さ・傾斜面3次元検査、4方向斜め画像検査を1台に搭載可能な光学式外観検査装置YSi-V発売

ヤマハSMT工程検査装置として大躍進を遂げるYSi-Vが発売された。マウンター由来の高剛性筐体による繰り返し性能と2D/3Dでの多様な検査による不良を見逃さない装置性能により市場シェアを飛躍的に伸ばす事となる。

製品

代表的な出来事:スマートスピーカーが市場に登場

2014

幅広い生産形態に効率良く対応可能なクラス世界最速の高効率モジュラー「Z:LEX(ジーレックス)YSM20」発売

多様な製品での異なる生産形態に柔軟かつ効率良く対応可能な汎用性と、クラス世界最速の搭載能力を両立した高効率モジュラー。多品種生産における世界最高の生産性を誇り、高速汎用マウンターとして全世界へ飛躍を遂げた。

製品

2015年代代表的な出来事:
クラウドストレージの普及

2015

超高速マウンターの雄「日立ハイテクグループのΣ(シグマ)製品シリーズ」を併合

F8、G5など世界でその名を轟かせた日立ハイテクグループのΣシリーズを併合。超高速機を開発/保守する開発メンバーやサービスメンバーを迎え入れる事でヤマハ技術開発力は更に高まった。

製品

Σ-F8S
Σ-G5SⅡ

代表的な出来事:Apple Watch 発売

2015

凹凸面・斜面・曲面への実装も可能 多様な生産形態に1台で柔軟に対応する3DハイブリッドマウンターS10/S20発売

マウント・塗布・検査を1台の装置で可能とする「マニュファクチャリングセンター」をコンセプトに開発。優れた部品搭載速度と精度、極小チップから大型部品まで実装できる汎用性に加え、マウントヘッドとディスペンスヘッドが混在したヘッドで、塗布と部品搭載を交互に行う“ハイブリッド”実装が可能な最強の汎用性を兼ね備える「チャレンジングスピリッツ」を体現。

製品

2016

基板対応力を拡大し世界で初めて高速機でありながらW300mmを越える基板のデュアルレーン実装を可能とした「Z:LEX(ジーレックス)YSM20W」

世界的なデュアルレーン実装の流れの中で、世界で初めてW300mmを越える基板サイズにおいて高速かつ高精度でデュアルレーン実装する事を実現した。

製品

2016

超高速ロータリーヘッドを搭載し世界最速の20万CPHを実現する超高速モジュラーZ:TA-R(ジータ アール)YSM40R発売

ついに、名実ともに世界最速となる20万CPHを実現するモジュラーマウンターの開発に成功。中速機メーカーとしてスタートしたヤマハSMTが世界最高のマウンターメーカーの一角を占めるところまで躍進した。

製品

2017

最新技術によりスマートマニュファクチャリングを実現する、ヤマハIoT/M2M統合システム「Intelligent Factory」を新発売

最先端のIT技術を用いてヤマハの生産システムと支援ソフトウェアを統合し、SMT機器間やライン間、上位ホスト、MES、ERPシステムなどの連携により工場全体のスマート化を実現させる統合システム。さらに、ヤマハ『1 Stop Smart Solution』との相乗効果により、ブラックボックスのない高効率な高度連携システムが構築できる。
また、機能別パッケージの集合体構成となっているため、必要な機能や予算に合わせて効率的で無理のない導入を可能としている。

製品

2017

年間売上高500億円を達成

2017

累計出荷台数4万台達成

2018

待望のSPI初登場。印刷機からAOIまで『1 Stop Smart Solution』を実現する3D高速ハンダ印刷検査装置YSi-SP発売

SMT工程のトータル提案の中で足りなかったピースであるSPIを発売した。これにより、コンベア/リフロー以外のあらゆる装置をヤマハが提供可能となりSMT工程まるごとソリューション『1 Stop Smart Solution』が完成した。

製品

2018

部品補給関連の合理化ソリューション「オートローディングフィーダー」「新型無停止パレット交換ATS」「インテリジェントSMDストレージシステムYST15」発売

SMT工程の省力/省人化が求められる中、部品補給の合理化ソリューションを実現するアイテムとして「オートローディングフィーダー」「新型無停止パレット交換ATS」「インテリジェントSMDストレージシステム」を相次いで発売した。
これにより、SMTラインだけでなくSMTフロアのトータルソリューションプロバイダーとして進みゆくヤマハSMTビジョンが世界にアピールされた。

製品

2019

世界初の段取り替え作業の全自動化が可能・世界最速レベルのサイクルタイムを実現するクリームはんだ印刷機YSP10発売

ヤマハ独自の高精度印刷に加え、多品種生産に最適な段取り替え作業の全自動化により、SMTフロアソリューションの一端を担う画期的新製品が完成した。

製品

2019

半導体後工程を「ターンキープロバイド」するヤマハモーターロボティクスホールディングスが発足

ヤマハ発動機の表面実装機と産業用ロボットの事業、新川のボンディング装置、アピックヤマダのモールディング装置という、各社の有力な技術を統合し、半導体後工程におけるターンキープロバイダーとして顧客の期待を超えるトータルソリューションを提供することを目的に、新会社「ヤマハモーターロボティクスホールディングス」が発足した。
これによりヤマハロボティクス事業は半導体後工程からSMT工程、そしてその後のアッセンブリー工程(FA装置)までの一貫したソリューションを1社で提供できる世界唯一の事業体となった。

※2021年1月より社名変更:ヤマハロボティクスホールディングス(YRH)

企業

2020年代 代表的な出来事:
5G通信開始

2020

プラットフォームを一新し高速ロータリーヘッドによりクラス世界最速を実現したプレミアム高効率モジュラーYRM20発売

クラス世界最速の搭載能力を実現した新開発高速汎用ロータリー型(RMヘッド)と「1ヘッドソリューション」により高速性と高い汎用性を兼ね備えた新設計インライン型(HMヘッド)の2種類のヘッドを採用したプレミアム高効率モジュラー。多品種生産での世界最高効率生産が可能な装置のリリースとなり、今後世界中で大きく飛躍する事が見通される。

製品

代表的な出来事:COVID-19流行

2020

累計出荷台数5万台達成

関連コンテンツ

ページ
先頭へ